ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
行政訴訟の裁判官 
2009.03.13.Fri / 19:06 
友人画かいてくれた法廷スケッチが届きました。

5月18日に判決を迎える行政訴訟の裁判官です。合議制のため、裁判官は3名です。





渡邉 弘   裁判官 (裁判長:真ん中)
田中 一隆 裁判官
田辺 暁志 裁判官


真ん中が裁判長:渡邉 弘裁判官なのは分かっているのですが、右陪審、左陪審の裁判官の名前は、調査不足で今現在分かっていません
弁論準備では、裁判長(真ん中)と左陪審(向かって右側)の裁判官の2名が出席、右陪審(向かって左側)の裁判官は公判のみ出席しています。
合議制の裁判の場合、公判では裁判官3名出席が原則ですが、非公開の弁論準備では裁判官は全員出席する必要は無いそうです(チョット裁判情報)。

とにもかくにも
5月18日には公正な判決をお願いします。


応援クリックお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
* テーマ:裁判 - ジャンル:政治・経済 *
COMMENT TO THIS ENTRY
--素朴な疑問ですが--

自分のことで判決をくだす裁判官が誰が誰だか
わからないなんて、ちょっとおかしいですね。
だって、私たちは、来る選挙で最高裁の判事に
○か×をつけなくてはならないでしょう。(白紙も
あるでしょうが。)
今まで、誰がどんな判決を下したか、知る権利
があると思うんですよね。
誰のための裁判所なんだろう。

- from mayu -

--公正な判決--

今から5月18日(月曜日)のニュースを楽しみにしています。
公正な判決=勝訴のニュース以外考えられません。
予定があると少し気力が出ます。

今日も悪夢で目が覚め、カレンダーをみると3月14日。
7年前の今日、初診日でした。この時間にはもう仕事をしていた自分が今では信じられません。




- from けんおうせんたー -

--笹川総務会長--

彼の発言が新聞にのっていました。小さな1段記事でした。
「今、うつ病で休業していらっしゃる先生がたくさんいらっしゃる。国会議員には一人もいない。そんな気が弱かったら務まりませんから。」
国会議員にも、松岡さん始めたくさん自殺を図った方がいらしゃいますが、それは気が強くてできることなのでしょうか。
この10年間に教師の精神疾患は、10倍になりました。
「これ以上の多忙は無理」と、行政にすら言わしめる現状。
他の職業も同じ状況だから、裁判が頻発しているのに、全く
わかっていない、おんば日傘の二世議員。
うつ病にたいする偏見と差別に満ちた発言。
彼を罰することはできないのでしょうか。

- from mayu -

----

このイラスト書いた友人の方はすごく温かい人のような気がします。

- from ddd -

--なるほど--

合議制なのですね。その場合、非公開でも全員出てほしいと思ってしまいます。だれかわからないというのも、不思議ですね。大事なことを判断してもらうのに。名札をつけていませんからね。

笹川氏の発言はひどいと思ったので、彼のHPに、抗議メールが何通着ているか公表して欲しいという抗議メールを送りました。

- from ニャー -

--学会が抗議--

笹川自民党総務会長の発言について、日本生物学的精神医学会の倉知正佳理事長が15日声明を出したそうです。えらい!
「うつ病と気の強さ弱さとの関係は指摘されていない。」笹川氏に
うつ病患者の苦しみを理解し、対策、解明に努力するよう訴えた。

笹川良一という、親がもともと競艇で大儲けしたおかげで議員になれた人に他人の痛みがわかるのかどうか、疑問もありますけど・・・。

- from mayu -

--最高裁でも勝訴しました--

重光様

重光様の地裁勝訴判決を報道で知った時にメッセージを残させていただきました森川泰明です。重光様の勝訴判決にはずいぶん励まされました。

昨年11月に学校法人関西大学を相手取った私の裁判での高裁勝利判決をこのブログのコメント欄で報告させていただきましたが、最高裁で上告が棄却され、私の完全勝利が確定しました。ここにご報告させていただきます。

重光様の裁判でも、いつかは正当な判断が下され、大きな力を濫用する乱暴者たちにも裁きが下される日が訪れます。引き続きご健闘をお祈りします。裁判での勝利を獲得されるまで応援しています。

- from 森川泰明 -

--嗚呼。--

政権政党の大先生すらこの認識。
庶民レベルなら・・・仕方がないか。
過労で同病で倒れた方々、経営者から自殺に追い込まれないよう自己防衛してください。






- from けんおうせんたー -

--ともに--

>「国会議員には一人もいない。そんな気が弱かったら務まりませんから。」
★(某国の首相のように)職責を投げ出すことができる人は、うつにならないでしょうね。

>「うつ病と気の強さ弱さとの関係は指摘されていない。」
★そのとおりです。真面目(に仕事に取り組む)な気質の人が、うつ病になりやすい。
真面目に労働をする人々を「うつ」に追い込む労働環境を正す必要があります。

- from 労働者A -

--笹川議員への抗議について--

こんにちは。私もうつ病治療中のエンジニアです。

自民党の笹川たかし衆議院議員(群馬県選出)が3/14に大分県でした講演で、「うつ病になるのは気が弱い人」という趣旨の発言をされたことは、こちらでも話題になっていますね。
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090315k0000m010061000c.html
これはうつ病の実態を知らない暴言だと思います。
私は既に、自民党本部、笹川議員の秘書、自民党県連、笹川たかし後援会事務所に電話&メールで抗議の意思を伝えましたが、少しでも多くの方に抗議の声を上げて頂ければと思います。
 自民党本部 03-3581-0111
 自民党群馬県連 027-223-1515
 笹川たかし後援会事務所 0277-47-5121
 後援会アドレス info@e-sasagawa.com
 衆議院 03-3581-5111
 ※「笹川たかし議員の秘書をお願いします」と言うと秘書に繋がります。

 皆さんのご協力をお願いします。

- from よねとも -

--削除してくださいな--

みなさん、家出のおしらせさんのURLにはアクセスしないほうがよいです。

ギリギリの子が必死で助けを求めてる、との記載に、家出の掲示板ってなんだろう?とついついURLにアクセスしてしまいましたが、援助交際のサイトでびっくりしてしまいました。

胸を露にする女性。男性を誘う眼差しを無理矢理作って向けている女性たちの姿が痛々しいです。
家出のお知らせさんが、男性に向けて、彼女たちを救って神になってください。と言ってるのはもう理解不能です。

家出のお知らせさん、どうかここに、そんな書き込みをもってこないでください。
すぐに削除してもらえませんでしょうか。

- from M mama -

--笹川氏のことで--

由美さんは教員ではないので、ここを使って申し訳ないのですが、うつ病に関することなのでご容ください。
笹川氏にいっても仕方ないのかなと思って、国会の質問王、保坂展人氏に質問してもらえないかとメールしてみました。この方は、うつ病をきちんと労災認定させるべきだという主張をしていらっしゃるので。

- from ニャー -

--相互リンクのご依頼--

サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
Yw50lfr3

- from hikaku -

   非公開コメント  
行政訴訟の裁判官のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yumi

Author:yumi
女性技術者。重光由美。うつ病を患って休職中に解雇されたため解雇撤回の裁判を(株)東芝相手に提訴しています。のんびりと療養していたのが一転、症状はジェットコースター。裁判はうつ病にとっても悪い…それでもうつ病との闘いは続くのであった。




応援コメントありがとうございます。体調の悪化等により、コメントの返信できずにスミマセン。


注意
いわれのない誹謗中傷コメントには相応の対応をさせて頂きますのでご注意ください。

裁判サイト

裁判の詳細はこちらを
是非見てくださいね

●東芝うつ病解雇裁判
●重光由美さん支える会
☆支える会会員募集中☆


クリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ブログランキング

↑メンタルへルスブログランキングにリンクしています。励みになりますので一日一回クリックお願いします。


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

twitter


おすすめ商品

ヨガで心と体を癒しましょう


労災申請を考えてる人に

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QRコード

広告

CopyRight 2006 うつ病患者の裁判しながら日記 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /