ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
裁判(進行協議期日)終了 
2007.09.08.Sat / 16:54 
9月6日(木)、東芝との民事訴訟、進行協議期日(非公開)が行われました。

裁判では、裁判官が原告被告と別々に話し合いをして和解を打診し、原告被告とも持ち帰って、和解について検討することになりました。

最終口頭弁論(結審)は予定通り
11月12日13:10~ 東京地裁710号法廷
に行われるため、その前に和解の可能性について話し合う場が設けられました。

次回裁判 10月4日(木)16:00~進行協議期日(非公開)
となりました。

いよいよ結審、判決だ、と思い裁判に望んだので、和解の可能性という意外な展開に少々とまどっています。
次回、どうなるのでしょうか?

夜中には台風上陸予定だったため、雨が降っているのに蒸し暑い一日でした。
帰りは、暴風雨の吹き荒れる中、駅から自宅までたどり着きました。

夏ばて、裁判疲れ、いろいろ疲れが取れません

クリックよろしくお願いしますm(__)m
ブログランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
COMMENT TO THIS ENTRY
----

最近、子供が「サザエさん」を見ているとちょっと複雑です。
本当は○清の○REEDOMのCMが目的なのかな?

この間、直接関係のないご家族やご親族のおかれた状況は察するに余りあるものがあります。このことを考えるとyumiさんも苦しんだこととお察しします。
東芝の関係者の皆様ご理解いただけませんか?

「痛切なるお詫びと反省」がない(絶対にないか・・・。)状況ではちょっと辛い気もしますが、良い条件で和解出来て本格的に療養に専念できればと願うばかりです。







- from けんおうせんたー -

----

和解の打診とは私も少々びっくりです。裁判が進み判決をもらい、もし全面勝訴なら大きな社会的なインパクトとなって企業のメンタルヘルスケアの意識が高まり、だんだん、社会全体がメンタルヘルスケアの重要性を意識する契機になると思っていましたので。
でもyumiさん、次回裁判まで時間が迫っており大変と思いますが今は疲れを取るため無理をせず休んで下さい。
応援してます。
それでは。

- from KO -

----

管理人さんにとっては和解の方が良いのでしょうね。
私もそれで良いのだと思います。
応援してくれてきた人達の多くは裏切られたと思うでしょうが。

- from ena -

--コメントありがとうございます--

けんおうせいたーさん、KOさん、いつもコメントありがとうございます。

enaさんコメントありがとうございます
>応援してくれてきた人達の多くは裏切られたと思うでしょうが。
私は、和解も勝利の一つだと思っています。

和解=会社が過労解雇事件に対し自ら間違いを認め反省する

判決=会社は自らに非は無いと主張し、裁判官の判決を仰ぐ

だと思っています。
ですから、裁判で、会社側から勝利的和解を勝ち取ることは、それは勝利だと私は思っています。

- from yumi -

----

前言撤回します。和解は勝利ですね。
それに裁判官の指示に従わない訳にもいかないでしょう。
最後のツメも緊張しますね。良い結果を得られる事を
期待しています。

- from ena -

--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- from  -

--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- from  -

--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- from  -

--かなり個人的意見ですが--

和解するかどうかについて、さまざまな意見があると思います。

裁判における和解という位置付けが今ひとつわからないのですが・・・。
すごいなと思うのは、この時点で、裁判所がyumiさんの主張を認めているということです(程度は不明ですが)。
逆に言うと、会社の嘘だらけの言い分も一部認めているということになる???
何だか悩ましい話ですね。

どこで落ち着かせるか?の問題のようにも思います。完全勝訴したとしても、「もう戻ってこない失われたもの」はある訳で、いずれにせよ「どこかで妥協」という面は残ると思います。一般用語としての「和解」ができるかどうかにもよりますよね。

私は、支援者として「どっちにして欲しい」というのは、特にありません。「(何でもする)会社を相手に1人で戦うのは大変なこと。少しでも力になれれば。」というのが、私にとっての支援の主旨なので、方向性さえ違わなければ、支援は続きますよ。

- from hiro4 -

--和解について--

> 裁判における和解という位置付けが今ひとつわからない
民法的に言えば、当事者双方がその紛争について互いに譲り合って紛争の解決を図ること(695条・696条)です。
いわゆる示談も広い意味での和解になります。
民事訴訟法では、裁判所は、いかなる段階においても和解を試みることができることになっています(89条)。ですから、最高裁判所で訴訟上の和解が成立する場合もあります。

最終的には、管理人さんが結果に納得できるかどうかと「落としどころ」でしょうね。
和解案がわからないので、具体的なコメントは差し控えます。

- from へるすぃー勝山 -

   非公開コメント  
裁判(進行協議期日)終了のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yumi

Author:yumi
女性技術者。重光由美。うつ病を患って休職中に解雇されたため解雇撤回の裁判を(株)東芝相手に提訴しています。のんびりと療養していたのが一転、症状はジェットコースター。裁判はうつ病にとっても悪い…それでもうつ病との闘いは続くのであった。




応援コメントありがとうございます。体調の悪化等により、コメントの返信できずにスミマセン。


注意
いわれのない誹謗中傷コメントには相応の対応をさせて頂きますのでご注意ください。

裁判サイト

裁判の詳細はこちらを
是非見てくださいね

●東芝うつ病解雇裁判
●重光由美さん支える会
☆支える会会員募集中☆


クリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ブログランキング

↑メンタルへルスブログランキングにリンクしています。励みになりますので一日一回クリックお願いします。


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

twitter


おすすめ商品

ヨガで心と体を癒しましょう


労災申請を考えてる人に

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QRコード

広告

CopyRight 2006 うつ病患者の裁判しながら日記 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /