ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
睡眠薬減薬 
2009.10.20.Tue / 12:01 
通院の続き
テーマが異なるので、 別の記事にしました。

前回より、主治医より、睡眠薬を減らしましょうといわれ、睡眠薬減薬することになりました。

裁判が始まり、会社の嫌がらせ、嘘だらけの書面を見る度に症状が悪化し睡眠が安定しない日が続き、安定剤を飲みだし、睡眠薬は強いものに、種類2種類に増えました。
それでも、裁判の状況によって、睡眠薬を飲んでも全く眠れない日もしばしば、主治医に不眠を訴えると
「これ以上睡眠薬を増やすことはできません」
と言われていました。

安定剤はなるべく減薬に努め、飲んだり飲まなかったりを繰り返しながら、今年2月の行政訴訟結審くらいから全く飲まずに今に至ってます。(念のため、ストックはあります)

そして、睡眠薬の減薬開始
とうとう、ここまできたか~ヽ(^o^)丿
減薬開始だから裁判しながらの療養生活はまたも大きな前進です。

と喜んでいたのですが、ここのところ睡眠状態が良くありません。
昨日おとついと、睡眠薬を飲んでも眠つけなくて・・・

裁判が続いている以上、心からのんびりできて治療に専念できる状態になるのは、難しいのでしょう。

主治医曰く「今までが大変だったから、睡眠がまだまだ乱れるのは仕方がないこと。徐々に生活が規則正しくなったら睡眠も良くなっていくから大丈夫だよ」と力強いお言葉。
これまでたいへんだったもんな~でもこれからは良くなっていくってことか~

でも、眠れないとやっぱり苦しい・・・

大きな前進だけど、まだまだ続く、裁判生活です。



応援クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
COMMENT TO THIS ENTRY
--こんにちは--

うつってつらいですよね。そこでうつを治すコンサルティングがあります。1度無料でモニターになってみませんか?本当にコンサルティングでうつが治りますよ。もしよろしかったらご連絡ください。すどうゆうじ

- from すどうゆうじ -

--ごめんなさい--

先ほど投稿したコメントがあまりにも護持が多かったので、改めてコメントさせていただきます。

こんばんは。初めまして。
実は、私も以前20年間勤めていた職場で、トップと№2の二人の上司より、
・自分の意見をことごとく否定される
・全職員が集まっての会議で、自分が作った資料を発表したところ(特に問題のある内容とは思われないにもかかわらず)、「こんなのは話にならない」というような趣旨のことを言われ、大声で怒鳴られた。
・自分ばかりでなく、パート職員まで、1日1時間以上はサービス残業しなければ成らない状況の改善を訴えても、「そんなのは、個人個人の仕事のやりようで何とでもなる。日ごろから早く帰るようにとは言ってるが、定時で帰られても困るんだよ」等といわれた。
・夜勤もある変則勤務で、しかも休日にまで自宅で書類作成などのサービス残業をしなければならないほどの過重な仕事量。サービス残業は、ここ10年以上月に80時間を越えることが多かった。
・さまざまな役割を担わされ非常に多忙であった
・自分は中間的な立場で、同年齢の職員もおらず、仕事の悩みを打ち明けられる人間もほとんどいなかった。 など

一言で言えば、上司のパワハラめいた言動と、過重な労働が原因で、昨年6月に鬱病を発祥し、2ヶ月休職し職場に復帰しようとはしましたが、またもや上司が「戻るなら、最初から100%の働きをするべき。もし急に調子が悪くなって休まれたら、俺は他の職員にどう説明したらいいかわからん」と私の目の前で頭を抱えたりと、配慮のかけらもない言動をしたので、復帰を断念し、退職しました。その後、一旦は就職したのですが、そこでもいじめられ、1ヶ月半で退職に追い込まれました。それからは就職面接をしたのですが、20社以上落ちました。
今現在は、アルバイトで働いています。病気は落ち着いていますが、経済的に大変苦しい状況です。

今年の4月に3度立て続けに自殺未遂を起こし、地獄の縁を覗いてから、鬱病にされた原因を追求したいと考え、弁護士に依頼して、現在損害賠償訴訟と、公務災害(労災に当たるもの)申請に向けて準備中です。
ただ、タイムカードもなく、上司の言動を記録した公文書もなく、現役の職員が証人になってくれる可能性もないし、日記もつけていなかったので、証拠はほとんど0に等しいところが辛いです。
少し書いていたメモ類も、見るのが辛くなり捨ててしまいました。
但し、私が作成した資料類の作成日時がPC内に残っていたりなどわずかな証拠もあるので、裁判所に証拠保全命令を出してもらぅことを考えています。

これからどうなるか、精神的な負担はかなり大きく、鬱病再発の恐怖はありますが、この問題にはぜひ決着を付けたいと思っています。
yumiさんの裁判関係の記事など、これから大いに参考にさせてもらいたいです。

長文駄文で大変失礼いたしました。
尚、私のブログ「グティのおかしな写真館」で、これらの経緯をアップしてありますので、もしもよろしかったら覗いてやってくださいまし。ブログ中の「人生七転び八起き」という記事から「弁護士」という記事までが私の鬱病体験記(現在進行形)です。

- from グティパパ -

--コメントありがとうございます--

すどうゆうじさん
コメントありがとうございます。治療にはカウンセリングも重要ですよね。

グティパパさん
重複投稿となったので最初のコメントは削除させて頂きました。裁判にならない事例が多い中、裁判まで持っていけるということは、勝つ可能性がありますので、大変な道のりになるとは思いますが、頑張ってください。

- from yumi -

   非公開コメント  

プロフィール

yumi

Author:yumi
女性技術者。重光由美。うつ病を患って休職中に解雇されたため解雇撤回の裁判を(株)東芝相手に提訴しています。のんびりと療養していたのが一転、症状はジェットコースター。裁判はうつ病にとっても悪い…それでもうつ病との闘いは続くのであった。




応援コメントありがとうございます。体調の悪化等により、コメントの返信できずにスミマセン。


注意
いわれのない誹謗中傷コメントには相応の対応をさせて頂きますのでご注意ください。

裁判サイト

裁判の詳細はこちらを
是非見てくださいね

●東芝うつ病解雇裁判
●重光由美さん支える会
☆支える会会員募集中☆


クリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ブログランキング

↑メンタルへルスブログランキングにリンクしています。励みになりますので一日一回クリックお願いします。


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

twitter


おすすめ商品

ヨガで心と体を癒しましょう


労災申請を考えてる人に

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QRコード

広告

CopyRight 2006 うつ病患者の裁判しながら日記 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /