ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
東電OL殺人事件 
2012.06.08.Fri / 14:31 
東電OL殺人事件の再審開始が決定しました。

再審開始を決定 検察は異議申し立てへ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120607/k10015667981000.html

刑事事件ですが、
私が参加させてもらっている最高裁要請を主催している、日本国民救援会が支援している事件で、この事件のビラも私のビラと一緒に配られたので、関心を持っていました。

再審開始ということは、ほぼ、無実が決定したということなのだそうです。

この事件、発生した当時はマスコミが大きく取り上げ、世間が大きく注目していた事件でした。
それなのに冤罪事件となることに驚きました。
しかも、地裁では無罪となったのに、高裁で無期懲役、最高裁で上告棄却され有罪確定、となったようです。
事件の詳細まではわかりませんが、専門家の話では、地裁が無罪だったのに高裁で有罪となった背景には、ネパール人であること、アジアからの出稼ぎ人への偏見があったのでは、という事でした。

裁判が決して公正に行われるわけではない、常識の無い裁判官は存在する、高裁の裁判官が常識があるわけではない、というのを私も裁判で実感しています。

しかし、世間の注目を浴びた、殺人事件で、最高裁が上告棄却するとは、最高裁裁判官もやっぱり常識が無い??
民事である私の裁判では、上告受理されるのかなあと、心配になってしまいますが・・・

私の事件の高裁の判決文では、精神疾患への偏見を感じました。今も根強い世間の精神疾患への偏見、そこがこの東電の事件と少しだけ重なります。最高裁の裁判官にも偏見が無いとは限らない・・・

と、考えても仕方が無いので、とにかく最高裁が、非常識な高裁判決を覆し、上告を受理する決定を出すのをひたすら期待して、できることをするのみです。

しかし、検察は異議申し立てをしたそうですが、悪あがきとしか思えません。既に逮捕されて15年が経過していますが、逮捕され犯人とされた人が刑務所の中で過ごした時間は戻ってきません。

大企業東芝も、労災認定後も、労災ではないと主張して裁判続けて悪あがきをしていますが、単に恥の上乗りだと思いますが、そういうことに気づかないんでしょうか。

応援クリックおねがいしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
COMMENT TO THIS ENTRY
--政府や会社はメンタルについて重要視し真剣に取り組むべく--

私は、政府や法律は、メンタル患者の判定基準を明確に定め、身体障害者の様に立場を保護し、健全な社会生活を送れるような体制作りに積極的に取り組むできと考えます。

- from 吉田壮秀 -

--綿の体験--

精神障害者と同様、視覚障害者や聴覚障害者への偏見も根強いですね。
企業が、障害補償等、必要な就労支援をすれば、ホワイトカラー職種の大部分では、問題なく働けます。
私も、28年前、東海大学理学部物理学科卒業後、就職活動をしましたが、弱視を理由に、ほとんどの企業を、不採用になりました。
当時は、視力0.3で、健常者と変わらなかったのですが、数年前の眼底出血で視力が落ち、げんざいでは、0.1です。

- from ボロ王 -

--偏見は理不尽ですが、やむを得ないとも思っています。--

前回のコメントへのお返事、今見ました σ(^_^;)
ありがとうございます。

最近(?)、理不尽、理解不能な事件や出来事が、
どんどん増えているように感じますね。

偏見については、
私は、自分自身にやましい事はないので、
精神障害についても、
社会福祉制度を利用している事も、
社会保障制度を利用している事も、
オープンにしていますが、
(yumiさんも同じ気持ちかな?)

たまに心をナイフで刺されますね。

瞬間的に怒りも感じますが、
もし、私が労災から始まった様々な闘いを経験していなかったら、、、
恐らく、私も、労災被害者や精神障害者等の気持ちや立場を理解する事は出来なかったように思います。

昨今の生活保護問題のテレビやネットでの理不尽で無責任、無理解な言動、行動を見聞きしていると、
いくら正しい事であっても、未経験者には絶対に理解出来ないだろうと、
つくづく感じます。

すごく悔しい現実ですが、
闘うパワーが出ないのが実状ですね。

今は、
贅沢は求めないので、
優しい女性と再婚して、子供が欲しいですね。
でも、そろそろ、年齢的に子供は諦めないといけないのかなって思っています。

労災認定、裁判が終わるまでは、
怒りと悔しさがパワーになって、
闘い続ける事が出来ましたが、

次の目標である、再婚、子供については、
怒りや悔しさとは正反対の方向なので、
なかなか前進出来ませんね。

なんだか、近況報告のお手紙みたいになってしまいましたね σ(^_^;)

また、忘れた頃に(?)お邪魔しますね (^_^)

頑張り過ぎないようにしてくださいね。

- from メリッサ -

--コメントありがとうございます--

吉田壮秀さん
コメントありがとうございます。メンタル疾患への偏見は未だに大きいですよね。

ボロ王さん
>精神障害者と同様、視覚障害者や聴覚障害者への偏見も根強いですね。
壮なんですね。障害者への偏見はありますよね。

メリッサさん
裁判が終ったら、私は別の目標を持って生きて行こうと思っています。今も、裁判にはなるべく振り回されないような生活を心がけてはいるんですけど難しくいのが現状ですが、少しずつ、私生活を充実させています。

- from yumi -

   非公開コメント  
東電OL殺人事件のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yumi

Author:yumi
女性技術者。重光由美。うつ病を患って休職中に解雇されたため解雇撤回の裁判を(株)東芝相手に提訴しています。のんびりと療養していたのが一転、症状はジェットコースター。裁判はうつ病にとっても悪い…それでもうつ病との闘いは続くのであった。




応援コメントありがとうございます。体調の悪化等により、コメントの返信できずにスミマセン。


注意
いわれのない誹謗中傷コメントには相応の対応をさせて頂きますのでご注意ください。

裁判サイト

裁判の詳細はこちらを
是非見てくださいね

●東芝うつ病解雇裁判
●重光由美さん支える会
☆支える会会員募集中☆


クリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ブログランキング

↑メンタルへルスブログランキングにリンクしています。励みになりますので一日一回クリックお願いします。


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

twitter


おすすめ商品

ヨガで心と体を癒しましょう


労災申請を考えてる人に

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QRコード

広告

CopyRight 2006 うつ病患者の裁判しながら日記 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /