FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
・東芝株主総会 の記事一覧
2015年東芝株主総会報告2 
2015.09.06.Sun / 12:37 
6月25日の東芝株主総会報告の続き
朝9時50分頃まで会場前で株主への宣伝行動をした後、株主総会の会場である、国技館に入りました。
出席者は例年より少なく、東芝発表によると、3,178名、昨年は6,396名だったので、出席者は約半数ですね。

朝10時から、例年通り議事は進行していきました。
「事前の質問への回答」
で、事前に提出された質問への回答がされました。
事前の質問は、株主総会の案内に何も書いて無くて、今年は受け付けないのだと思ったのだけど?毎年質問を送っている人が去年と同じ住所に送ったのかな?
まあ、株主総会はもう一度行われるのだから、その時には、ちゃんと事前に質問を提出しなければ。

10時50分からは、株主総会のメインイベント、会場にいる株主からの「質問」。
質問のほとんどが、不正会計問題に関することで、東芝を批判する内容でした。
質問者が東芝を批判する度に、株主からは「そうだそうだ」といった怒鳴り声や拍手が起きてました。

途中、人事・総務担当役員から、「人材こそ最大の財産です」といった発言が・・・
はあ??
相変わらず言うことは立派ですが、ちゃんと実践してくださいよーー東芝さんーー

例年の質問の時間は1時間程度ですが、大不祥事を起こした今年は、株主からの質問をずっと受け続けました。
そのうち、怒鳴る株主も全くいなくなり、帰る株主も相当数出てきて、ようやく質問の時間は、終わりました。質問の時間は、例年の約2倍、2時間20分でした。

私は、ずっと挙手し続けましたが、やはり、当てられることはありませんでした。
会場の後ろの方に座りましたが、その席からでも、社長の顔がはっきり見えます。ということは、社長からも私の顔がはっきりと見えているんだろうな、これじゃ、いくら挙手しても、当てられないだろうなあ。
変装でもしないと、当てられるのは無理そうですね・・・


さて、今年から、株主総会で配れるお土産は中止になり、お茶だけが配られました。
質問をする時に掲げたうちわと、お土産?のお茶です。


帰りに、国技館の前で記念撮影
宣伝行動に、長い株主総会出席と、凝縮した一日で、疲れました。。。


次回の株主総会が、9月末に開催される予定ですが、質問時に直接社長に質問することは難しそうなので、宣伝行動で株主に、この事件をアピールできれば。

「人材こそ最大の財産です」、有言実行してもらわなければ

応援クリックおねがいしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
2015年東芝株主総会報告1 
2015.08.31.Mon / 13:31 
今年6月25日に行われた、2015年東芝株主総会の詳細報告です。

株主総会開始前、朝9時~10時までは、例年通り、株主に向けての宣伝行動を行いました。
株主総会での宣伝行動は、今年で4年目になります。
今回は、宣伝行動の参加者4名、例年の半数程度になりましたが、4名で頑張りました。

相変わらず、ビラの受け取り、株主の反応等々大変良く、
受け取ったビラを見ながら、「東芝は、まだ、この裁判続けているのか」と驚きながら言っている株主も複数いました。

ビラ配りの様子です。
人数が少ないので、全員フル回転、私はマイクを持ってずっとしゃべりっぱなしでした。





さて、今年は、東芝が、粉飾決算事件を起こし、決算報告ができず配当無し、の異常事態で行われた株主総会でしたが、その取材に来たマスコミが凄かったです。
朝9時に私が会場の国技館前に着いた時には、会場前は、沢山のマスコミで溢れかえってました。




宣伝行動中、マスコミ3社から、私に、後日取材をさせて下さい、と名刺をもらいました。
不正会計問題取材で来たマスコミへも、いい宣伝になったようです。

そして、私は、株主総会が始まる10分前まで、精一杯、宣伝行動に参加し、後りの宣伝行動を3名の参加者に託して、株主総会の会場に入っていきました。

続く

応援クリックおねがいしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
2105株主総会に出席しました。 
2015.06.29.Mon / 09:40 
6月25日に、恒例の、東芝株主総会に主席してきました。
東芝株主総会出席は3年目、宣伝行動は4年目です。

今年は、不正会計問題で、決算報告が無い、案内状には「事前の質問の送付先」も無い等々、
異例の株主総会で、どういう株主総会になるのか、と思いっていましたが、
質疑応答の時間は例年より長く(倍の時間くらい)とられていました。
で、私は手を上げ続けましたが、当然のごとく当てられず終わりました。

一昨年は、私の事前の質問への回答に、東芝の副社長の口から、まるで私が裁判クレーマーであるかのような回答があった、
昨年は、私の裁判について質問してくれる株主が現れた、
等々、いろいろあった株主総会ですが、今年は、これと言った事もなく、終了しました。

しかし、株主総会宣伝行動は、支援活動としては非常に効果があるので、
午前9時からの株主総会宣伝行動は、相当な気合を入れて行いました。
そのためか、宣伝行動、株主総会出席と、非常に疲れたようです。翌日以降の疲れが凄い。
数日たった今も、未だに疲れがまだ取れません。

もうしばらく、休息ですね。
株主総会の詳細は、また報告したいと思います。(大した内容ではないですが)

おまけ。
株主総会会場前では、「不正会計問題で揺れる東芝株主総会」を取材するマスコミの数がすごかったです。
不正会計問題で、株主総会はもっと荒れるかと思ったら、そうでもなく、おとなしめでしたが、
マスコミ報道では、「東芝株主総会は荒れた」、みたいな報道が多数されてました。
マスコミって、読者が求めているような記事に、うまくまとめて書くんだなあと思ってしまいました。

応援クリックおねがいしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
* テーマ:労働裁判 - ジャンル:政治・経済 *
2015年 東芝株主総会 宣伝行動お知らせ 
2015.06.23.Tue / 09:53 
2015年の東芝株主総会が、2日後に迫ってきました。
今年も宣伝行動をしますので、参加できる方がいましたら、よろしくお願いします。

■東芝株主総会 宣伝行動  

 6月25日(水)JR両国 国技館 9:00~10:00頃
 
 現地集合 途中参加歓迎 (お気軽に声をかけてください)   

 昨年までの株主総会宣伝行動の様子は原告ブログをご覧ください。
 http://shigemitsu.blog40.fc2.com/blog-category-24.html

 問い合わせ先 重光由美さん支える会メール
 http://kaitsbrousai.web.fc2.com/mail.html

天気予報は曇り、毎年、雨が降りそうで降らないのですが、今年も、雨が降らないことを願っております。


さて、東芝からは、株主総会招集通知が届いています。



今年の招集通知には、「株主からの事前の質問の送付先」が載っていませんでした。
ということは、今年は、株主総会のメインといえる、「株主との質疑応答」が無い、ということでしょうか?
まあ、東芝は、粉飾決算・不正会計問題で、決算の報告ができないのに行う株主総会ですからね。

さて、東芝株主総会はどうなるのでしょう。


応援クリックおねがいしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
東芝株主総会2014 報告2 
2014.10.05.Sun / 12:36 
株主総会開始15分前の9時45分頃まで宣伝行動に参加した後、株主総会主席のため、国技館に入に入りました。
東芝株主総会への出席は、去年に引き続き2回目です。
中に入ると、会場は既に満席状態、私は、アリーナ席の後方、会場全体だと、真ん中あたりの席に座りました。
東芝発表によると、出席者6,396名だったそうです。

10時に東芝の役員44人が入場して、株主総会開始。
去年と同じように議事進行していきます。

「事前の質問への回答」
去年は、ここで、私が裁判クレーマーのような回答を、一方的に、副社長の口から報告されました。
今年も、事前に、同じような質問を提出していました。
事前の質問書はこちら
http://shigemitsu.blog40.fc2.com/blog-entry-814.html

「続きまして、休職期間満了に伴う解雇について、重光由美様、○○様、○○様3名からの質問です」
あ、私の質問への回答。
会場のビデオに回答が映し出され、
「ご本人が上告していましたが、ご本人の主張が認められ最高裁判決により、東京高等裁判所において差し戻し審が行われてる状況のため、これ以上のコメントは差し控えます」
と副社長が口頭で回答。

うーん、去年一方的に裁判クレーマー扱いしておきながら、結局最高裁でも東芝敗訴したのに、内容が不十分じゃないの?とは思いましたが、
しかしまあ、去年に比べれば、随分ましな回答で、不快になることも無く済みました。

続いて質疑応答の時間。
今年も、去年のように、はいはいと目立つように手を上げようかなあと思っていたのですが、
今年は、下のうちわが事前に配られ、質問者はうちわを上げる方式になっており、去年のようにハイハイと手を上げる人もおらず、株主からの質問は静かに進行してして行きました。


私は、うちわを上げ続けましたが、当てられず、今年も当てられずに終わるだろうなあと思っていたら、
会場の後方、1階席あたりの女性が当てられ、その方が、
「外で配っていたビラに書いてあったのですが、うつ病人の裁判で、東芝は週刊誌にブラック企業と書かれたようですが、社員の福利厚生はどうなっているんですか」
という主旨の質問をして頂きました!
社長からは
「東芝グループは、メンタルヘルスケア、ストレスチェックに基づく検診・・・・・・等々行っています。
今後の取り組みをさらに強化したいと思います。」
と回答。

株主総会で私の裁判の質問してくれる人がいるとはすごい。なんか宣伝行動等々うまく行きすぎてない?夢じゃないだろうか?
社長の回答を聞きながら、現実味が沸かず、ぼおっと聞いていました。

事前の質問への文書回答は不十分ながら、一方的に裁判クレーマー扱いされた去年に比べれば「ましな回答」だし、裁判のことを質問してくれるく方もいたりで、今年の株主総会は、宣伝行動も含めて、大成功と言っていい出来でした。

そして、株主総会終了後、去年よりは、すごく気持ちよく、帰途に就いたのでした。(去年は帰宅の途中は、不快感でいっぱいでした。)

ご協力いただいたみなさんありがとうございました。

東芝株主総会のお土産は、
国技館名物焼き鳥弁当とお茶、東芝製ラジオ、優香のクリアファイル
優香のクリアファイルの中には東芝製品のパンフレットが入っていましたが、これ余計では・・・


せっかくなので、株主総会後、看板前でパチリ。


これで、2014年東芝株主総会の報告終わりです。

最高裁判決後の体調悪化で、溜まっていた事も少しずつ片付いていきます。あと少し・・・

応援クリックおねがいしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
東芝株主総会2014 報告1 
2014.10.01.Wed / 23:28 
遅ればせながら、6月25日に行われた、東芝株主総会の詳細報告です。

まずは、株主総会での宣伝行動の報告。
今年も株主総会開始の1時間前の朝9時から、会場の国技館前で宣伝行動を行いました。
宣伝行動も今年で3年目です。
梅雨時期ということもあり、今年も、今にも雨が降りそうな天気でしたが、宣伝行動中は、なんとか雨が降らずに済みました。

昨年は、株主総会開始1時間前に会場に入りし、前から4列席ど真ん中に席を確保し、
目立つように声を上げながら手を上げても、結局当てられなかった、という経験から、
今年は、顔が見えない後ろの席がいいかなあと思い、宣伝行動にぎりぎりまで宣伝行動に参加したのち、株主総会の会場に入りました。

宣伝行動の様子です。総勢8名で宣伝行動をしました。
株主の、ビラの受け取りや反応は相変わらずよく、また、今年は他の団体もおらず、用意したビラ1000部が約1時間で全て無くなりました。すごい!




今年配ったビラです。2枚をセットにして配りました。
今年は、支援者の方がビラをカラー印刷してくれたので、カラーのビラを配りました。
カラーのビラは、目立っていいですね。
と、喜んでいたら、請求書を見てビックリ・・・カラー印刷は、結構な高額でした・・・もちろん、良心的な値段だそうですが・・・


マイクを使って訴えている私。隣りの支援者の方が、のぼりを持ってくれています。
マイクを使って長時間の訴えも、すっかり慣れました。



ところで、宣伝行動開始位置の横断幕のところに、なぜか、東芝社員が複数名立っていました。

最初は待ち合わせ?と思ったのですが、結局、この人たちは、宣伝行動をしている間中、ずっとここに立っていました。
去年はいなかったのに、何なんだろうこの東芝社員の人たち?もしかして、宣伝行動の妨害工作とか??と思ってしまいました。
しかし、ビラの受け取りは相変わらず非常に良く、仮に東芝の妨害工作だったとしたら、効果は無かったような?

そして私は、株主総会開始15分前の9時45分頃まで、宣伝行動に参加し、後は、支援者の方に宣伝行動を託し、株主総会主席のため、国技館に入ったのでした。
会場に入るときは、支援者の方達が、盛大に見送ってくれました。

続く

応援クリックおねがいしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
東芝株主総会2014 事前の質問書 
2014.06.26.Thu / 21:11 
連投になりますが、昨日の東芝株主総会の様子の続き
東芝株主総会で提出した事前の質問書です。

去年の質問①~④に加えて、今年、⑤、⑥を足しています。
長いです。。。。

------------------------------

株式会社 東芝 取締役社長 田中 久雄 殿

(株)東芝 第175期定時株主総会への文書質問
                                        2014年6月18日
             
                               株主番号○○○ 重光由美

私は、東芝社員として働いていましたが、激務やパワハラでうつ病を発症し、休職期間満了で解雇されたため、現在、東芝と解雇裁判をしています。東芝の裁判での対応に、グローバル企業とは思えないような、非常に不適切と思える対応があったため、質問をいたします。
なお、この裁判は、2014年3月24日に最高裁で、原告勝訴(東芝敗訴)の判決が出て、高裁に差し戻され、現在は、東京高裁で差し戻し審が行われています。
  
私、重光由美は、1990年に大学の理工学部を卒業し、東芝に技術職として入社し東芝生産技術研究所、姫路工場を経て、深谷工場で、液晶開発技術者として働いていました。2000年12月から始まったM2ライン立ち上げプロジェクトでの長時間過密労働等により2001年4月にうつ病を発症し、その後上司のパワハラ等により症状が悪化し、2001年9月より休職に追い込まれました。M2ラインの立ち上げプロジェクトに従事した同僚が2名自殺をしています(1名労災認定)。
東芝には、労災と認めるよう求めましたが、認められず、自ら熊谷労働基準監督署へ労災申請しましたが、2004年9月9日に休職期間満了を理由に解雇されました。そのため、東京地裁に解雇無効を求める裁判を提訴しました。
東芝は、裁判で、嫌がらせや偽の証言を繰り返しました。熊谷労働基準監督署は、東芝の主張を一方的に認める形で、労災は不支給になりました。
しかし、東京地裁は、2008年4月に、東芝の過失を全面的に認める解雇無効の判決を出しました。翌年2009年5月には、行政訴訟で勝訴し、国に労働災害として認められました。東芝は、地裁敗訴後、即日控訴し、和解を2年長引かせた挙句、和解を蹴り、国の労災認定をも否定する主張を、裁判で続け、私は現在も解雇されたままです。2014年3月24日には、最高裁で私の主張が認められて勝訴し、現在は東京高裁で差し戻し審が行われています。
昨年も質問をしたのですが、質問の回答になっていませんでしたので、今年も、この解雇裁判について、同じ質問を致します。

①私がうつ病を発症した当時、タイムカードの残業時間は、5か月連続で、過労死労災認定基準の80時間を越えていました。加えて、同じプロジェクト業務に従事した同僚が2名自殺(後に1名労災認定)しました。この状況では、私のうつ病発症は、労災である可能性が高いと容易に判断されると思うのですが、東芝は、労災と認めず、私の解雇を強行し、裁判では、業務上ではない、会社に全く過失はないと、主張しました。この解雇が誤りだったことは、裁判で明らかになっています。社員に過労死認定基準以上の長時間残業をさせ、その結果、社員が健康を害し休職に追いこまれたり、過労死や過労自殺が発生することについて、社長はどのようにお考えでしょうか。

②裁判で、東芝は、私への嫌がらせや偽の証言を繰り返しました。東芝の裁判での隠蔽工作等については、週刊誌「FLASH」にも書かれています。裁判で原告である社員に、嫌がらせ等の態度をとることは、法令遵守違反、及び、原告である私への基本的人権の侵害に当たると思いますが、東芝が裁判で、原告である私に、嫌がらせ等をおこなったことについて、社長はどのようにお考えでしょうか。

③行政訴訟で勝訴し、国が労災認定した後も、東芝は、裁判で、「労災ではない、解雇有効である」という主張を続けました。国の労災認定は、覆ることは無く、さらに、労働基準法で、労災の社員は病気が治るまでは解雇できないと、定められています。東芝が、国の労災認定後も、労災と認めず、解雇有効と主張する行為は、国の法律(労働基準法)に従わないと公言する、法令遵守に違反する行為だと思うのですが、社長はどのようにお考えでしょうか。

④国の労災認定後、東芝は、裁判所に東芝の産業医の意見書を提出してきました。東芝の産業医は、「当社のメンタルへルスは対策は高い水準」と、私のうつ病発症は業務上ではないと、国の労災認定を否定する意見書を提出しました。③にも書きましたが、国の労災認定はもはや覆ることはありません。それなのに労災認定を産業医が公然と否定すること自体、信じられません。
また、発症当時、私は、産業医の長時間残業検診を受け、体調不調を訴えましたが、産業医は問題なしと判断し、結果私のうつ病は悪化し、休職に追い込まれました。検診が全く機能していなかったのです。しかし、産業医の意見書では、当時の産業医の対応に問題は無かった、と書かれました。
同僚2名自殺者が発生(1名は後に労災認定)した事実だけでも、当時の産業医の長時間残業検診に全く問題が無かったとは考えられない状況です。短期に同じ職場で労災が2名発生したことを、東芝及び産業医は、きちんと受け止め、当時のメンタルへルス対策に問題点をあったと認識をし、改善していく、といったことが、東芝及び産業医には求められるはずです。
東芝は、「当社のメンタルへルス対策は高い水準」と公言していますが、自殺・うつ病の労災を複数発生させながら、反省どころか国の労災自体を認めない主張を裁判でし、未だに労災認定された私を不当解雇したままであり、公言内容と矛盾しています。
メンタルへルスは、社会問題となっており、きちんとした対応をすることが、大企業東芝としての社会的責任と思いますが、裁判での東芝、及び産業医の対応を見る限り、そのようになっていません。東芝の、社員に対するメンタルへルス対策について、東芝が公表している制度と実態は乖離しており、機能していないと思えるのですが、東芝のメンタルヘルス制度の実効性について社長はどのようにお考えでしょうか。

⑤昨年、①~④の質問を事前に送付したところ、株主総会では、
「会社としては、高裁裁判所の判決を受け入れようとしていましたが、ご本人が判決内容に不服があるとして和解を受け入れず、我が社としては和解をしようとしたのですが、ご本人が上告していますので、我が社としてはお答えできません」といった回答がありました。この回答は、①~④の質問の回答になっておりません。質問にはきちんと回答していただきたいので再度質問します。ご回答お願いします。

⑥2014年3月24日、最高裁は、原告(私)の主張を認め、私にも過失があったとした高裁判決を破棄し、全面的に東芝側に過失があるとして、高裁に差し戻す判決を出しました。この最高裁判決により、高裁判決は破棄され、東芝に全面的に過失があった事が確定しました。今は高裁で差し戻し審が行われています。昨年の東芝の株主総会での回答である、「東芝は高裁判決を受け入れようとしたが、原告が上告して裁判を続けている」という東芝の対応は、高裁判決が破棄された以上、成り立たないことが明らかになりました。東芝に、全面的に過失があることが確定したのですから、東芝は、今も不当解雇され続けている原告(私)の解雇を一刻も早く撤回し、今なお裁判を強いられる原告(私)に対して早急に誠意のある対応をすることが、グローバル企業東芝が、社会的責任を果たすために求められる対応と思いますが、社長の見解はいかがでしょうか。


 質問は以上です。東芝の社長の誠意ある見解をお願い致します。


応援クリックおねがいしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
東芝株主総会2014  
2014.06.25.Wed / 17:22 
東芝株主総会、朝9時からの宣伝行動は、今にも雨が降りそうでしたが、なんとか降らずに、相変わらずビラの受け取りもよく。

10時からは、中に入り、去年に引き続き東芝株主総会に出席。
事前の質問への文書回答では、
「本人が上告し裁判が続いていましたが、高裁で差し戻し審が行われていますのでこれ以上のコメントは差し控えます」
と簡単な回答。
説明がいろいろ不十分でしょー

個別の質問では、手を上げ続けましたが、やはり当てられませんでしたが、
一人の女性から
「外で配っていたビラに書かれてあるが、うつ病人の裁判で、東芝は週刊誌にブラック企業と書かれたようだが、社員の福利厚生はどうなっているのか」
という主旨の質問をして頂きました!!ありがとうございます!

事前の質問への文書回答は不十分だったし、質問時も当てられなくて残念でしたが、一方的に裁判クレーマー扱いされた去年に比べれば「ましな回答」だし、質問して頂く方もいたしで、去年よりは気持ちよく、帰途に就いたのでした。(去年は帰宅の途中は、不快感でいっぱいでした。)

ご協力いただいたみなさんありがとうございました。

東芝株主総会自体は、原発の質問が多く、反対派の質問が飛ぶのはわかるのですが、推進派の質問が意外と多いのにびっくりしました。

事前の質問書に続く

応援クリックおねがいしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
2013東芝株主総会3 
2013.09.14.Sat / 10:54 
事前の質問への回答の次は、質疑応答の時間、
会場の株主からの質問に社長が答えました。

「顔が知られている人物は質問時に当てられない」
とは聞いていたのですが、
「事前の質問の回答」時に「裁判クレーマー」のように言われ、頭に血が昇っていた私は、
なにがなんでも質問したい、と、目立つように、
「はいはい」と声を張り上げながら必死に手を上げました。

が、結局当てられず、「これが最後の質問です」と社長が言ったところで、
私の近くの人が当てられたのですが、
私がよほど目立っていたのか、その人が
「この人のほうが先に手を上げていましたが」と言ったので、
チャンス!
と思い、「マイクをお願いします」と言ったのですが
社長が「質問者は私が決めます」と言い、
当てられた人が質問をしたがっていたので、結局質問を譲ってしまいました・・・

あと少しで社長に質問が出来たのに残念・・・

よほど目立ったのか、株主総会が終わってから、周囲の人達が、話しかけてきました。
「当てられなくて残念だったね」
「他社で、当てろよ、と大声で強く言ったら当ててもらったよ」
等々アドバイスもいただいたりしました。

「顔が知られてるから、当てられないんですよ。会社とは裁判していて・・・」
等々、出口に向かって歩きながら、周囲の人たちと、話をしながら、
「よかったらこれ、私の裁判のビラなんです」と、ついでに私の裁判のビラも配ったりしました。

一応、裁判の宣伝には、なったようです。

しかしなあ、
私が質問ができない状態で、一方的に会社に都合の良すぎる回答をするだけなんて、東芝なんなの?
東芝の社長には、直接私を当てて、質問に正々堂々と答えて頂きたかったですね。


それに、
自殺が2名発生したことや、東芝が、裁判で隠蔽工作をしたことなど、
複数マスコミ報道もされ、東芝にはマイナスイメージだと思うのですが。
東芝の社長もそれでいいと思っているということか・・・

なんか、自分の中での東芝イメージダウン・・・
非常に念な、株主総会での東芝の対応でした。



出口でもらった、株主総会のお土産は、国技館名物の焼き鳥弁当と、東芝製充電ラジオ



せっかくなので、記念に帰りに国技館の前でポーズ



しかし、帰りの電車の中でも、裁判クレーマー扱いされたムカムカが収まらず

「事前に提出した東芝への質問」をブログにアップしたら、それなりに落ち着き、
初の株主総会出席は、非常に、むかむかとした気分とともに終わったのでした。


今回の株主総会参加は、本当に初めての体験で、要領を得ないことが多かったのですが、
良い経験でした。
来年、また是非、株主総会に参加したら、今年よりは、うまくやりたいなあ、
と思ったのでした。

会社に勤めていて、社長や役員にいいたいことはあっても、普通はそんな機会は無いし、
こんな間近で役員に接する機会なんて、ありません。
株主総会参加は、経営者に直接質問できるすごくいい機会だなあと思います。

(他社の株主総会にも参加してみたいですが)

以上で2013年東芝株主総会の報告終わりです。
(やっと報告できました)


応援クリックおねがいしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
* テーマ:裁判 - ジャンル:政治・経済 *
2013東芝株主総会2 
2013.09.12.Thu / 10:16 
株主総会開始の少し前に、会場に入ると、国技館がほぼ満席でした。
参加した株主5,740名(東芝発表)だったそうです。



私は、株主総会に参加するのは、東芝以外でも始めて、ほとんど見学気分でした。
1時間前の、宣伝行動前に確保していた、前から4列目の真ん中あたりの席に着席。

10時に、会長社長取締役40人程度が席に鎮座し、株主総会開始。

東芝の社長や会長の顔を見るのは、入社式の社長の挨拶以来、
こんな間近で役員の顔を見るのは初めてでした。

株主総会は
・報告事項の内容報告 ビデオで事業内容等が映し出される
・事前の質問への回答
・質疑応答

と進んで行きました。

私は、事前に「文書での質問」を東芝に提出していました。
私が事前に東芝に提出した「文書での質問」はこちらです。 
http://shigemitsu.blog40.fc2.com/blog-entry-723.html

「事前の質問」は、提出していましたが、
これに、東芝は回答しないだろうなあ、
仮に回答してきても、「裁判中なので回答を控えたい」と言った、
無難な回答をするんじゃないかなあ、
なんて、今にして思えば、楽観的な考えでいました。

事前の質問への回答が、会場のビデオに映し出され、
3人目くらいで、
「続きまして、休職期間満了に伴う解雇について、重光由美様からの質問です」
と副社長が発言。

あ、私の質問に答えるんだ、と思ったら、映像に回答が映し出された回答は

「会社としては、高裁裁判所の判決を受け入れようとしていましたが、
ご本人が判決内容に不服があるとして和解を受け入れず、
我が社としては和解をしようとしたのですが、
ご本人が上告していますので、我が社としてはお答えできません」

副社長の口からは、映像より、さらに、
本人が勝手に裁判をしている、という内容を強調した様な発言。

一般的な人が聞いたら
「東芝に裁判クレーマーな社員がいるんだな」
としか思えないような回答でした。

その後は、制度だけは大変立派な、東芝のメンタルへルスについての説明が続き・・・

私は、会社が過失を認めることを、最初から、和解の条件としていました。
会社が過失を認めない限り、和解はあり得ません。
会社は、和解に応じるような対応を見せながら、和解交渉を2年も長引かせ、
結局過失を認めないとしたため、和解は結局、決裂してしまいました。

そもそも、
「ご本人が判決内容に不服があるとして和解を受け入れず」
という表現はおかしくないですか。
東芝が地裁判決内容に不服があるとして即日控訴しなければ、私は控訴せず、
裁判はとっくに終わってました!
高裁判決に不服があるとして私が上告したのは、和解決裂後です。

それに、同僚が2名自殺者したことや、
私は既に労災に認定されたのだから、今は「休職期間満了に伴う解雇」ではなく、「不当解雇事件」になっていること、
東芝は不当解雇に対して、全く対応をとっていないこと、
といった事件の本質には全く触れないまま、

私の質問と全く違う回答をして、私を裁判クレーマー扱い!!

副社長の口から出てくる、あまりにも東芝に都合の良すぎる回答に、
聞きながら、頭から血が上ってしまいました。

続く

応援クリックおねがいしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
* テーマ:労働裁判 - ジャンル:政治・経済 *

プロフィール

yumi

Author:yumi
女性技術者。重光由美。うつ病を患って休職中に解雇されたため解雇撤回の裁判を(株)東芝相手に提訴しています。のんびりと療養していたのが一転、症状はジェットコースター。裁判はうつ病にとっても悪い…それでもうつ病との闘いは続くのであった。




応援コメントありがとうございます。体調の悪化等により、コメントの返信できずにスミマセン。


注意
いわれのない誹謗中傷コメントには相応の対応をさせて頂きますのでご注意ください。

裁判サイト

裁判の詳細はこちらを
是非見てくださいね

●東芝うつ病解雇裁判
●重光由美さん支える会

クリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ブログランキング

↑メンタルへルスブログランキングにリンクしています。励みになりますので一日一回クリックお願いします。


カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

twitter


おすすめ商品

ヨガで心と体を癒しましょう

労災申請を考えてる人に

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QRコード

広告

CopyRight 2006 うつ病患者の裁判しながら日記 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /