ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
行政訴訟・初公判終了 
2007.10.17.Wed / 20:19 
12月15日(月)、行政訴訟(労災不支給取消し訴訟)の初公判が東京地裁で行われました。

傍聴ありがとうございました。
傍聴人は15人と少な目、ちょっと寂しい初公判となりました。
前回の東芝との解雇裁判では50人来ていただいたのですが・・・

裁判に先立ち、別の裁判の判決言い渡しがありました。ほんの数分で終わりましたが、全く同じ時刻にまったく同じ法廷で2つの裁判が同時に行われたわけです。
弁護士に聞くと、短い時間の裁判も多いため、同時刻同法廷でセッティングされる裁判もけっこうあり、その場合、関係者が来た順に始めてどんどん入れ替えるのだとか。
へぇー
と思いながら、とりあえず傍聴席でその判決を聞いていました。

裁判官が「判決。○○署の労災不支給決定を取り消し、業務上とする」(といったような気がする)
弁護士「公正なる判決ありがとうございます。」(といったと思う)

その裁判内容はわからなかったのですが、労災不支給を取り消し、労災認定するという判決に、気分が良くなり、思わず拍手してしまいました。

そして、数分でその裁判は終了。
続いて私の労災不支給取消し裁判に入りました。

裁判官が交代して3名に、そして被告側(国)代理人3名が入場。
私も傍聴席から原告席に。被告側、裁判官と初顔合わせです。

裁判自体は淡々と進みました。
まず資料の確認。国は、結局当日になって、私の労災調査資料を提出してきました。資料は、ぱっと見て5cmくらいの厚さの量ありました。

その後、私が心をこめて意見陳述書を読み、続いて原告代理人が意見陳述書を読みました。

そして、今後の進め方について協議があり、被告側の書面の提出の予定により、次回は12月11日弁論準備(非公開)と決まり、裁判は20分もかからず閉廷しました。

労災不支給取消しの裁判がいよいよ始まりました。
3年経って、裁判で、やっと不当な労災不支給決定内容が表にでてくる。
明らかに不当な不支給内容なわけだから、早く裁判を終わらせたい、と思っているのですが、弁護士からは判決まで1年半くらいかかるだろうと言われました。

長い・・・
まあ、体調に気をつけながら、頑張っていくしかないのですけどね・・・


裁判自体は淡々としていて、疲れる内容ではなかったのですが、やはり長旅などで疲れ、当日翌日と寝込み、今日もまだ疲れが取れないでいます。


クリックよろしくお願いしますm(__)m
ブログランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
* テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体 *
COMMENT TO THIS ENTRY
----

あの裁判は上司による暴言のイジメで自殺した人の労災申請の裁判でした。上司に仕事が出来ないと判断されて、「お前は給料泥棒だ!」などの暴言で精神的に追い詰められて自殺したのを、遺族の親が労災申請したものです。暴言が自殺の引き金になったかどうか、またこの自殺は業務によるものだと、よるものかどうかが、争われたものです。いわゆるパワーハラスメント裁判。これまで上司の暴力は法的に制限がされて来たけど、暴言は「指導上の範囲内」とされ、労災認定から放置されてきた。これが覆された画期的な判決でした。これで遺族は会社や上司に損害賠償請求ができるはず。後は、国が上告しないと決まりでいいのですが・・。

- from 支援者・千葉のK -

----

yumiさん裁判お疲れさまでした。長くなるようですが頑張ってください!
千葉のKさん、やはりそうでしたか。朝日新聞にも画期的な判決と載っていた事件ですかね。昨日主治医からもチラリと話が出て「私も近いものがありましたよ。」と答えました。
私もパワハラと過重労働で精神疾患になりましたが新聞に載っていたような発言に近いものがありました。「消えてくれ」はありませんでしたが。
罹患前後では上司から
「お前やる気あるのか?会議でなぜ発言しない。お前転職活動しているだろう。違うのか!!そうに決まってる。正直に言え!!」これは都内某所のマックでお客の前で罵声を浴びました。1時間も。
その時は、転職活動はしていませんが「はいしてます。」となんて言えば解雇は避けられませんでしたかね。
皆がいるオフィスの中で「仕事を覚えない奴だ。お前なんかこのまま覚えないで給料が下がり、生活できなくなって結婚したばかりの妻と離婚すればいいんだ。いや、離婚するになるに決まってる!」一瞬ですが皆の眼前。くやしくて涙が出ました。
また、休職直前では言葉ではなくメールでの能力否定が続き(辞めさせたいときの常套手段ですが)
「契約社員、派遣ならいいのですが、あなたの資料作成コピーの時間は正社員、しかも住宅補助をもらっている人間ではどうかと思います。遅いです。」
これはメールで証拠として残っています。派遣社員への差別、明確な比較対象のない能力否定、解雇あるいは退職を誘発する指導に名を借りた能力否定。
許せません!!!
休職して色々考えており、ここにきてやはり労災申請を考えていますが、認められますかねえ。
国が上告しないで判決が確定したら申請は「今」かもしれません。

- from KO -

--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- from  -

--応援してます--

初めまして。
私も仕事でウツになりました。
結局、自己退職したのですが、サイトで労災扱いできる事をしりました。辞める前にしってたらと悔しい思いです。

- from メリ -

--コメントありがとうございます--

千葉のKさん、コメントありがとうございます

KOさん
上司というだけで、何をしてもいいのか、と思います。過重労働にパワハラ、つらかったのでしょうね。その思いを労災にぶつけたい、という気持ちなのでしょうか

メリさん
会社を退職した後でも、労災申請はできますよ。認定された場合、会社に慰謝料請求などができると思いますま。調べてみてはいかがでしょう

- from yumi -

   非公開コメント  
行政訴訟・初公判終了のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yumi

Author:yumi
女性技術者。重光由美。うつ病を患って休職中に解雇されたため解雇撤回の裁判を(株)東芝相手に提訴しています。のんびりと療養していたのが一転、症状はジェットコースター。裁判はうつ病にとっても悪い…それでもうつ病との闘いは続くのであった。




応援コメントありがとうございます。体調の悪化等により、コメントの返信できずにスミマセン。


注意
いわれのない誹謗中傷コメントには相応の対応をさせて頂きますのでご注意ください。

裁判サイト

裁判の詳細はこちらを
是非見てくださいね

●東芝うつ病解雇裁判
●重光由美さん支える会
☆支える会会員募集中☆


クリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ブログランキング

↑メンタルへルスブログランキングにリンクしています。励みになりますので一日一回クリックお願いします。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

twitter


おすすめ商品

ヨガで心と体を癒しましょう


労災申請を考えてる人に

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QRコード

広告

CopyRight 2006 うつ病患者の裁判しながら日記 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /