ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
図書館のメンバーが不安だと言われ 
2018.06.05.Tue / 10:24 
体調復調してきたので、ようやく、会社とのやり取りを報告できます。

4月27日の勤務先近くへの引っ越し後、
5月11日が、「研究開発センター」図書館の所属先の人たちとの顔合わせをする日、でしたが、
5月7日(月)に本社総務A主務より連絡があり、
前日の10日に、まず研究開発センター総務との面接を行いたいと言われました。
場所は、配属先の「研究開発センター」ではなく、川崎駅前の「川崎スマートコミュニティセンター」の会議室。

これは・・・また、私の配属を阻害する話では・・・

と思いつつ、5月10日に、川崎スマートコミュニティセンターに出かけました。

会議室に通され、会議室では、
本社総務 A主務
RDC総務 N主務
と、私の3名。

話はというと、

「職場復帰にあたり、ブログは書かないでほしい、配属先の研究開発センター[図書館]のメンバーがブログに書かれることを不安に思っている」
「ブログに書かないことを約束しないと受け入れられないと[図書館]のメンバーが言っている」
「図書館のメンバーの不安がなくなるまで、復帰はさせない」
と言った内容でした。

ブログを始めたきっかけの一つは、裁判開始前後から始まった、東芝からの嫌がらせを止めさせるため。
東芝が、私に全面敗訴した事を認めて謝罪し、嫌がらせ対応をやめ、誠意のある対応をすれば、私がブログを書くこともなくなるのに、
謝罪どころか、未だに嫌がらせ対応を続け、ブログを書かざるを得ない状況に追い込んでいるという根本を忘れて、
図書館のメンバーが不安だからと、ブログを書くなと言ってくるとは、盗人猛々しくて驚きます。

今度は、配属先の同僚の不安を利用して配属拒否の嫌がらせ対応ですか~、
ブログを書くのを止めたら、それこそ、東芝から何をされるかわかりません。


「私に謝罪もせず、私にブログを書かせ続けているのは会社の方針だから、図書館メンバーに仕事として対応するよう説明してください」
「メンバーが不安だという理由だけで不当解雇された私を配属しないというのは成り立たない、仕事なので対応してくださいと図書館のメンバーに説明をすれば良いだけ」
「メンバーとの面接を、配属先への配属を早急にお願いします」
等々言いましたが

研究開発センター総務N主務は
「メンバーの気持ちを考えて」
「メンバーが不安に思っているので、不安を解消するのに時間がかかる」
等々、私の配属を阻止しようと、しつこかったです。


本社総務A主務から
「図書館のメンバーとの面接の日程は早めに設定したいと思います、が、明日はさすがに無理」
と言われ、
翌日11日は、
所属長との面接を研究開発センターで行うことにしました。

しかし、5月11日に配属先の図書館に配属のあいさつに行く、事は、4月10日に決まった事なのに、1か月の間、東芝側は何をやっていたのか。
私の配属阻止の嫌がらせ対策をずっと考えていた、んですかね~、まったく・・・

そして、翌日11日に、川崎小向にある研究開発センターに行き、所属長と会ってきました。
続く


応援クリックおねがいしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
COMMENT TO THIS ENTRY
----

もう何がなんだかわかりませんね。私は職場の人の意見に同情します。正直言って怖い。。

- from  -

----

ブログのことであまり揉めると就業規則・労働協約上で重光さんが処罰される可能性はないですか?

- from 一労働者 -

----

ところで、今年の株主総会はどうされるのですか?

- from 一労働者 -

----

名無しさん
ほんと、正々堂々と解雇無効を勝ち取って復帰する社員に対し、嫌がらせして復職を阻害するなんて、自分が同じ立場だったら怖い会社だなあと思います。まして、嫌がらせに加担させられるかもしれないと考えると、不安ですよね。
会社が、私に対しきちんと誠意ある対応をすればいいだけなのにね。

- from yumi -

----

一労働者さん
>ブログのことであまり揉めると就業規則・労働協約上で重光さんが処罰される可能性はないですか?

その可能性があれば、東芝はとっくにやっていますよ。それができないから、同僚が不安だからブログを書くな、等々言いだしたんでしょう。

>ところで、今年の株主総会はどうされるのですか?
あ、引っ越しの体調悪化ですっかり忘れてました。
体調と相談して決めたいと思います。

- from yumi -

----

不安ですか。そんな不安を作ったきっかけは会社にあるですけど、、、。

- from ban -

--似たような経験--

退職強要の反撃で、視覚障害者に冷たい会社だと掲示板に書いたら、障害者団体からの抗議殺到で、私の会社が悲鳴を上げていたそうで、上司からやめてくれと言われ、大変面白かった。
不安の理由は、おそらくこれですよ。

- from ボロ王 -

----

ゆみさん、お久しぶりです。
引越、お疲れ様でした。
それにしても、復職なかなかですね…。
かくいう私たちも、復職拒否とパワハラが続いています。
4月の和解協議が決裂し、6月25日にやっと判決が出ることになりました。
私に対するパワハラは、恐らく一部認定されると思いますが、公開尋問の後で加害者役員から『仕事中メモを取るな!裁判で内情が公になって、迷惑かけたと思わんのか』と叱責されました。パワハラが続くのでメモを取らざるを得ないのに…。
その後、他の職員もメモを嫌がってるとか、情報漏洩管理とか理由をつけて、私のための追い出し部屋が用意されました。PCや協議用テーブル完備で、年間諸経費130万円もかけてです。
とりあえず、判決まで追い出し部屋行きは保留のようですが、私への懲戒通告書プランも合わせて画策中です。裁判で負けそうでも反省する気は皆無ですよ。
旦那の復職拒否については、無給で休職延長され続けていますので、別途損害賠償請求を提訴します。
ただ、残念ですけど、同じ職場で元のように働けるとは思っていません…。今は一円でも多く会社からお金をもらうという信念で闘っています。

ゆみさんの復職に対する前向きな思いが、受入側にも伝わりますよう、お祈り申し上げます。

- from ほたる -

----

それはやむを得ないというか、東芝側からしたら当然の言い分ではないですか?

裁判で争った従業員が復職したところで、まわりの同僚達は遠巻きに腫れ物に触るように接するしかないでしょう。
その同僚達の態度をこのブログで「嫌がらせだ」「復職妨害だ」と書き立てられることは東芝側も十分予想しているでしょうし、同僚達に不安に思うなという方が無理だと思います。

これまでも、このブログでご自身が如何に優秀作で有能かを語られてきたわけですから、賠償金を得た以上は、これ以上古巣にしがみついたりせずに、新天地を目指されてはいかがですか。

そのほうが、よほど前衛的だと思いますよ。

- from  -

----

それで、日大アメフト部の悪質タックルよりも酷い人事権濫用をやってきた東芝総務部は、リストラされないのかい?
メモリもPCも売却されるというのに、悪事で昇進した総務役職者が優雅に都市対抗野球の応援をしてるなんて、何様なんだ。ただの高卒のチンピラのくせに、天罰が下ればいい。

- from  -

----

さんざん叩きまくって、円満になれるわけがない。
会社、というよりか人に対して、これからスタートっていう肝心な時期に威嚇してばかりでご自分でイメージダウンさせているようにしか見えません。日々がんばっている、又、応援していた人達からすると、支持をする理由があるのでしょうか。

- from  -

----

どう見ても貴女にとって東芝は「味方」ではなく「敵」ですね
東芝にとっても労働争訟は会社の面子をかけた闘いですから、負けたからといって、本心では「はい、どうぞ」とは言えないでしょう
憎しみや恨みをもって研究開発センターの「図書館」で働くよりも、多額の賠償金を株式投資等で運用して人生を過ごされたらいかがですか
もしかして、賠償金は代々木の支援団体に巻き上げられて、もう手元に残っていないとか?

- from  -

----

banさん
本当、不安を作っているのは会社なんですよね~

ボロ王さん
どうなんでしょうねえ。

ほたるさん
コメントありがとうございます。人それぞれの考えがあると思いますが、私は復職を目指します。解雇無効を勝ち取った私には、復職する権利がありますからね。

- from yumi -

--復職を応援します。--

東芝を辞める必要は全くないと思いますね。お金だけでなく、解雇無効とセットの勝訴でしょう?定年まで勤めて周囲を見返してやりましょうよ。

- from 一労働者 -

--「譲歩」は、あり得ないのでしょうか?--

いわれのない誹謗中傷コメントには相応の対応をさせて頂きますのでご注意ください。-了解の上で、貴女に怒られるか、シカトされるかを分かった上で書きます。
「名無しさん」が書いているように、『裁判で争った従業員が復職したところで、まわりの同僚達は遠巻きに腫れ物に触るように接するしかないでしょう。その同僚達の態度をこのブログで「嫌がらせだ」「復職妨害だ」と書き立てられることは東芝側も十分予想しているでしょうし、同僚達に不安に思うなという方が無理だと思います。』に同感します。yumiさんは将来同僚になる人達の気持ちをご想像された事がありますか?例えば「復職を認めたらブログは止める」等、「歩み寄り」は出来ないのでしょうか?それに「裁判」には勝ったのですから、ブログも「復職日記」等に変えられたら宜しいかと存じます。失礼致しました。

- from 暴弩麗瑠 -

----

重光さんは、東芝の隠蔽・改竄体質の被害者だ。その体質の成れの果てが、東芝を解体に追い込んだ長年の不正会計。
重光さんをここで責めている東芝社員は、自分たちが沈没タンカーに乗っている現実を自覚しな。オタクらが乗ってるタンカーの底を壊したのは、自己肥大な経営判断と隠蔽経営。つまり、オタクらが責めるべき敵は、存命の佐々木則夫を含む旧経営陣と、その手先として隠蔽改竄、嫌がらせに動いた総務だ。

- from  -

----

ここで苦言を呈されている方たちは、むしろ重光さんを心配して、わざわざコメントを残してくださっているのだと思いますよ。

裁判の渦中に東芝側から足元をすくわれないために、常に臨戦態勢を維持し続けてきたのは当然だと思います。そのくらいの厳しさがご自身になければ、ご自分を解雇した企業から勝訴を得ることなどできなかったでしょう。ですから、このブログでも沢山の方が重光さんを応援し、コメントを残してきたのだと思います。

ですが、ここから先は、重光さんは東芝社員として復職を控えています。これまでいろいろな苦言があったように、裁判で争っていた「敵」の元に戻り、その被雇用者として職務に就くことになるのです。
そのような大切な時期に、ことあるごとに東芝に対して攻撃的な言葉を残されている今の重光さんを、皆さんは心配しているのです。

役員、上層部といった非組合員との関係もさることながら、職場において最も円満と維持しなければならないのは、同僚との関係性ではないでしょうか。
当然、すべての理不尽に目をつぶる必要などありませんし、そうした際に声を上げる必要があることもあると思います。
ですが、まだ新しい部署に復帰を果たしていない今の段階で、これから同僚になる社員達との関係に自らひびを入れるような行動が、今後の重光さんにとって後押しになるものだとは到底思えません。

そこを心配して、多くの方が、こうして苦言を呈されているのだと思いますよ。
全面的にご自身を支持する意見以外は「敵からの刺客」とさえ捉えられかねない今の状況は、本当に危険だと思います。

- from  -

----

名無しさん
IDをいくつも変えて書き込み、しつこいですね。
東芝の書き込みなのは見え見えですよ。東芝にとって都合が悪いブログ記事なのでしょうね。
社員が不安になってるのは、会社が敗訴を認めず嫌がらせをするからで、それを止めて、過去の過ちを反省し私に謝罪や誠意ある対応をすればいいだけです。

- from yumi -

----

暴弩麗瑠さん
コメントありがとうございます。
復職しない方が良い、という意見なのでしょう。私は、復職を希望していますので、意見が違う人の今後を温かく見守っていただけたらと思います。
全面勝訴したのだから、東芝も過ちを認め、早く誠意ある対応をしてほしいです。

ちなみに、もっとも大変な状況で、嘘の陳述書が複数提出されたりした元の職場の同僚達とは、とても良い関係のままで、街で会えば、話しかけてくれ、また(職場で)会いましょうと言ってくれます。
復帰もしてない職場の人に、同僚が不安と言われてもねえ、そんなことはどうにでもなりますよ、仕事ですから。

- from yumi -

----

一労働者さん
>東芝を辞める必要は全くないと思いますね。お金だけでなく、解雇無効とセットの勝訴でしょう?定年まで勤めて周囲を見返してやりましょうよ。

ほんとそうです。復職は、裁判で勝ち取った当然の権利です。

- from yumi -

--それは、違いますよ。--

yumiさん。コメを掲載して下さってありがとうございます。
私は、以前から、yumiさんの「復職」は当然の権利だと考えていますよ。
「復職しない方がいい」なんて、とんでもない事でございます。

私が「提案」したいのは、お互いの「譲歩」は、出来ないのだろうか、と言う事です。
yumiさんには、そして同僚の皆様にも、「気持ちの良い決着」が付く事を願って止みません。

- from 暴弩麗瑠 -

----

暴弩麗瑠さん
コメントありがとうございます。
裁判で解雇無効の判決が出ているのに、復職にあたり、配属拒否の嫌がらせをするとは、とんでもない事。
誰もが知っている、日本を代表すると言っていい会社の対応が、これでは、労働者の権利が低くなります。
弱い立場の労働者のためにも、中途半端に妥協する気は全く無い、のが私の考えです。

そもそも、裁判敗訴を認めず、謝罪も誠意ある対応もせずブログを書かせ続けるのは会社なので、配属先のメンバーの不安を作っているのは、会社なのです。譲歩も何もありません。会社がさっさと敗訴を認めれば、すべて解決します。

- from yumi -

----

配属拒否の嫌がらせ
労働者の権利
弱い立場の労働者
中途半端に妥協する気は全く無い
譲歩も何もありません
会社がさっさと敗訴を認めれば
配属先のメンバーの不安を作って(煽って)いるのは…

- from  -

----

名無しさん
しつこいですね。東芝の書き込みなのがもろばれですよ。
仕事なのに不安も何もないでしょ
不安だからという理由だけで、解雇無効を勝ち取った社員の配属拒否は、嫌がらせです。

メンバーも労働者です。
会社からの理不尽な嫌がらせに不安を募らせるのは労働者です。

- from yumi -

   非公開コメント  
図書館のメンバーが不安だと言われのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yumi

Author:yumi
女性技術者。重光由美。うつ病を患って休職中に解雇されたため解雇撤回の裁判を(株)東芝相手に提訴しています。のんびりと療養していたのが一転、症状はジェットコースター。裁判はうつ病にとっても悪い…それでもうつ病との闘いは続くのであった。




応援コメントありがとうございます。体調の悪化等により、コメントの返信できずにスミマセン。


注意
いわれのない誹謗中傷コメントには相応の対応をさせて頂きますのでご注意ください。

裁判サイト

裁判の詳細はこちらを
是非見てくださいね

●東芝うつ病解雇裁判
●重光由美さん支える会
☆支える会会員募集中☆


クリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ブログランキング

↑メンタルへルスブログランキングにリンクしています。励みになりますので一日一回クリックお願いします。


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

twitter


おすすめ商品

ヨガで心と体を癒しましょう

労災申請を考えてる人に

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QRコード

広告

CopyRight 2006 うつ病患者の裁判しながら日記 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /