ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
裁判ホームページ更新 
2009.05.15.Fri / 16:16 
裁判ホームページを更新しています。
東芝・過労うつ病労災・解雇裁判

行政訴訟・第5回弁論準備
N医師意見書

今回特筆すべきは、直前に提出されたO大学N教授の意見書!
N教授の意見書の内容は残業時間に関する内容で、「残業時間60時間では精神疾患の原因にはならない」という内容のもの。

熊谷労基署は、法定時間外労働時間は、80時間以上であると、労災認定基準以上の残業時間を認めており、精神部会の意見書にもしっかりと「長時間労働が認められるため」という記述があります。
行政訴訟では、長時間残業を認めているのだから、「60時間では精神疾患の原因にはならない」という被告の主張は的外れといわざるを得ません。

東芝との裁判の判決文には、
「いずれにせよN教授の研究で優位さが見られたとする「60時間以上」というレベルを超えており」
という文章があり、「60時間残業が精神疾患発症に及ぼす影響」に関する意見書が提出されれば東芝との裁判では争点の一つとなり得るかも知れません。
N医師の意見書は、まるで東芝との控訴審のために書かれたような意見書で、きっとこれは東芝が控訴審で提出するんだろうなあと思っていたら、東芝はこの意見書が行政訴訟に提出されてから一か月も経たずに、自分たちの裁判で提出したいと言い出してきました。
大企業と天下りお役所の癒着などというまでもなく・・・

このN医師は産業衛生学会などでは有名な方らしく、弁護士も知っているそうで、
「このような意見書を書くとは、非常に残念」と言っていました。
その前に提出されたO医師の意見書と言い、今回のN医師の意見書と言い
産業医学界はどうなっているのでしょう。社会のメンタルヘルスを向上させる気などあるのでしょうか。

N医師の意見書全文はこちら
N医師意見書


さて、判決まであと3日となりました。
ホームページは次の第6回弁論準備が書きかけで、こちらも公開できるかなあというところですが、
ホームページの更新がどうしても気になり、それがストレスのようになっているようです。
裁判生活なので、結局は無言の圧力のようなものが常にあるのは仕方が無いのでしょう。
あと3日、とにかくのんびりして、判決に備えたいと思いますが、やっぱりぎりぎりまで更新作業をしてしまうような気がします・・・

判決まであと3日です。

応援クリックお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
COMMENT TO THIS ENTRY
--相互リンクのご依頼--

突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/doctor/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/doctor/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
qIxRRHEV

- from sirube -

----

伊藤さんが毎回ブログに不審な点や納得いかない出来事をお書きになりますが、大企業と国を相手の裁判なのでそういった非人道的な戦略じみた相手の対応は想像できます。司法もバカじゃないのですべてを鵜呑みにするわけがありません。むしろマイナスイメージとしてとらえるはずです。最高裁判決が出るまでは誰が有利だとか優勢だとか言っても落ち着かないとは思いますが心から勝利を祈っています。

- from 武田 -

----

N氏意見書>原告の時間外労働時間については、被告準備書面(1)の第3で述べたとおりであり、本件疾病発症前の6ヶ月間における時間外労働時間は、 平成13年3月 92時間12分、同年2月 71時間51分、同年1月 82時間13分、平成12年12月 88時間20分、同年11月 28時間36分、同年10月 時間外労働時間なし、である。

★発症前4ヶ月に注目しましょう。過重な労働であり、ストレッサーです。私の事業所の特別条項ですら、「残業は月80時間まで、それも年6ヶ月までです。」

N氏意見書>自宅での自由な時間は少ないものの生理的に必要な最小限度の睡眠時間を確保できないほどの長時間労働をした日が数週間にわたって連続したものとは認められない。

★憲法が保障する「健康で文化的な生活を営む権利」をないがしろにする暴言である。

O大学N教授、所属大学と氏名を知りたいものである。
これらを開示すると法に触れるのでしょうか?
専門職の発言は、氏名・所属等を明示して行うべきである。学会等での発表のように。

- from 労働者A -

----

武田さん
伊藤さんは重光さんの間違いでしょうか

労働者Aさん
コメントありがとうございます

- from yumi -

----

適切な結果が出されることを祈っています。

- from NIKE -

--労働の質の違い--

 私は50歳代のウツなんですが、コンピューターが導入されて以来、仕事の質が変わったように思います。
仕事の量、質ともに20年くらい昔の2~3倍位に増えているように感じます。効率化もここまでくるとひどすぎます。

- from かずお -

--祈り--

明日の勝利を信じています。

- from mayu -

----

yumiさん
明日は勤務先から応援してます。PCのぞくにも上司もいないので自由がききます。
勝利を祈ってます。ここに多くの支援者がいることを忘れないでくださいね。

かずおさんのコメントに加えて、「携帯電話」も。アレのせいで常に監視されてる錯覚を覚えます。メンタルヘルスにはいいことはないと思います。

- from KO -

   非公開コメント  
裁判ホームページ更新のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yumi

Author:yumi
女性技術者。重光由美。うつ病を患って休職中に解雇されたため解雇撤回の裁判を(株)東芝相手に提訴しています。のんびりと療養していたのが一転、症状はジェットコースター。裁判はうつ病にとっても悪い…それでもうつ病との闘いは続くのであった。




応援コメントありがとうございます。体調の悪化等により、コメントの返信できずにスミマセン。


注意
いわれのない誹謗中傷コメントには相応の対応をさせて頂きますのでご注意ください。

裁判サイト

裁判の詳細はこちらを
是非見てくださいね

●東芝うつ病解雇裁判
●重光由美さん支える会
☆支える会会員募集中☆


クリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ブログランキング

↑メンタルへルスブログランキングにリンクしています。励みになりますので一日一回クリックお願いします。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

twitter


おすすめ商品

ヨガで心と体を癒しましょう


労災申請を考えてる人に

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QRコード

広告

CopyRight 2006 うつ病患者の裁判しながら日記 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /