ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
行政訴訟!! 
2007.07.30.Mon / 11:45 
行政訴訟提訴しました

裁判疲れも取れていない裁判3日後、弁護士から行政訴訟の初公判の日程が決まったと連絡がありました。

2004年9月8日、東芝を解雇前に熊谷労働基準監督署に労災申請しましたが、1年4ヶ月後に不支給決定。不支給理由は大企業東芝だからとしか思えない不当なもの。
その後埼玉労働局に審査請求→棄却→現在労働審査会に再審査請求中ですが
再審査請求は認定に時間がかかるため、行政訴訟することになりました。

東芝の切り札は、私の事件が労災不支給になっているという事。
大企業と天下り官僚の癒着では?としか思えない状況での不支給なのに・・・

一つの裁判の終わりが見えてきたのですが、新しい裁判が始まる。
ふうっ、いつ終わりが来るのか・・・

それでも
裁判では嫌がらせや威嚇、引き伸ばしに徹していた東芝。
そんな大企業と癒着官僚が勝つことが絶対あってはならない。
その思いで進んでいきます(でも休みたい・・・)

提訴は証人尋問前の7月19日でした。
弁護士が訴状を裁判所に提出。提訴は淡々と終わりました。

裁判が増えますが、密室で行われた「労災不支給」が裁判で正しく判定される、そう思っております。

ということで、証人尋問などいろいろばたばた状態なのですが、
とりあえず宣伝しておきます。

行政訴訟(労災不支給取り消し請求)提訴

初公判 10月15日 13:10~ 東京地裁722号法廷

裁判傍聴お願いします



まずは証人尋問疲れを取って、体調を整えなくては・・・


コメント・クリックありがとうございますm(__)m
ブログランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

COMMENT TO THIS ENTRY
--すばらしいとりくみ--

 yumiさんの行動は私のような敗北者に勇気を与えてもらえます。お役人様が駄目でも裁判官様にご判断いただくことも出来るんですね。私にも実際には難関がいくつもありますが、チャンスがあるのかも?と希望が出てきます。

また、毎回コメントいただきありがとうございます。
現状では何も出来ませんことお許しください。


- from けんおうせんたー -

--総論反対、各論賛成?--

「行政のやることなんてアテにならない」
行政トップの不祥事などが続く中、多くの人がそう思っていると思います。

でも、個別案件に関し、行政の決定事項を鵜呑みにする人が意外と多いように思うんです。気のせいでしょうか?

おそらくyumiさんも、不支給の決定を受けた時、周囲の「一部の人」に、「やっぱり労災じゃなかったんだ」という目で見られて、悔しい思いをしたのでは?と察します。

行政のやることのすべてがメチャクチャだとは言いませんが、間違いもいっぱいあるはず。「疑ってかかって当然」ぐらいの風潮になって欲しいものだと思います。

今回の訴訟は本当にすごいことだと思います。でも、無理はなさらないでくださいね。

- from hiro4 -

--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- from  -

--コメントありがとうございます--

けんおうせいたーさん
お役所では密室で決まってしまいますが、裁判は公開ですし、判決文に判決理由が書かれますから、少なくとも「納得いかない」と思えない結果は出ないと信じています。

hiro4さん
>個別案件に関し、行政の決定事項を鵜呑みにする人が意外と多いように思うんです。気のせいでしょうか?

そうなんですよね・・・
まさかの労災不支給になり、自分でもびっくりでした・・・
談合や不正が新聞を躍らせていると言うのに、天下り先の大企業とお役人が関係ないと、思うほうが不思議なのだ、ということに自分でも気づきました。

- from yumi -

--応援しています!--

yumiさんの法廷スケッチを見て本当に大変な闘いに挑まれているんだなあと実感しました。行政訴訟も加わり、とにかく必要以上に無理をなさらずに、、、。私があの場で実際に証言をすると考えると、、、、以前の健康だった体でも、すくんでしまうと思います。本当に正義は勝つ。繰り返しになりますが信じています。私は、会社との闘いの時、つらい時はyumiさんの闘いのことを考えて自分を奮い立たせています。

けんおうせんたさんの書き込みを見て、担当の労基署に、労災申請後の聞き取り調査について、もし、申請した場合調書作成の様子はどうなのか、電話で対応について聞いてみました。「精神疾患の労災申請に対する対応がひどいと聞いたことがあるが実際はどうなのですか。」と聞いたところ、
「真摯にしっかりと対応しています。でも精神疾患の場合、微妙な問題が多いのでかなり細かく聞きます。そのような事情が、そう感じる方もいらっしゃるのかもしれません。対応がひどいというのは個人の受け止め方、担当官によることもありますしなんともいえません。」のようなコメントが返ってきました。建前なのか、首をかしげざるを得ません。

今、会社とサービス残業についてもめています。現在の会社はタイムカードがなく、しかも「事前申請等がないと勤務として認めない」という文言が就業規則に入っており私の部署で残業は申請するものはほとんどおらず会社のやりたい放題です。「会社は労働者の勤務時間の管理をしていない」のです。私の適応障害の発症も、長時間残業のためでここを改めさせないと、、、、、と考えているからです。タイムカードの導入も何回(5回程)も求めましたが拒否されました。
労基法37条の条文の直接の解釈から、「事前申請等」など無効と考えておりそのような記載のある書籍もありましたので人事部長に見せ、相当なやりあいになりました。
私は病気療養のため定時退社の約束になっているのですが(書面での約束を求めるもそれも拒否されました)、それでも残業があり、その証拠を残すべく「無届け残業の申請」をしています。上司は認めない意思表示として、証人欄に捺印をせず、残業の承認をしておりません。
しばらくして様子が変わり、上司が「残業するのか?」「もう定時過ぎてるし帰って下さい」との対応に変わりました。そう、「会社は労働者の勤務時間の管理をしてきた」のです。今後が気になります。治療のためには良いのですが、ただあの殺伐とした、人のいないところでその人の能力を否定ばかりしている職場環境では、、、、、、。職場の環境を変えないと完治は難しい。でもひとりでの闘いは限界もある。
それでは失礼します。

- from KO -

--私はうつ病の現役東芝社員--

初めまして。私はうつ病の現役東芝社員です。
勤める工場ではうつ病患者が続出という最悪な状態です。

由美さんのことを他人事とは思えません。
東芝側が由美さんに対そて行ってきた言動や態度は東芝がやりそうなことですね。また、組合が組合員の味方ではではなく、会社の味方としているのも納得です。私は東芝労組は会社側のスパイだと感じています。

今の東芝では、技術職・事務職に対しタイムカードを廃止。そしてPCによる出退勤時刻の自動取得ソフトを導入。法定外労働の防止に取り組んでいるように見せかけて、実際は法定外労働を個人責任にすることと証拠隠滅を図るための工作と思われます。
なぜなら、法定外労働を強いられる人たち(私を含む)は個人責任でこの出退勤時刻の自動取得ソフトの機能をOFFにするからです。今は成果主義の時代。仕事量や責任は法定内労働時間を超える内容。しかも成果主義導入と同時に始まった上司のキーワードは「残業時間が多い分ボーナスを減らした」です。

過度の残業は怒られるネタとなり、成果を下げられるネタとなるのです。最近の東芝の利益拡大は企業努力ではなく、リストラと社員への給与引き下げ、そして社員のサービス残業増大によるものだと確信しております。

- from にぃ -

--コメントありがとうございます--

KOさん
>今、会社とサービス残業についてもめています。
サービス残業については、労働基準監督署に相談し、残業代の請求をするという形で指導をしてもらうと言うのはどうでしょう。
KOさんの会社の詳細はわかりませんが、私のサービス残業について受けたアドバイスです。ご参考に。

にぃさん
はじめまして。いろいろと共感できる部分があります。
少なくとも、体調が体調を崩さないよう管理することは、最低限会社のすることではないか?と思います・・・

- from yumi -

   非公開コメント  
行政訴訟!!のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yumi

Author:yumi
女性技術者。重光由美。うつ病を患って休職中に解雇されたため解雇撤回の裁判を(株)東芝相手に提訴しています。のんびりと療養していたのが一転、症状はジェットコースター。裁判はうつ病にとっても悪い…それでもうつ病との闘いは続くのであった。




応援コメントありがとうございます。体調の悪化等により、コメントの返信できずにスミマセン。


注意
いわれのない誹謗中傷コメントには相応の対応をさせて頂きますのでご注意ください。

裁判サイト

裁判の詳細はこちらを
是非見てくださいね

●東芝うつ病解雇裁判
●重光由美さん支える会
☆支える会会員募集中☆


クリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ブログランキング

↑メンタルへルスブログランキングにリンクしています。励みになりますので一日一回クリックお願いします。


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

twitter


おすすめ商品

ヨガで心と体を癒しましょう


労災申請を考えてる人に

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QRコード

広告

CopyRight 2006 うつ病患者の裁判しながら日記 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /