ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
厚生労働省要請 
2011.12.03.Sat / 22:29 
厚生労働省要請行動は、
過労死家族の会、過労死弁護団共催で、労災申請闘争をしている当事者の声などを厚生労働省に届け、過労死過労自殺関係の労災認定や過労死防止を要請する行動、(でいいのかな?)だそうです。

今回私は、見学で、初参加しました。

要請行動に参加する人が、まず、9時50分に弁護士会館に集合、
全国から、過労死・過労自殺関係の遺族関係者が集まっていました。
厚生労働省(民間)と、地公災(公務員)とに別れ、参加者と弁護士が軽く打ち合わせた後、
私は厚生労働省要請の人たちと一緒に、弁護士会館の隣りにある厚生労働省へ

厚生労働省内の会議室に通されました。

会議室では、最前列に厚生労働省のお役人が11人並び、
向かい合わせて、過労死家族の会関係者合計約40名が座り、家族会側最前列中央に過労死弁護団玉木一成弁護士が座りました。
そして、玉木弁護士司会で、現在労災闘争をしている当事者15名が端から発言をしていきました。
厚生労働省要請行動、遺族側の席からとった様子です。


遺族の発言では、皆さん、家族を大変な激務で亡くし、今現在裁判や労災申請をしている状況を、涙ながらに切々と、訴えていました。時間は一人3~4分なのですが、どうしても訴えが長くなってしまうのか、途中、玉木弁護士から時間が無いので短めにお願いしますと促される場面も・・・

途中から、参議院議員の姫井由美子議員が現れ、過労死や過労自殺がなくなる対策をお願いします、といったような発言(だったような)をしていました。


そして、最後に、厚生労働省側から、発言がありました。
以下、メモを取っていなかったので、正確に言った内容ではありませんが、こんな感じでした。

「本日は、大変貴重なご意見を承りましてありがとうございました。一つ一つの要請書を精査し、内容を良く把握したうえで、誠意を持って対応をさせていただきます。今回の皆様の貴重なご意見を、今後の労災認定業務に反映させ、労働行政を改善し、皆様の働きやすい職場を提供すべく今後の私どもの仕事に生かしていきたと思っております。」
とかなんとか。

はあああ??
なんだこの発言は。言ってることと、やってることが全然伴って無いじゃん。


そもそも、ここにいる家族会の人たちは、多くは労災不支給になり、裁判している人達や裁判でようやく労災と認められた人達で、労災認定が今もって企業寄りなのが良くわかっている人達なわけだし、それでこの発言?


そういえば、私も、労災不支給、審査請求、再審査請求、行政裁判と闘い、5年近くかかって、ようやく裁判勝訴した後も、役所からは、労災支給決定の葉書が届いたのみ。大企業東芝と一緒になって、私を苦しめておきながら、天下り役人厚生労働省からは、謝罪など全くないどころか、労災認定後、労災保険請求に労働基準監督署を訪れたら、労災の打ち切りがあるから等々の話をされ、冷たい態度だったなあ、

と、これまでの厚生労働省から受けた仕打ちを思い返し、未だに裁判が続いていることへの恨みもこみ上げてきて、
「その発言、きちんと行動していますか?東芝は労災認定後も厚生労働省の労災決定を否定してるんですよ。2名も労災を出した会社を指導しないんですか?」
等々質問したくなるのをこらえつつも、

それにしても、個々の事例に対しては相変わらず冷たい対応なのに、家族会になると、厚生労働省からは、こういう発言が出てくるのか~
と、いろいろと、カルチャーショックのようなものを感じながら、

厚生労働省側の、耳を疑うありえない、誠意のこもった発言で、厚生労働省要請行動は終わったのでした。

正直、前日一睡もできなかった状態で参加した私は、要請中、何度か眠気に襲われたのですが(遺族のかたには申し訳ないですが)、最後の発言のおかげで?眠気が飛んでしまいました。

要請行動が終わり、12時ころ厚生労働省を出たら、たくさんの人が厚生労働省前にいて、宣伝行動の準備をしていました。
家族会統一行動の、厚生労働省行動の次は、厚生労働省前での宣伝行動です。

厚生労働省前宣伝活動に続く

応援クリックおねがいしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング

COMMENT TO THIS ENTRY
----

私も参加したかったです。
12月2日に、再審査請求で行っていたので・・
メンタル面での会社への処罰等がないし、国はそんな会社を野放しにしているから被害も増える一方・・・・
声に出さないといけないと思い、私も再審査請求の時に言いました。

- from かぁか★ -

--おっしゃるとおりです--

私はいつも「どうせ日本の労働環境は、労災認定は・・・」のように
悲観的に決めつけていましたが、やはり何年も変わりない感じですね。

全ての政治家や公務員がこうだとは思わない・たくないですが、
何もしない風潮が圧倒多数を占めているからとしか思えず悲しいです。


処罰等もなく、メンタル不調者の復帰推進のようなこともしない。
これからも企業を甘やかし、労働者にツケを負担させるのでしょうね。

労災認定でも「企業に問題ない」となった時点で、被災者の問題?
と言っているようなもの、でも何が原因かを調べたら、
長時間労働・ハラスメントなど周囲からの原因なのにです。


こうやって訴える場を設けても、
国は「場を設けた」ということを実績に掲げる程度で、
その後に具体的に何をしたかをおろそかにしている・・・


労働者として、みなさんも私も悔しい思いです。
yumiさんと、ここに来られる皆様にとって
今後も満足いく活動となるよう願っています。

- from 葛飾かっちゃん -

--コメントありがとうございます--

かぁか★さん
>メンタル面での会社への処罰等がないし、国はそんな会社を野放しにしているから被害も増える一方・・・・

私も同感です。私の行動で、少しでも変わればと思っているのですが。かぁか★さんもいろいろ頑張っているようですね、大変でしょうが頑張ってください

葛飾かっちゃん さん
メンタルの病気は、個人のせいにされ、偏見が強いですが、少しでも社会が変われば、と思ってはいるのですが。

- from yumi -

   非公開コメント  
厚生労働省要請のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yumi

Author:yumi
女性技術者。重光由美。うつ病を患って休職中に解雇されたため解雇撤回の裁判を(株)東芝相手に提訴しています。のんびりと療養していたのが一転、症状はジェットコースター。裁判はうつ病にとっても悪い…それでもうつ病との闘いは続くのであった。




応援コメントありがとうございます。体調の悪化等により、コメントの返信できずにスミマセン。


注意
いわれのない誹謗中傷コメントには相応の対応をさせて頂きますのでご注意ください。

裁判サイト

裁判の詳細はこちらを
是非見てくださいね

●東芝うつ病解雇裁判
●重光由美さん支える会
☆支える会会員募集中☆


クリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ブログランキング

↑メンタルへルスブログランキングにリンクしています。励みになりますので一日一回クリックお願いします。


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

twitter


おすすめ商品

ヨガで心と体を癒しましょう


労災申請を考えてる人に

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QRコード

広告

CopyRight 2006 うつ病患者の裁判しながら日記 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /