ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
症状改善してる 
2009.10.31.Sat / 18:39 
ここのところ外出続きです。
17日の土曜日は、かねてから約束だった友人と飲み会。友人の知り合いのでうつ病の人が、同じうつ病の私と話をしたいという話があり、最近体調もずいぶん落ち着いてきたので会うことになりました。同じうつ病人として話をしたいとの事だったのですが、ただの楽しい飲み会、という感じになってしまったようです。。

2日後の月曜日には急遽入ってきたTV番組の取材。これは4日前に連絡があり、放送まで日にちがないということで、急遽取材。残念ながら、番組の趣旨と違うということで結局今回はTV放送は見送りとなりましたが。

さらにその3日後には、2時間かけて東京の弁護士事務所まで出かけていって打ち合わせ。
そのまま泊り込んで翌日は、東京のカイロプラクティックに

そして3日前は、年金の免除申請をやめて支払いを開始するため、熊谷の社会保険事務所へ

外出続きでしたが、こんなに外出続きなのに、そんなに疲れてない。
もちろん、外出の次の日には疲れて寝込んでいるのですが、疲れをそんなに引きずらない。
以前に比べ、症状が格段に良くなってる事が実感できます。

行政訴訟勝訴直後は、心からうれしいと思えたのですが、その後、燃え尽き欝のような状態で症状が悪化したり、実家に帰って「精神疾患への偏見やら無理解」を感じて、精神的に安定しない時期もありましたが、ここへきて、症状は、ようやく落ち着いてきたようです。

やった~、勝訴して症状の回復が実感できるようになった!

昨年東芝の裁判で勝訴したときは、控訴され、行政訴訟と2つの裁判を抱える中で、症状はむしろ悪化傾向、証人尋問、結審・判決など、精神状態が不安定になることもしばしばでした。
「せっかく裁判に勝ったのに症状がちっとも良くならない。もしかしてこのまま裁判に勝っても病気は良くならないんじゃないか」、と思う事もありました。

しかし、ここにきて、信じられないくらいの症状の回復。
やっぱり裁判に勝つことは治療になってる!
これで、今も継続中の東芝との裁判が最終的に良い形で決着をつけることができたら、長引いている病気のさらなる回復も期待できます。
うれしいですね~、裁判を続けてきた甲斐がありました。

そうはいっても、今は症状に波があるのは事実で、今は体中のコリはすごいし不眠もしばしば。
睡眠は相変わらず安定しません。

まだまだ続く裁判ですが、自分を病気にした原因である会社を相手にした裁判に勝つこと、周囲に理解をしてもらうことがとにもかくにも病気の治療になっているのは確かだと思います。

暗中模索の裁判しながらの治療生活ですが、なにが治療になるのかわからない、この先も治療も裁判も無理しないようにがんばって行きたいと思います。


応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング


COMMENT TO THIS ENTRY
--もうじき復職--

始めまして。
私も過労で労災申請・休職をしていました。そのときにこのサイトを知ってだいぶ勇気付けられました。(特に手続きの流れなど)。

思い返せば3年ほど前、半年間ほど月150時間以上の残業で調子がおかしくなり、周囲に自殺をほのめかしたりする始末。そこで休職に突入したのが2年前。その時の人事の一言は「労災申請は会社に喧嘩を売るのと同じだぞ」・・・・それを無視して申請して以来、人事の態度は豹変。もうここには書ききれないほど嫌と言うほど人事と上司には嫌がらせをされました。

その後も、人事の調査報告は嘘ばかり。カルテの改ざんコピーの提出、作り話は当たり前。結局は、労災時の資料請求を労基局に出して会社や医師の報告書を入手したり、カルテ開示請求、休職前後からのすべての会話の録音などやることはやっていたので、嘘だらけだとわかったわけですけど、まぁ今もですが、人事はしたい放題やってますね。
結局このときに得たものは、「人事(会社)に逆らう奴は、自らが法を犯してでも辞めさせたいんだな」ということです。社内のコンプライアンス室に相談するも、同じ作文の回答が帰ってくる。そう、結局は人事が絡んでいるんですね。でも、こことやり取りしているといろいろあくどい事が打ち出の小槌のように出るわ出るわ。

一時は、非道な対応に悩まされ病状は悪化する一方でしたが、「お金で済むものならそうしよう。よし弁護士に頼もう!」と決心。気分がすーっと晴れました。それに、前述の会社のアクドイところも顕著になるので、今となっては、相手の回答に対してどう回答文を考えるのが楽しみにさえなっています。
その後は、体調も半年ほどかけてぐんぐんよくなりいよいよ復職後の初出勤日が目前です。

でも、これから過労時代サービス残業などの裁判とかがありますし、何よりも会社からは相当厄介者として扱われていることは間違いないですが・・・これはなんとかなると思うことにします!
あとは入社直後の過労から発病した持病?であり労災不認可の原因となった不眠症との戦いだけです。仕事中に睡魔が着ませんように・・・。(ちなみに、不眠症とは付き合いは長く、入社2年目の過労時の時点にさかのぼります・・・だから精神疾患の発病日がもう14年前のことだから不認定なんだそうです。)。

ちなみに私も yumi さんと同じ大手の家電メーカーです。やはり製造業は大手とか関係なく体質は古いですね。
お初で長々すみませんでした。ついうれしくて書いてしまいました。

- from 北キング -

--立派な環境調整--

睡眠薬を減薬なされてから、およそ10日ほどですね。
相変わらず睡眠が安定しないとのこと。
重光さんを取り巻く環境を考えると、その精神力に感銘します。
体力的な行動力が改善されていらっしゃるとのこと。
これぞ立派な環境調整といったところですね。
これからもお体大切になさってください。

- from 地裁利用している者 -

--コメントありがとうございます--

北キングさん
復職しながら裁判は大変なのではないかと思います。うまくいくように祈っています。

地裁利用している者さん
いつもコメントありがとうございます。
>睡眠薬を減薬なされてから、およそ10日ほどですね。
ブログに睡眠薬減薬したと載せたのが10日前なので、減薬自体は1か月以上前になります。

- from yumi -

--良かった(*^^*)--

回復に向かい、本当に良かったですね。

yumiさんのおかげで、私も前への進み方が見えてきました。

行きたい方向はわかっていたけど、どうしていいのかがわからなかったので・

長く戦いが続くので、病気も悪化しますよね。

そうならない様に、監督所の方で、しっかりと判断できる体制を作ってもらいたいです。

ちゃんとできないなら、監督所は、必要ないと思います。

税金のムダです。

- from かぁか -

   非公開コメント  
症状改善してるのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yumi

Author:yumi
女性技術者。重光由美。うつ病を患って休職中に解雇されたため解雇撤回の裁判を(株)東芝相手に提訴しています。のんびりと療養していたのが一転、症状はジェットコースター。裁判はうつ病にとっても悪い…それでもうつ病との闘いは続くのであった。




応援コメントありがとうございます。体調の悪化等により、コメントの返信できずにスミマセン。


注意
いわれのない誹謗中傷コメントには相応の対応をさせて頂きますのでご注意ください。

裁判サイト

裁判の詳細はこちらを
是非見てくださいね

●東芝うつ病解雇裁判
●重光由美さん支える会
☆支える会会員募集中☆


クリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ブログランキング

↑メンタルへルスブログランキングにリンクしています。励みになりますので一日一回クリックお願いします。


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

twitter


おすすめ商品

ヨガで心と体を癒しましょう


労災申請を考えてる人に

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QRコード

広告

CopyRight 2006 うつ病患者の裁判しながら日記 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /