FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
御用組合東芝労組 
2018.04.01.Sun / 11:35 
報告が遅れましたが、東芝労組に要請をしていたことにつき、12月15日付で返事が届きました。
「東芝労働組合 中央執行委員長 K委員長」名義で届いた文章を、公開します。

文章は丁寧ですが、結局、私の要望を「会社に言うだけ」で、会社から言われたことを、そのまま回答として書いただけの文章です。

特に、

3 不当解雇された私が会社に復帰する際に、会社に問題なく復帰できるよう支援をお願いします

(会社からの説明を踏まえた回答)
東芝労組として、職場復帰にあたり健康面に十分配慮した対応を行う様会社に申し入れました。会社からは、「今後も引き続き体調に配慮しながら対応してきます。」との回答が示されました


とありますが、東芝労組は会社に、何を申し入れたんでしょう。
会社からは、嫌がらせを受けて私の復職は難航してるんですけどね。
組合がきちんと機能していて、きちんと会社に申し入れをしていたら、会社も私への嫌がらせはしないでしょうに。

酷いものです。
組合の存在意義が見当たりません。
正に「会社の御用組合東芝労組」ですね。

そして、会社が裁判で、私の査定を低くねつ造した事について、
東芝組合に、私の賞与を提出し、調査をお願いしたところ、
会社の捏造に加担したとしか思えない資料が、東芝労組から提出されました。

本当に酷い御用組合東芝労組です。

私の査定についての東芝労組のねつ造回答は、また別途報告します。


以下、東芝労組からの回答文です。
画像をクリックすると拡大します。





応援クリックおねがいしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
COMMENT TO THIS ENTRY
--小向工場事件--

1995年から2013年まで、長い裁判闘争に勝って東芝労組を抜けた社員の気持ちがよくわかります。
東芝労組の脱退引き止めと、社外の組合に対する団交拒否が酷かったと、マスコミに言ってます。

- from ボロ王 -

----

ボロ王さん
東芝労組の御用っぷりは、酷いものです。

- from yumi -

----

御用組合の専従役員は、基本的に社内の人事と実質的に同じプロセスで会社から派遣されてますからね
組合員の組織なのに、実質的には、管理職も巻き込んで異動命令がなされ、数年後には戻ってくる。
組合費で賃金をもらっているものの、大部分の専従にとっては、数年で戻るのに、組合員のために頑張るなんてするわけもなく、一時の腰掛の我慢の時。
向いている方は組合員ではなく、会社側。

専従役員が組合員のために会社が嫌がることをしても評価される仕組みになってませんから当然です

三役レベルになると、課長をすっ飛ばした管理職の地位で会社に戻れますからね
組合員を代表する立場の人が組合を抜けると経営側の上層部に座っているわけですから、期待はできません

組合費を支払っている組合員が専従役員を査定できる体制に実質的になってないから当然です

- from taka -

   非公開コメント  
御用組合東芝労組のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yumi

Author:yumi
女性技術者。重光由美。うつ病を患って休職中に解雇されたため解雇撤回の裁判を(株)東芝相手に提訴しています。のんびりと療養していたのが一転、症状はジェットコースター。裁判はうつ病にとっても悪い…それでもうつ病との闘いは続くのであった。




応援コメントありがとうございます。体調の悪化等により、コメントの返信できずにスミマセン。


注意
いわれのない誹謗中傷コメントには相応の対応をさせて頂きますのでご注意ください。

裁判サイト

裁判の詳細はこちらを
是非見てくださいね

●東芝うつ病解雇裁判
●重光由美さん支える会
☆支える会会員募集中☆


クリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ブログランキング

↑メンタルへルスブログランキングにリンクしています。励みになりますので一日一回クリックお願いします。


カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

twitter


おすすめ商品

ヨガで心と体を癒しましょう

労災申請を考えてる人に

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QRコード

広告

CopyRight 2006 うつ病患者の裁判しながら日記 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /