ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2007年07月の記事一覧
≪06month
This 2007.07 Month All
08month≫
行政訴訟!! 
2007.07.30.Mon / 11:45 
行政訴訟提訴しました

裁判疲れも取れていない裁判3日後、弁護士から行政訴訟の初公判の日程が決まったと連絡がありました。

2004年9月8日、東芝を解雇前に熊谷労働基準監督署に労災申請しましたが、1年4ヶ月後に不支給決定。不支給理由は大企業東芝だからとしか思えない不当なもの。
その後埼玉労働局に審査請求→棄却→現在労働審査会に再審査請求中ですが
再審査請求は認定に時間がかかるため、行政訴訟することになりました。

東芝の切り札は、私の事件が労災不支給になっているという事。
大企業と天下り官僚の癒着では?としか思えない状況での不支給なのに・・・

一つの裁判の終わりが見えてきたのですが、新しい裁判が始まる。
ふうっ、いつ終わりが来るのか・・・

それでも
裁判では嫌がらせや威嚇、引き伸ばしに徹していた東芝。
そんな大企業と癒着官僚が勝つことが絶対あってはならない。
その思いで進んでいきます(でも休みたい・・・)

提訴は証人尋問前の7月19日でした。
弁護士が訴状を裁判所に提出。提訴は淡々と終わりました。

裁判が増えますが、密室で行われた「労災不支給」が裁判で正しく判定される、そう思っております。

ということで、証人尋問などいろいろばたばた状態なのですが、
とりあえず宣伝しておきます。

行政訴訟(労災不支給取り消し請求)提訴

初公判 10月15日 13:10~ 東京地裁722号法廷

裁判傍聴お願いします



まずは証人尋問疲れを取って、体調を整えなくては・・・


コメント・クリックありがとうございますm(__)m
ブログランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

第2回証人尋問終了 
2007.07.26.Thu / 16:42 
第2回証人尋問が7月23日(月)に行われました。
まずは

たくさんの傍聴ありがとうございました

傍聴席がほぼ満席でした。
大阪からわざわざいらしてくれた高見さん、ありがとうございました。
高見さんのホームページはこちら

さて、前回の証人尋問後、「私に有利だった」と感じながらも、その後記憶が飛び、解離症状をおこし、症状が酷く悪化。その状態からまだ立ち直ってなかった状態でこの証人尋問に望んだわけですが。


原告側天笠医師の証人尋問では
医学的に、私の発症原因が業務上であると発言していただきました。

東芝側の反対尋問では、
何が言いたいの?というような質問が続き、内容は無く、
ただ、東芝側の弁護士の態度がわけも分からず威圧的になったりする、という印象を残しました。
「和解する気はありますか」との裁判官の問いに東芝側は「全くありません。安全には万全を尽くしておりました」と。
どこが??傍聴席からもブーイングが起きてました。
反省の色全く無しですね・・・


とりあえずは、
証人尋問でまた症状を悪化させる何か起きるかも・・・という不安は取り越し苦労で終わったようです。これは良かった・・・

今の私の体調は、友達と会って話をするだけでも疲れてしまって夜眠れなくなる、そんな状態。だから、2時間掛けて裁判所に出かけ、5時間も席に座っている、それだけでもひどく疲れるのは分かっていた事ではありましたが。

裁判終了後、やっぱりぐったり疲れました・・・
東芝の対応も疲れを加速させるものでしたし。
雨が降りそうで降らない、それでいてむしむしと蒸し暑い、当日の天気のような、そんな対応でした。
裁判の詳細はまた報告しようと思っています。

裁判当日は朝まで眠れず、翌日も明け方まで眠れず、3日目には疲労でぐったり、ベットに寝込んで寝ていました。


とにかくまだまだ休息が必要なようです。
それではしばらく休みます


----------------
ついでに裁判の宣伝
いよいよ結審の日が決まりました。ずるずる引き延ばされていた裁判ですが、先が見えてきました。

最終弁論期日(結審) 11月12日(月) 13:10~
東京地裁710号法廷


裁判傍聴お願いします



コメント・クリックありがとうございますm(__)m
ブログランキング人気blogランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

* テーマ:裁判 - ジャンル:政治・経済 *
明日は第2回証人尋問 
2007.07.22.Sun / 16:34 
明日はいよいよ第2回証人尋問の日です。

今回は、私のうつ病発症が業務上であるという意見書を書いてくれた
「天笠崇先生」が証人なので、一応、私に有利になるはずと安心しています。

それでも、前回の証人尋問で解離症状を起こして体調がひどく悪化して、まだまだ疲れが残っております。
正直、外出は避けて、自宅で静養していたい気分。
加えて、前回の証人尋問でまさかの解離症状発生で体調がひどく悪化したので、もしかして何か起こるのでは・・・と少しだけ、証人尋問に行く事に不安があります。
休みたいけどそれでも裁判は進むのだ・・・

前回の証人尋問の疲れが取れておりませんが、明日の証人尋問が上手く行く事を祈って行ってきます。

------------------------
前日に宣伝しても仕方ないのですが、一応告知

第2回証人尋問
7月23日(月)13:30~16;00
原告側 天笠崇医師証人尋問
東京地裁710号法廷

「天笠先生」はメンタルヘルスの分野では有名らしく、天笠先生の証人尋問であれば傍聴したい、そう思う人もいるそうです。
よろしければ傍聴お願いします。
支える会ニュース発行 
2007.07.21.Sat / 16:26 
細々と活動をしてきた「重光由美さん支える会」ですが、

この度、支える会ニュースを会員に発行いたしました




すごい進歩です。
メールアドレスのある人にはメールに添付して送ったのですが、
メールのない方には郵送しました。こんな事ができるようになろうとは
友達が転職したからと、専任で世話役をやってくれるようになった事がなんといっても大きい。感謝デス

相談会を開催して、集まってきてくれる人は皆ボランティアさん。
私は体調が悪い状態ではありましたが、
集まって話をするのもまた楽しい作業でした。
終わった後は疲れがひどくて気分は沈むんですけどねハァ・・・


このニュース、支える会会員にはタイムリーに送っています。
第1号は証人尋問の様子が載っています。原告の私だけではなく傍聴した人たちの視点から書いていて、分かり易い内容になっています。

以下宣伝になってしまいますが

よければ・・・
年会費1000円なので・・・
支える会の会員になっていただけると、支える会ニュースが読め、裁判情報をいち早く詳細に知る事ができるし、支援活動に参加できたりもします。
申し込みは支える会ホームページまで。
http://kaitsbrousai.web.fc2.com/

コメント・クリックありがとうございますm(__)m
ブログランキング人気blogランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
* テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ *
第1回証人尋問(4) 
2007.07.18.Wed / 20:23 
F課長の証人尋問は、まず東芝側弁護士による主尋問開始。
内容は、事前に提出された「陳述書」の内容とほとんど同じ。
加えて、午前中の私の証人尋問出の発言を否定する内容。傍聴に来たメンバーで、昼休みに打ち合わせをしたのでしょうね・・・

課長には自責の念があって、私の目の前で嘘はつけない・・・かも・・・と多少は思っていた私の期待を見事に裏切る内容でした。

私の受けた人生のダメージと、あなたが受ける社内での責任、その差は、全く比較にならないくらい大きいのに・・・部下の人生を壊してもそんなに出世したいのか?

会社も相も変わらず徹底抗戦。
一人の社員を労災に認めたからなにがどうなる?
時間と手間を掛けて嘘で塗り固めて、裁判してお役所に働きかけて、無理やり不支給にするほうが、失うものは大きくないか?

それでも、この人とは2度と会話ができないだろう、と思っていた人が目の前で嘘をつく事を冷静に聞く日が来るとは、症状がずいぶんと回復したもんだ、
そう思いながら聞いていました。

続いて原告側弁護士による反対尋問開始
所詮は嘘をついている課長の証言は、弁護士から追及を受けて明らかにつじつまが合わなくなってきたのですが・・・、
それでも課長は「たいした業務ではありませんでした」と悪びれることなく堂々と発言していました。
傍聴席から「言っている事がおかしい」とブーイング

この人は言っている事がおかしいとわかっているのか?
何を考えているのか?反省など全くしていないのだ・・・

今思えば、このあたりから記憶がぼんやりしていたように思います。
当時、体調不調を訴えた私に、「わかった」とそう言いながらも仕事をおしつけてきた課長。
その当時と証人尋問での課長のおかしな答弁が重なったのかも知れません。

記憶が飛んだ理由は良く分かっていません。記憶をなくす必要があるほどの心の傷を課長から受けたのでしょうが、思い出さないほうがいいから記憶が飛んでしまうのだそうで、無理に思い出さないほうがいいそうです。


最後の裁判官からの質問は、私に有利と思えるもので、それでほっとしました。

そして帰路につき、当日はひどく疲れて眠りに就いたのですが、
数日後に解離症状を起こして記憶が飛び、体調がひどく悪化したのでした。

現在少しずつ回復中です。

(これで完了)

コメント・クリックありがとうございますm(__)m
ブログランキング人気blogランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
第1回証人尋問(3) 
2007.07.12.Thu / 11:36 
東芝側弁護士による反対尋問では
最初は、重箱の隅をつつくような、今回の労災事件と何か関係あるの?と思えるような細かい事をいろいろ質問されました。
休職中主治医を変えた事など。確かに途中で主治医を変えたりもしたけど、休職して2年経っての事なのに今回の解雇裁判と何の関係があるんでしょう?
その一つ一つに反論。

初診から2年分の膨大なページ数のカルテや、労働基準監督署の聴書(こちらも膨大です)など資料の隅々まで見ていろいろ粗探ししたんでしょうね。
おそらく、今回傍聴に来た東芝の社員8人で。
こんな業務に給料支払う東芝は全くの無駄使い、といいたくなります。
こんなことやってないで、普通の、会社の、人の役に立つ仕事させるべきでは・・・


反対尋問の途中で昼休みに。
12:00~13:30まで、弁護士と打合せを兼ねて裁判所近くの法曹会館で昼食を取りながら打ち合わせ。
弁護士から「重光さん、今の反対尋問の対応良かったですよ」と褒められました。

しかし、緊張もあって疲労がひどく、食欲は全くなく、昼食はスープを飲み焼きそばをほんの少し食べただけ。弁護士との打ち合わせもそこそこに、法曹会館内の応接室のソファーで横になって時間まで寝ていました。

そして午後1時30分から再び反対尋問開始。
今度は私が裁判所に提出した業務資料を東芝側弁護士が次々提示し質問する展開に。

「たいした業務じゃなかったでしょう」
って、あの・・・どこが・・・??

「これは大変な業務でしたよ。ほら、ここに名前が載っていて課の代表にされてて・・・」と、資料が出てくるたびに、当時の業務の過重さがどんどん説明できました。

「これだけの業務をやらされたんですよ、大変だったでしょう」
会社側弁護士が「そうですね・・・」と・・・

自分が主張したい事が言え、最後は気持ちよく反対尋問を終える事ができました。(ホントに!)

言いたいことがいえ、証人尋問というものはこれでよかったのかな?
と思いながら証人席から原告席につきました。
弁護士から「良かったよ」と一言。あ、良かったんだなと安心しました。

続いて10分程度の休憩をはさみ東芝側の証人、当時の上司F課長の証人尋問開始となりました。
(続く)

コメント・クリックありがとうございますm(__)m
ブログランキング人気blogランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
第1回証人尋問(2) 
2007.07.06.Fri / 13:38 
上野で電車のダイヤに遅れ生じ、「霞ヶ関」駅に着いたのは9時20分頃でした。
弁護士から「電車が遅れたせいで被告弁護士も裁判所への到着が20分遅れるから、裁判の開始が20分遅れる」と告げられ、まだ余裕がある、とほっとしました。
ここで簡単に弁護士と最後の打ち合わせ。

弁護士から「東芝側弁護士からの反対尋問ではいろいろ言ってくるかもしれないけど、普通にしていれば勝てるはずだから」と反対尋問へのアドバイス。
私「はい」

10時くらいに東京地裁710号法廷に到着(だったと思う)。5分くらい前に法廷に入廷(だったと思う)
傍聴席を見渡すと、ほぼ満席でした。
2年前の初公判の時は、傍聴席がガラガラで寂しい思いをしたのと大違い。たくさんの人がわたしの証言を聞いてくれる、心強いと感じました。

まず「宣誓書」というものに署名と押印。
それから原告席へいったん着席。
傍聴席を見渡すと、最前列にスーツを着た東芝社員がずらっと座っていました。後から人数を聞きましたが、東芝社員の傍聴は8人だったそうです。
当時の上司は、結局K課長(今は部長)とT主務(今は課長らしい)の2名だけでした。もっと来るのかなと思ったのですが、それは予想が外れたようです。

それから証人席に着席。

原告側弁護士(山下弁護士)による原告主尋問が開始になりました。
事前に弁護士と打合せをしていたので主尋問はスムーズにに進みました。
それでも、労災不支給になってしまった事、提訴から証人尋問までの道のりのなんとも長かった事、発症当時本当につらかった事、いろいろな思いが交差して、しゃべりながら、思わず涙ぐんでしまいました。
こんなに大変な思いをして休職する事になったのに、今もつらい闘病生活が続いているのに、どうして労災に認められない、どうして会社は非を認めない・・・

そして主尋問が終わり、東芝側弁護士による反対尋問が始まりました。
(続く)

コメント・クリックありがとうございますm(__)m
ブログランキング人気blogランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
第1回証人尋問(1) 
2007.07.03.Tue / 12:52 
5月14日証人尋問について、遅ればせながらレポートします。

証人尋問を前に、弁護士との打ち合わせや外出の日が多く、疲れも相まって、前日は少々緊張して寝付けず、前日の睡眠時間は5時間くらいでした。(もっとも普段から睡眠は不安定ですけど)

裁判前に弁護士と裁判所のある「霞ヶ関」駅内のコーヒーショップで朝9時に待ち合わせ、最後の打合せをする事になりました。
ただでさえ疲れるであろう証人尋問の日に打ち合わせする事は疲れを加速する事でしたが、裁判日ぎりぎりまで打ち合わせが続きました。

当日7時前に自宅を出てJRの駅へ。
家からだと、このくらいに出て霞ヶ関駅にぎりぎり9時に着きます。

自宅最寄のJRの駅に到着。東芝の技術部のK課長(今は部長らしい)とばったり遭遇。軽く挨拶をしたらなぜか全くの無視。東芝の皆さん、道であったら挨拶くらいしてくれるのになぜ無視?
と不思議な気分になりながら電車に乗り込みました。

電車の中でピン!とひらめく。
そうか、K課長(今は部長)も裁判所に行くんだ・・・つまり被告側なんだ・・・だから無視なのか・・・なるほど・・・
しかし・・・K部長は私の上司ではなかったし、確かに今回の裁判で訴状に名前は出てくるけど、裁判に直接の関係は無いはずの人なのだけど。
ということは、当時の私の部課長総出で5、6人位裁判所に来るのかな・・・
相変わらず東芝は徹底抗戦なんだ・・・

と思いながらも
正しいほうが勝つのだから、何も考えず、ただ疲れないようにと思いながら約1時間30分電車に揺られていました。
(続く)

コメント・クリックありがとうございますm(__)m
ブログランキング人気blogランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
* テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済 *
| BLOG TOP |

プロフィール

yumi

Author:yumi
女性技術者。重光由美。うつ病を患って休職中に解雇されたため解雇撤回の裁判を(株)東芝相手に提訴しています。のんびりと療養していたのが一転、症状はジェットコースター。裁判はうつ病にとっても悪い…それでもうつ病との闘いは続くのであった。




応援コメントありがとうございます。体調の悪化等により、コメントの返信できずにスミマセン。


注意
いわれのない誹謗中傷コメントには相応の対応をさせて頂きますのでご注意ください。

裁判サイト

裁判の詳細はこちらを
是非見てくださいね

●東芝うつ病解雇裁判
●重光由美さん支える会
☆支える会会員募集中☆


クリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ブログランキング

↑メンタルへルスブログランキングにリンクしています。励みになりますので一日一回クリックお願いします。


カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

twitter


おすすめ商品

ヨガで心と体を癒しましょう


労災申請を考えてる人に

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QRコード

広告

CopyRight 2006 うつ病患者の裁判しながら日記 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /