ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
裁判疲れが 
2011.09.30.Fri / 17:13 
9月21日の最高裁要請から一週間経ち、ようやく疲れも取れ、生活が落ち着いてきました。

最高裁要請は、朝のビラ配りと、最高裁の中に入っての書記官への要請行動だけなのに、なぜか酷く疲れてしまい、一週間以上経つのに、まだ疲れが残っています。

私的な用事で外出する場合とくらべ、疲れが酷い。
気分の落ち込みも酷いし、生活も乱れて、未だに寝付けない日や1日寝込む日が続いています。。

最高裁への要請行動は、被告会社に会うことも、不快な被告の書面も読むことも無いのに、なぜこんなに疲れるのか、全く不思議。

やはり、裁判と言うのは、緊張する出来事、なのでしょうか。
上司の証人尋問では、解離症状を起こし記憶を飛ばしてしまったりしたわけだし。

そして不当としかいえない判決であっても、世間は判決の内容を正しいと思ってしまう。

といって、今のままの不当な判決文がまかり通ってしまうことは、やはり耐えられないから、
正当な判決が出るように、最高裁では、頑張るしかないのですが。

日に日に回復しているので、もう少ししたら最高裁要請前の状態に戻れるだろう、ということで。

それにしても、自分では制御が出来ない、難しい病気を患ったなあと改めて思う今日この頃。

早く裁判自体が正当な結果で終わり、病気の原因であり強い恐怖心のある会社が誠意ある対応をしてくれることを願いたいのだけど、それは時間がかかりそうですねえ。




応援クリックおねがいしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング


COMMENT TO THIS ENTRY
--うつ病の裁判--

はじめまして。

大分県でも、県職員が職場の上司や同僚たちからパワーハラスメントを受けて適応障害等の精神疾患にかかり、休職中に免職されたことへの取り消しを求めて裁判が始まっています。

大分県という地方自治体の上層部も、幹部らの不法行為を隠蔽して証拠となる公文書を墨塗りでしか開示しなかったりと悪意のある態度で出ているそうです。

このような次元の低い人間で構成された組織と戦う原告を応援するとともに、yumiさんを応援したいと思います。

- from めぐみ -

--大分県職員の事件--

大分県にも東芝がありますが、yumiさんのおっしゃるように組織の体質はあまりよくないと聞きます。これも、大分県という行政の組織が悪いのと関連がありそうです。

2009年7月の大分県職員健康管理審議会精神科部会では、3人の産業医が大分県の上層部と癒着して故意に誤診をしたことが、公開された公文書の健康管理審議会記録や所属長意見書などから発覚しました。法的には中立でなければならない産業医が不正に関わった大分県の事件は、yumiさんの裁判と何か共通するものがありそうです。

- from めぐみ -

--はじめまして。--

8月末、不当な異動を言い渡され、その夜から眠れなくなり、鬱症状になってしまいました。

9月中は部長からの執拗な面談を何度も受け、それでも10月からの異動は決定しているということで、現在の職場から私の名前が消されました。

保育士という仕事柄、保護者や子ども達の前では笑顔で頑張って来ましたし、若い保育士に不安を与えることは出来ません。
とにかく、出来る限り戦おうとは思っていましたが、凹むことも多く、ネットでこちらにたどり着きました。

今後もちょこちょこと拝見させていただきたいと思います。

- from でんでん虫 -

--うつ状態--

はじめまして。

私は、大分県中津市に住んでいます。

元大分県職員がパワーハラスメントでうつ状態となり、大分地裁へ大分県を提訴した事件を知って支援しています。

yumiさんの事件解決を参考にしながら、大分県のずさんな上層部の体質を崩していきたいと考えています。

- from 宇都宮公子 -

--コメントありがとうございます--

めぐみさん
これからの闘いは大変だと思いますが、頑張ってください。たまには力を抜いてくださいね。

でんでん虫さん
コメントありがとうございます。いろいろ大変でしょうか、またの訪問をお待ちしています。

宇都宮公子さん
コメントありがとうございます。私の事件が参考になれば幸いです。

- from yumi -

--私も一言--

はじめまして。
私は福岡市東区西戸崎出身で、九州産業大学付属九州高校から鹿児島大学水産学部、九州大学大学院農学研究科へ進学しました。

私の知り合いの大分県の水産技術職員によると、大分県庁の上層部である大分県水産試験場長たちが部下の職員の自宅へ押しかけ、職員の両親にまで「おまえの息子は仕事がまったくできない。何をやってもだめな男だ。」などとパワーハラスメントをやって、職員をうつ状態などの精神疾患へ罹患させた非常にひどい事件が起きたそうです。

このように大分県庁という公的な組織でも、上司によるパワーハラスメントが存在するのです。

yumiさんの事件と合わせて解決に向けてできることは何でもしたいと考えています。

- from 楠本賢一 -

--裁判疲れますよね…--

裁判は両方とも自分が正しいと思ってやってます


証拠がしっかり揃って、弁護士が普通に仕事すれば基本的に問題ないと思います


僕も証拠をしっかり揃えて弁護士さんに頼みました


裁判所は双方の提出証拠・弁護士の弁護力から判断しますから


自分が正しいという証拠を揃えて弁護士さんがしっかり弁護して勝訴判決を勝ちとって下さい

- from 通りすがり -

--裁判は原告の意思が重要です。--

通りすがりさん
>裁判は両方とも自分が正しいと思ってやってます
会社側は、自分が正しいと思ってやってはいないでしょう。嫌がらせや証拠の改ざんに務めてきましたから。、
>裁判所は双方の提出証拠・弁護士の弁護力から判断しますから
民事の場合、裁判所は、双方の提出証拠や弁護士の弁護力だけではなく、原告被告の態度も見て判断します。どうすれば迅速に事件が解決するか、判決後控訴や上告をしないか、ということを判断する場合が多々あります。
要は、原告側が泣き寝入りしそうだったら会社側の提出証拠に矛盾があっても、会社有利の判決も出します。
通りすがりさんも裁判をしているようですが、弁護士はあくまで代理人です。裁判をしているのは原告で、決して妥協や泣き寝入りするつもりは無い、という強い意志を持って是非、裁判を闘っているください。

- from yumi -

   非公開コメント  

プロフィール

yumi

Author:yumi
女性技術者。重光由美。うつ病を患って休職中に解雇されたため解雇撤回の裁判を(株)東芝相手に提訴しています。のんびりと療養していたのが一転、症状はジェットコースター。裁判はうつ病にとっても悪い…それでもうつ病との闘いは続くのであった。




応援コメントありがとうございます。体調の悪化等により、コメントの返信できずにスミマセン。


注意
いわれのない誹謗中傷コメントには相応の対応をさせて頂きますのでご注意ください。

裁判サイト

裁判の詳細はこちらを
是非見てくださいね

●東芝うつ病解雇裁判
●重光由美さん支える会
☆支える会会員募集中☆


クリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ブログランキング

↑メンタルへルスブログランキングにリンクしています。励みになりますので一日一回クリックお願いします。


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

twitter


おすすめ商品

ヨガで心と体を癒しましょう


労災申請を考えてる人に

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QRコード

広告

CopyRight 2006 うつ病患者の裁判しながら日記 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /