FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
東京に戻ってきました 
2018.09.09.Sun / 15:42 
暑さもひと段落、だんだん秋めいてきました。
さて、実家の山口県から、東京都に戻ってきました。

実家のパソコンの調子が良くなかったもので、ブログの更新が怠りがちでした。
(パソコンの調子関係なく、最近怠りがちなような・・・)

実家に戻って体調が劇的に良くなる、という感じはありませんでしたが、
実家への滞在が長くなるほど、背中や肩のコリが取れてきて、頭痛も取れてきましたました。
実家でくつろいでいるうちに、コリが取れてきて、ああ、相当凝ってたんだなあ、緊張してたんだなあ、と感じてしまいました。


東京に戻ってきて、やはり、マイナスな環境にいる、という感じがするのか、帰る早々、体調を崩しがちです。
研究開発センターを復職先に指定してきた事自体が会社からの嫌がらせなので、ここにいること自体、体調悪化の原因になるのでしょう・・・

まあ、しかたない、
実家でのんびりできて、引っ越しによる体調悪化がずいぶんと回復出来て、取りあえずは良かった。

裁判で全面敗訴した事を認めたくないからと、腹いせの様に嫌がらせしてくる会社に負けないよう、今後の会社への復職闘争を頑張っていこうと思います。



応援クリックおねがいしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
のんびりと 
2018.08.22.Wed / 16:42 
実家に戻って気がつけば、10日以上が経過しました。
同窓会、お盆の法事も終わり、
実家では、ひたすらのんびり過ごしています。
「引越しが片付かない、色々やらなくては」、という思いもすっかり抜け落ち、ひたすらのんびり・・・

引越しによる体調悪化が大きかったから、実家に戻ったら、体調は急激に良くなるかなあと思っていたら、そうでもなく、なんとなくの回復という感じです。

裁判中は、実家に戻って1週間も経てば、別世界、なくらい体調やら気分が変わってました。
それに比べると、回復はおだやかです。引越しで体調悪化凄いと思っていたんですけど、そうでもなかったようで・・・
会社とは完全に解決した状態とは言えず、裁判敗訴を認めない嫌がらせのような抵抗が続いていますが、やっぱり、裁判中とは、緊張感が違うんだろうなあ。

裁判中は、絶対に勝つ、という思いがとても強くて、体調が悪くても、相当な無理してたみたいです、
今は、復職拒否等々の嫌がらせ等々を受けていても、裁判ほど大変ではない、のかなあ。

いやしかし、配属先近くへの引越しで、体調が悪化したのは確か、
実家でもうしばらくのんびりして、体調を整えたいと思います。

この10日で睡眠状態は、ずいぶん整い、寝つきも良くなり、規則正しく早朝に目が覚めるようになりました。

幸い、会社が配属拒否やら出社日の設定を進めない等々で、まだまだ会社に行かなくていいので、長めに実家にいようと思います。

もうしばらくは、のんびりして体調を整えたいと思います。


応援クリックおねがいしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
実家に帰省しました 
2018.08.13.Mon / 16:17 
数日前より、大田区より、山口県の実家に帰省してきました。

お盆は、1月に亡くなった父親の初盆で、いろいろやることがあります。
同窓会もあり、今はそれなりに忙しくすごしています。


帰ってきた数日間は、、大田区に引っ越して悪化した体調を引きずって、寝付けなかったりしましたが、少しずつ睡眠状態もよくなっている気がします。
お盆を過ぎたら、慌しさもひと段落かな、引越しで悪化した体調を、実家でのんびりすることで、整えたいと思います。


応援クリックおねがいしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
ピアノの発表会 
2018.08.06.Mon / 18:09 
毎日暑い日が続きますね。

私事になりますが・・・
7月15日(日)は、3年前に習い始めたピアノの発表会でした。
今回で、3回目になります。

以下、facebookに投稿した記事になりますが、転載

3年前に習い始めたピアノ。
子供の時に習ってたけど、興味がわかず、親がうざくてやめたけど、あまり苦労した記憶はなかった。でも、この年で始めると、苦労の連続。肩こり酷く、毎日弾いても曲を覚えられないしすぐ忘れるし…それでも、クラッシックが弾きたくて練習の毎日。

先週は、3回目の発表会でした。
先生から、今年は、憧れの曲「ショパンのノクターンならいけるんじゃない?」と言われて、半年前から取り組みました。
でも、発表会は緊張からボロボロ、何度も間違えてしまった(ノД`)・゜・
4月に引っ越ししてからは、2時間かけて先生のところに通ったりと多忙で練習量ダウン等々、色々ありますが、結局のところ練習不足と経験不足??
この年での習い事はいろいろあるけど、まだまだピアノを続けていこうと決めたのでした。


ピアノ発表会_edited-1


補足しますと、
7月に入り、7月15日の発表会までは、発表会に向けてピアノの練習で大忙し、2週連続で深谷のピアノの先生のレッスンに通いました。
その間の、7月6日に東芝出社をし、所属長と総務2名の3名に囲まれ、配属拒否を告げられ、不快感とストレスによる疲れが酷かったようで、その疲れが取れないまま、ピアノの発表会を迎えました。

東芝への出社がなければ、そんなに疲れず、7月に入ってから発表会直前の練習はもっとできたのかな、そしたらミスなくもっとうまく引けたのかな、と思うこともありますが、どちらにせよ、私の力不足だったんだろうなあと思います。


ミスしまくりで、悔いは残りますが、ピアノについては一区切り、新居で新しい先生を探して、また、発表会に臨むことになります。

せっかく習い始めたピアノは、今後も続けていきたいなあと思います。

しかし、東芝へ出社すると1週間は疲れてる、と想定しながら、今後のスケジュールを立てなければいけませんね。
東芝との争議が、裁判が終わっても、会社からは、配属拒否され、「労災なのに私病の休職者扱い」される等々終わりが見えませんが、争議に振り回され過ぎないような生活を心がけようと思います。
(といって、敗訴した事を認めようともせず反省しようともしない会社に妥協する気は全くありませんが)

応援クリックおねがいしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
配属拒否の東芝、今度は、産業医の面接のみを指定 
2018.07.30.Mon / 14:44 
7月6日の東芝出社で、図書館メンバーが不安だ、として、配属拒否を告げられました。
それでも、定期的に出社したいので、会社の出社日を決めてください、伝えました。

しかし、東芝は、
配属先への配属や、会社への出社日の設定せず、
就業可を判断する産業医の、面接の日程のみを設定してきました。
嫌がらせを続けるのは、本当にいい加減にしてほしいです。

今回は、メールでのやり取りとなりましたので、以下に東芝の本社総務A主務とのやり取りメールを、下記に載せます。

--------ここよりメール------------
2018/07/26 (木) 18:17
A様

先ほど電話で話をしましたが、再度、メールをします。

私は、会社に出社をする日程を決めて欲しい、と要望しました。
産業医の面接をするのであれば、出社した日のついでに配属先の研究開発センターでお願いします、と言ったはずです。

そもそも、職場に配属もされず、リハビリもできない状態で、復帰可否の産業医面接をしてもしてもしかたがない、
配属がなされ、リハビリが行える状態になったら、リハビリ等の助言を産業医にしてもらいたい、
就業化の判断は、リハビリが始まってから、まだ先だ、と以前より言っています。

それにもかかわらず、
配属先への配属や、出社日の設定せず、
就業可を判断する産業医の面接の日程のみを設定されるのは、
配属には産業医の就業可の判断が必要として配属拒否を続ける東芝の、私に対する嫌がらせです。

早急に、配属先の、研究開発センター図書室への配属及び出社日の日程の設定をお願いします。

裁判で東芝の全面敗訴及び解雇無効は確定しています。
私を社員としてきちんと扱い、職場に配属をしてください。

重光由美

---------------------

From: ******@toshiba.co.jp
Sent: Tuesday, July 24, 2018 3:40 PM
To: kaitsbrousai@yahoo.co.jp
Subject: RE: 産業医面談日程の件(お伺い)

重光様

ご返信ありがとうございます。

(川崎)産業医が担当することについては、面談させていただく当初からお伝えしておりますが、
復帰可能かどうかの産業医判断は、(川崎)産業医と精神科の専門医である(本)産業医がサポート
する体制を取って対応することで進めてきております。
これは、社内で考え得る一番良い体制を準備するという意図での対応です。

もちろん、どこかのタイミングで(RDC)産業医へ引継ぎを行っていくことになりますが、
ある程度の判断までは(川崎)産業医で行うことが良いのではないかと考えています。

今回の産業医面談の意図は、これまで対応してきた(川崎)産業医による定期的な体調確認、
ということになりますが、いかがでしょうか。


---------------------

From: 重光由美さん支える会
Sent: Tuesday, July 24, 2018 3:01 PM
To: A(A ○人総□労企)
Subject: RE: 産業医面談日程の件(お伺い)

A様

会社に配属拒否をされている状態で、産業医面接をなんのために(川崎)で受けるのか理解ができません。
産業医面接については、不当解雇から会社にきちんと配属先に配属がなされた後に、配属先である研究開発センターで行うことを希望します。

今回の産業医の面接の目的をまずお知らせください。

重光由美

-----------------------
From: ******@toshiba.co.jp
Sent: Friday, July 20, 2018 10:16 AM
To: kaitsbrousai@yahoo.co.jp
Subject: 産業医面談日程の件(お伺い)

重光様

お世話になっております。
暑い日が続いておりますが体調いかがでしょうか。

先程、携帯電話に留守録を残させていただきましたが、
産業医面談の日程についてのご連絡です。

以下日時で実施したいと思いますが、この日程でお願いできますでしょうか。

▼産業医面談日程
 日時 7/30(月)11:00~11:45
 場所 (川崎)スマートコミュニティセンター
    ※10:50に(川崎)従業員玄関で集合させてください。

*****************************************
(株)東芝 人事・総務部 労働企画担当

*****************************************

応援クリックおねがいしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
配属拒否の嫌がらせ続く 
2018.07.25.Wed / 10:46 
7月6日は、東芝出社の日、会社が指定した、川崎駅前の「東芝スマートコミュニティセンター」に出かけてきました。

当日の様子を詳述します。

前回、電話で、図書館のメンバーからの配属拒否を告げられたので、
こういう事は、電話ではなく会って話をしたい、と私から伝え、今回の面接が行われました。

当日は、
本社総務 A主務
RDC総務 N主務
図書館館長 F部長
の3名が会議室で対応しました。

内容は、これまでと同じ、
「図書館のメンバーがネットに『図書館』と書かれる事を不安に思っている
ので、東芝研究開発センター図書館への配属はできません」
という内容でした。

私としては
「会社からの配属拒否の嫌がらせが続く限り、ブログを書かざるを得ない。ブログに問題があるのであれば、法的手段に出て下さい。
まず私を、きちんと社員扱いしてください、職場に配属してください」
と、これまで通りの主張を繰り返しました。

所属の上司となる、F図書館長からは
「(私が)図書館に配属になる事は、内示の状態であり、社内公示されていない情報なのに、それをブログから情報を得た事に対して、図書館のメンバーは不安に感じている。図書館と書かないで欲しい」
と言われました。


「私が図書館に配属になる事を今すぐ社内公示すればいい事。
そういう事は、私でなく、会社に言ってください」

F図書館長
「配属が社内公示されたことが確認できてから、ブログに公表するべき」


「会社から配属拒否の嫌がらせを受けている今の状態で、私が図書館に配属になる事は、永遠に公示されることはない。
公示云々については、私ではなく、会社に言ってください。」

F図書館長
「常識的に考えて、社内に公表されてないことを社外に公表される事を図書館のメンバーが不安に思っている」
と、会社の配属拒否の嫌がらせを助長する発言を繰り返して、しつこかったです。

私もこの方の部下の一人じゃないんでしょうか・・・


しかし、私が図書館に配属になる事は、正式決定(公示)ではなく、未だ内示(内定)の状態なんですか!?

「私の配属はなぜ公示されないのか」
という問いに
総務のA主務から
「産業医が、働けるという診断を下さないと、配属が正式に公示できない」と。

えっ、またですか・・・

以前
「産業医の復職可否の診断を理由にした配属拒否は、嫌がらせだ」
とブログに書いたら、研究開発センター図書館に配属されることになりましたが、
今度は
「『図書館』のメンバーが、ブログに書かれることを不安に思っているので、配属拒否」
となったのですが、その理由が
「会社が正式公示してない配属先『図書館』を、私がブログに書かいた事で、『図書館』メンバーが不安に思っている」
で、
「私の配属を会社が公示しないのは、産業医の復職可の診断がないから」

と、結局、「産業医の復職可の診断が無い事」が、私の配属拒否の理由に戻ってますね。
会社の主張は堂々巡りじゃないですか。

「解雇された社員が、会社に復職するにあたり、配属先が公示されるのに、なぜ、産業医の復職可という診断がいるのか。
これは、配属拒否の嫌がらせだ。
私が図書館に配属されることを、早く社内に正式に公示し、配属してほしい。
私を早く社員扱いして欲しい」


と、私の主張は結局、同じことの繰り返しになります。


そして、
会社が公示しない事を私がブログに書くことで、図書館のメンバーが不安に思う、のであれば、
会社が、さっさと公示して、私を配属すればいいだけの話です。

いつまでも図書館への配属を公示せずに、配属拒否等々をして嫌がらせを続け、
その会社の嫌がらせを、私のブログで知るから、図書館のメンバーや他の社員が不安に思うのではないでしょうか。

要は、会社が、私への配属拒否等々の嫌がらせを止め、
社員に公表できる対応(早く配属する等々私に誠意ある対応をする)を私にをすれば、図書館や他の社員のメンバーの不安はなくなるんじゃないですか??

ほんと、東芝も、一般社員が知ると不安になるような嫌がらせを私にするのは、いい加減止めていただきたいです。


「次回の、出社日程を、早く決めてください」
とA主務に伝えて、今回の東芝出社は終わりました。

配属拒否の嫌がらせは続いていますが、定期的に会社には出社をして行きたいと思います。
とにかく、進んでいくしかないですね。

裁判全面敗訴したのに、未だに社員として扱おうとせず、
嫌がらせを続ける東芝には、負けたくありません。
(このセリフ、裁判中しょっちゅう書いてましたが、裁判終了後も続きますね)

応援クリックおねがいしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
ストレスと疲れと 
2018.07.10.Tue / 17:21 
急に暑くなってきました。
体が暑さについていけず、バテ気味です。

7月6日は、東芝出社の日、会社が指定した、川崎駅前の「東芝スマートコミュニティセンター」に出かけてきました。
配属先の「東芝研究開発センター」ではなく、「スマートコミュニティセンター」を指定する当たり、相変わらず、私を研究開発センターに配属する気配が感じられません。

当日は、
本社総務 A主務
RDC総務 N主務
図書館館長 F部長
の3名が会議室で対応しましたが、電話で言われたことの繰り返しで、要は、配属拒否します、という内容でした。

引っ越したので、川崎まではすぐ、移動時間は短く、移動による疲れはほぼ無い、はずなんですけど、
ストレスと疲れがひどい。
悪意や嫌がらせに満ちた空間にいると、こんなにストレスを感じて疲れるんだなあと、感じます。
まあ、会社と裁判中も、裁判後は毎度疲れが酷かったですけどね。

少し休んで疲れが取れてから、この日のことは、後述したいと思います。

引っ越しも、最低限の生活はできるのですが、段ボールも多数、片付いたとはとても言えない状態なので、進めないと・・・
暑さにも慣れて、体を休めないとね~

しばし休憩。

応援クリックおねがいしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
図書館のメンバーから配属拒否の組織ぐるみの嫌がらせを・・・ 
2018.06.25.Mon / 17:44 
5月11日が、配属先となる、「研究開発センター」[図書館]の人たちとの顔合わせをする日、でしたが、
前日の10日に、総務と面会時に「[図書館]のメンバーが不安だから」という理由で、配属が延期となったため、この日は所属上長との面接で終わりました。

そして、5月18日に本社総務A主務より電話がかかってきました。

内容は、これまでと同じ、
「図書館のメンバーがネットに図書館と書かれる事を不安に思っている
ので、東芝研究開発センター図書館への配属及び挨拶はできません」
という内容でした。

これで、一応、会社から正式に説明を受けた上で、図書館のメンバーは、私を配属拒否としたようです。

最も、会社は、図書館のメンバーに正式に話をしない状態で、
「ブログに書かないことを約束しないと受け入れられないと[図書館]のメンバーが言っている」
と、言い切ってましたからね、今回、会社から図書館のメンバーにどういう説明をし、どういう聞き取りを行ったのかは分かりません。


会社は、裁判で全面敗訴し、私の病気が労災であり、解雇無効の判決が出たにも係わらず、判決を認めて謝罪する、どころか、未だに私を私病の休職扱いし、配属拒否等々の嫌がらせを続けています。
そのような経緯から、ブログを書かない、という訳にはいきません。

図書館のメンバーが、このブログを読み、過去の裁判の経緯や、今、会社から復職や配属拒否の嫌がらせを受けている等々の経緯を知ったうえで、私の配属を拒否するという事を決めたのであれば、残念ながら、
図書館のメンバーが、会社が私にしている配属拒否の嫌がらせの手伝いをしている、
研究開発センター図書館のメンバーから、組織的な配属拒否の嫌がらせを受けている

と、書かざるを得ません。

裁判で解雇無効の全面勝訴を勝ち取ったというのに、復帰にあたり、メンバーが不安だという理由だけで、配属拒否なんて、ありえません。
単に会社の説得不足等々、対応が悪いだけではないでしょうか。

裁判で解雇無効を勝ち取ったのに、未だに配属拒否等々の嫌がらせを受けながら、職場に復帰しなければならない私が一番不安です。


「こういう話は、電話ではなくて直接会って話をしたい」
と本社総務A主務に伝え
次回会社、川崎のスマートコミュニティセンター(研究開発センターではなく、スマートコミュニティセンターを指定、研究開発センターに配属する気が全く感じられず)に行く日程が6月18日と決まりました。

がその後、体調が芳しくないため、延期を繰り返し、次回、会社に行く日が7月6日となりました。

引っ越しの体調悪化からの回復も完全ではなく、色々ストレス多く、体調が乱れる事多し。
まずは体調を整え、やれるだけのことはやって行こうと思います。

裁判敗訴の腹いせの様に、嫌がらせをしてくる会社には負けたくありません。

応援クリックおねがいしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
私が配属になる事を配属予定日に説明したって・・・ 
2018.06.12.Tue / 15:09 
5月11日が、配属先となる、「研究開発センター」図書館」の人たちとの顔合わせをする日、でしたが、
前日の10日に、総務と面会時に「図書館のメンバーが不安だから」という理由で、配属が延期となったため
11日は、「研究開発センター図書館」の、所属長と会ってきました。

川崎駅からバスで10分のところにある、「東芝研究開発センター」に15時に行き、会議室に通されました。
会議室では
本社総務 A主務
RDC総務 N主務
図書館館長 F部長
と私の4人

まず、図書館館長F部長より、図書館の概要や、今後の私の業務内容についての説明がありました。
復職先として、技術者は無理だと言っている私に、嫌がらせのように研究所を指定してきた会社・・・
この件については、後述したいと思います。

さて、今後についてですが

総務より
図書館のメンバーには、今日午前中に集まってもらって正式に説明しました、 
 正式に説明したのは、今回が初めて、メンバーが理解するのに時間が欲しい」

と言われました。
あれ???私のことを、図書館のメンバーに説明したのは今日が初めてですか???
正式に話もしないで、東芝総務は私に
「配属先の研究開発センター[図書館]のメンバーがブログに書かれることを不安に思っている」
「ブログに書かないことを約束しないと受け入れられないと[図書館]のメンバーが言っている」
なんて、言いきっちゃってたんですか?
説明もしてないんだから、当然きちんとした聞き取りもなかったって事ですよね、
なんなの??

本当に、図書館のメンバーが、私の復職拒否を、会社に伝えていたんですか?

東芝の言っていることは矛盾してますよ・・・

しかも、11日に配属する、と言っておきながら、私が配属になる事は11日の午前中に説明したってことは、
10日の総務との面接で私が強く、「配属してください」と言わなければ、
今も、私が配属になる事は、図書館のメンバーには説明してなかった、てことですよね。

東芝側は、私の配属をとにかく阻止したい、という事しか考えてないですね・・・。
どこまで嫌がらせを続けるんだか・・・

そして、私が「研究開発センター図書館」に配属になる事は
「社内的に公表されてないことなのに、その前に私がブログに書いた」
と言われたのですが、
確かに、昨年の7月5日に、配属先が「研究開発センター図書館」と言われた際には、
「具体的な部署名は、所属の社員に私が復帰をすることを説明するまでの1、2か月はブログに公開しないで欲しい、」と言われたので、
ブログには、配属先は「川崎市にある、とある部署」と書いてました。
当時のブログ記事
http://shigemitsu.blog40.fc2.com/blog-entry-1057.html

その後、研究開発センター図書館に行く日程が10月11日に決まり、これで配属される、当然メンバーには私のことは説明もされていると思い、
配属先名を「研究開発センター図書館」
とブログに書きました。

が、その日は、研究開発センターの会議室に閉じ込められて、見学で終わり
その後も「完全に復職できるという産業医の診断が無ければ、引っ越しも配属もさせない」
等々言われ
それは配属拒否の嫌がらせだ
と私がブログに書いて、ようやく、引っ越しや配属の日程が具体的に進んだという経緯があります。

配属先が「研究開発センター図書館」と決まってから、10か月が経過したというのに、未だに図書館のメンバーに説明もしていなかったとは。

今回も、私が「配属先の研究開発センター図書館に5月11日に配属になる」
とブログに書かなければ、図書館のメンバーは、私が配属になる事さえ知らずにいたのでしょう。

ブログを書かなければ、私は、未だに、深谷から移動もできずに、配属どころか机も用意されずに放置され、退職までその状態が続いていたのでしょう。

ブログを書き続けないと、本当に、会社からどんな嫌がらせを受けるかわかりませんね。。。

私が
「正式に会社から配属するという話が今日あったのだったら、次は私を配属する日程を決めてください」
「メンバーが不安だというだけで、不当解雇した社員が職場復帰するにあたり、配属しないという事はあり得ない、仕事なのでメンバーには受け入れていただかないと」
等々伝えたところ

本社A主務より
「図書館のメンバーにいつ配属のあいさつをするか等、また来週中(5月18日まで)に連絡させてください」
と言われ、

所属長となるF館長には
「今後よろしく願いします」
と伝えて、今回の研究開発センター図書館訪問は1時間10分程度で終わり、会議室を後にしたのでした。

そして、5月18日に本社総務A主務より電話がかかってきました。
続く


応援クリックおねがいしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
図書館のメンバーが不安だと言われ 
2018.06.05.Tue / 10:24 
体調復調してきたので、ようやく、会社とのやり取りを報告できます。

4月27日の勤務先近くへの引っ越し後、
5月11日が、「研究開発センター」図書館の所属先の人たちとの顔合わせをする日、でしたが、
5月7日(月)に本社総務A主務より連絡があり、
前日の10日に、まず研究開発センター総務との面接を行いたいと言われました。
場所は、配属先の「研究開発センター」ではなく、川崎駅前の「川崎スマートコミュニティセンター」の会議室。

これは・・・また、私の配属を阻害する話では・・・

と思いつつ、5月10日に、川崎スマートコミュニティセンターに出かけました。

会議室に通され、会議室では、
本社総務 A主務
RDC総務 N主務
と、私の3名。

話はというと、

「職場復帰にあたり、ブログは書かないでほしい、配属先の研究開発センター[図書館]のメンバーがブログに書かれることを不安に思っている」
「ブログに書かないことを約束しないと受け入れられないと[図書館]のメンバーが言っている」
「図書館のメンバーの不安がなくなるまで、復帰はさせない」
と言った内容でした。

ブログを始めたきっかけの一つは、裁判開始前後から始まった、東芝からの嫌がらせを止めさせるため。
東芝が、私に全面敗訴した事を認めて謝罪し、嫌がらせ対応をやめ、誠意のある対応をすれば、私がブログを書くこともなくなるのに、
謝罪どころか、未だに嫌がらせ対応を続け、ブログを書かざるを得ない状況に追い込んでいるという根本を忘れて、
図書館のメンバーが不安だからと、ブログを書くなと言ってくるとは、盗人猛々しくて驚きます。

今度は、配属先の同僚の不安を利用して配属拒否の嫌がらせ対応ですか~、
ブログを書くのを止めたら、それこそ、東芝から何をされるかわかりません。


「私に謝罪もせず、私にブログを書かせ続けているのは会社の方針だから、図書館メンバーに仕事として対応するよう説明してください」
「メンバーが不安だという理由だけで不当解雇された私を配属しないというのは成り立たない、仕事なので対応してくださいと図書館のメンバーに説明をすれば良いだけ」
「メンバーとの面接を、配属先への配属を早急にお願いします」
等々言いましたが

研究開発センター総務N主務は
「メンバーの気持ちを考えて」
「メンバーが不安に思っているので、不安を解消するのに時間がかかる」
等々、私の配属を阻止しようと、しつこかったです。


本社総務A主務から
「図書館のメンバーとの面接の日程は早めに設定したいと思います、が、明日はさすがに無理」
と言われ、
翌日11日は、
所属長との面接を研究開発センターで行うことにしました。

しかし、5月11日に配属先の図書館に配属のあいさつに行く、事は、4月10日に決まった事なのに、1か月の間、東芝側は何をやっていたのか。
私の配属阻止の嫌がらせ対策をずっと考えていた、んですかね~、まったく・・・

そして、翌日11日に、川崎小向にある研究開発センターに行き、所属長と会ってきました。
続く


応援クリックおねがいしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング

プロフィール

yumi

Author:yumi
女性技術者。重光由美。うつ病を患って休職中に解雇されたため解雇撤回の裁判を(株)東芝相手に提訴しています。のんびりと療養していたのが一転、症状はジェットコースター。裁判はうつ病にとっても悪い…それでもうつ病との闘いは続くのであった。




応援コメントありがとうございます。体調の悪化等により、コメントの返信できずにスミマセン。


注意
いわれのない誹謗中傷コメントには相応の対応をさせて頂きますのでご注意ください。

裁判サイト

裁判の詳細はこちらを
是非見てくださいね

●東芝うつ病解雇裁判
●重光由美さん支える会
☆支える会会員募集中☆


クリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ブログランキング

↑メンタルへルスブログランキングにリンクしています。励みになりますので一日一回クリックお願いします。


カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

twitter


おすすめ商品

ヨガで心と体を癒しましょう

労災申請を考えてる人に

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QRコード

広告

CopyRight 2006 うつ病患者の裁判しながら日記 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /