ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
判決文 
2008.06.28.Sat / 21:15 
気が付けば、判決日から2か月以上経過していましたが・・・

判決日に要望があった判決文ですが、裁判ホームページにやっと判決文全文を載せました。
よろしかったら、御覧ください。
資料は友人がテキストファイルに起こしてくれました。手伝ってくれた友人に感謝。

東芝・過労うつ病労災・解雇裁判HP
http://homepage2.nifty.com/tsbrousai/
判決文全文
http://homepage2.nifty.com/tsbrousai/hanketubun.html

全部で62ページと非常に長いのですが、判決にあたる部分は50~62ページ
「2 争点に対する判断」の部分です。

ところで、控訴理由書提出後の疲れがまだまだ取れません。
頭痛は治まってきたんですが、日に日にクビや肩のコリが広がって行くような気がします。疲労感もなかなか取れません。
これって、ひたすら寝て疲れが取れるのを待つしかないんでしょうか、結構つらかったりします・・・
はああ

「判決日の出来事」、2か月以上経つというのに、まだ全部書けていませんね・・・。
書き終えてない事がなんとなく引っかかっていて、早く書き終わらせたいんですけど、ここは無理せずですね。

それにしても、こちらは締め切りに間に合わせるために必死になったのに、会社からの控訴理由書はまだ提出されません。
なんなんでしょうね~~

クリックお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
* テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体 *
COMMENT TO THIS ENTRY
--初めまして。--

初めまして。
「うつ」「裁判」・・
これから訴訟等を考えているので是非参考にしていと
思ってます。
パワハラ、自律神経失調症、不当解雇、窃盗騒ぎで警察沙汰・・
ここ数ヶ月で気が狂いそうな経験をしました。
事を進めたくても、ストレスからギックリ首(急性頚椎症)になった後遺症で梅雨に入って最悪な首と頭の痛みと安定剤等で集中力がなくて・・
今日はこちらを知っただけでもうれしく思ってます。
またお邪魔させてもらいます。

- from parsley -

----

・・・なんかすいません。
詳細は今度と思って今、判決のところを読んだら
以前PCニュースで覚えがありました。
良く読まずにコメントを残してしまって・・
失礼しました。

おめでとうございます!


- from parsley -

--ともに--

>会社からの控訴理由書はまだ提出されません。
>なんなんでしょうね~~
★よくある手口ですね。
私も経験しています。道理がないから書けない。
裁判所は、早期提出を強く指導すべきです。

- from 労働者A -

----

事件の内容は違いますが、会社で起きた事件にもかかわらず会社は、何もしてくれません。今会社に裁判費用とかの請求を行っています。

- from 本人訴訟 -

--ぐっすり休んで--

睡眠で疲れを取るしかないと思いますがね睡眠の質は大丈夫ですか。ぐっすり眠れると疲れも取れるのですがなかなかそうは行かないところがこの病気ですから。僕もぐっすり眠れるようになったのは裁判闘争もはるか前に終わったころでした。闘争の最中は緊張が取れずに寝ても寝た気がしませんでした。アル中にならない程度にお酒の力を借りて一晩ぐっすり休むというのも一つの手かと思います。

- from 高見元博 -

--久しぶりに覗きました。--

以前、インターネットのニュースで自殺された方が労災認定されたとの記事を読んで、重光さんも楽になるかなと少しだけ期待していましたが、やはり無理だったようですね。

でも、ゴールは見えて来たと思います。

同僚社員の自殺が労災認定された事の意味は大きいと重います。
それなりに常識的な裁判官であれば、控訴棄却か重光さんの勝訴しかないと思います。

私は一足先に休養させていただいていますが、重光さんにも早くのんびりとホントの意味での休養に入って欲しいと思っています。

他にもいろいろと書きたい事はあるのですが、労災認定された後、一気に力が抜けてしまい、気力がなくなってしまっています。

あ~ダメだ...
思考抑止で、文章がまとまりません。

また、体調の良い時に覗かせていただきますね。

支離滅裂でごめんなさい。

- from メリッサ@精神疾患労災認定済み -

--今日は--

重光さんの判決に勇気付けられ
本日初めて霞ヶ関の法律相談に行って来ました。

申し遅れました。私pontaは32歳の元リハビリの学生です。

4年制の夜学に通っておりましたが、
睡眠4時間等過酷な条件、指導者のパワハラを受け
4年目の実習中にうつ病を発症し現在も通院中です。

私の他にも同様のケースが起きていますが、
4年間で550万円という学費の高さから
経済的にも、精神的にも負担が大きく
泣き寝入りしているのが現状。。。

今日、霞ヶ関で相談しましたが、法曹界も
うつ病患者に決して好意的では無いのでは?
という印象を受けました。
(唯一弁護士が興味を示したのは学費の高さでした。)

ですが、私の様なケースが日本全国の医療業界の実習で
起きていて、決して公にされる事無く、闇に葬り去られている。

まじめにやっている者がバカをみる様な
世の中には私はしたくない!
と思うのです。

日本の裁判制度にも問題があるような気がしています。

- from ponta -

--コメントありがとうございます--

parsleyさん
訪問ありがとうございます。またお待ちしてます

労働者Aさん
>裁判所は、早期提出を強く指導すべきです。
同感です

本人訴訟さん
>会社で起きた事件にもかかわらず会社は、何もしてくれません
裁判を体験し、日本の裁判での労働者の立場の弱さを実感しています

高見元博さん
だいぶコリも取れてきたようです。
お酒は、あjまり飲まないようにと医者に言われてるのですが頭痛がひどいときなどはどうしても飲んでしまいます。

メリッサさん
お久しぶりです。勝訴の判決が出て、私は随分と楽になりました

pontaさん
>日本の裁判制度にも問題があるような気がしています
同感です。裁判での会社の対応のひどさ、それが大企業でさえもまかり通ってる日本の司法にびっくりしています。

労働問題を扱う弁護士は少ないとか。苦労が多い割りに勝ったとしても報酬はわずかですからね・・・

- from yumi -

--できる限り休んでください--

おじゃまします。

お酒の力まで借りなくてはならないのですか?
限界近くまで、無理を重ねているのではないでしょうか。
時間が許す限り、ゆっくり休んでください。

「判決日の出来事」、期待しないで、気長に待ってます。
本当に、できる限り、ゆっくり休んでください。


賛否両論あるのでしょうが、無理をしてまでコメントをつける必要はないのでは?と思います。
コメントがつかなくても、わたしは気にしませんが、みなさんも許してくれるような気がします。
もちろん、yumiさんがしたいようにされるのが一番ですが、無理はしないでください。

- from kalmia -

--はじめまして--

はじめまして。
私は6月からブログを始めました双極Ⅱ型障害のもも子です。
私の場合は最初うつ病と言われて病休中に解雇というか強制的に辞表を書かされました。その解雇がきっかけでうつのどん底に突き落とされようやく今這い上がってきたところです。仕事のせいでうつになり、しかも解雇ときたのでかなり恨んでしまいました。

実は、少し前に重光さんのニュースを私のブログで取り上げさせて頂き、今日重光さんのブログをブログ村の方から発見したのでコメントさせて頂きました。今日、全部の記事は読めませんでしたが、少しずつ読んでいきたいと思いますのでよろしくお願いします。

- from もも子 -

   非公開コメント  

プロフィール

yumi

Author:yumi
女性技術者。重光由美。うつ病を患って休職中に解雇されたため解雇撤回の裁判を(株)東芝相手に提訴しています。のんびりと療養していたのが一転、症状はジェットコースター。裁判はうつ病にとっても悪い…それでもうつ病との闘いは続くのであった。




応援コメントありがとうございます。体調の悪化等により、コメントの返信できずにスミマセン。


注意
いわれのない誹謗中傷コメントには相応の対応をさせて頂きますのでご注意ください。

裁判サイト

裁判の詳細はこちらを
是非見てくださいね

●東芝うつ病解雇裁判
●重光由美さん支える会
☆支える会会員募集中☆


クリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ブログランキング

↑メンタルへルスブログランキングにリンクしています。励みになりますので一日一回クリックお願いします。


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

twitter


おすすめ商品

ヨガで心と体を癒しましょう


労災申請を考えてる人に

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QRコード

広告

CopyRight 2006 うつ病患者の裁判しながら日記 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /