FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
労災 の記事一覧
審査請求棄却決定書 
2007.01.05.Fri / 12:59 
年末労災審査請求棄却決定が出る中(沈)、あわただしく埼玉から山口県の実家まで帰省、同窓会、
いろいろあり、やっぱり疲れました。
同窓会、楽しかったんですけどね・・・やっぱり疲れてしまうのは相変わらず、うつ病の症状ですね・・・

何度も経験していることなので、ここは療養、と思って、お正月から3日までは何もせずのんびり過ごしました。

さて、弁護士が
「審査請求の決定が遅すぎる、人権問題として裁判する」と埼玉労働局・厚生労働省に電話をしたら、翌日の12月22日(金)に発送された「審査請求棄却決定書」

ですが、私が実家に帰省をしてしまったので、直接私宛に送られた「決定書」をしばらく見れないため、弁護士宛てに届いた「決定書のコピー」を実家に送ってもらいました。

それが届いたのが12月28日
「決定書」は22ページにも渡る、立派な書面でした。

裁判後の疲れ、帰省の疲れ、いろいろ疲れている状態で「決定書」をぱらぱらめくりざっと目を通しました。

書いてある内容は、結局、
会社上司・同僚が「業務でたいした負荷が無かった」と証言している
のでうつ病を発症させるだけの負荷が見当たらない、ことが22ページ中に何度も繰り返して書いてある、という感じでした。

あれ・・・?
審査請求で私が述べた反論・意見が全く採用されてない、というより全く無視・・・、これが、お役所が、きちんと調査した結果書かれた審査請求の決定書?
あれだけ決定に長い時間をかけて、内容はこれ?

読んで適面に具合が悪くなったため、取りあえず放置し、

「労災審査請求」「行政裁判(厚生労働省相手の労災認定の裁判)の手続きをどうするかに気持ちは向いてました。

が・・・とりあえず、もうすぐお正月だし、せっかく帰省して同窓会もあるし、お正月は労災・裁判を忘れてのんびり過ごすごすことにし、「審査請求不支給決定書」はしばらく放置していました。

そして、昨日4日になり、再度「審査請求棄却決定書」に細かく目を通しました。

改めて読んで唖然呆然、なんだこの書類は?
「審査請求は、何のためにあるのか?私が提出した業務資料や反論を全て無視し、なぜ会社側の証言のみを採用するのか、参与は反論の意見書を読んだのか???」
などなど怒りがこみ上げてきて具合悪化・・・

ああ、全く公正に判定されてない・・・
厚生労働省は、大企業への天下りが先が確保できるかどうかで認定結果を出しているのではないでしょうか?

ああ、次に向かって進まねば・・・


コメント・クリックありがとうございますm(__)m
ブログランキング ←応援クリックお願いします
労災審査請求棄却 
2006.12.25.Mon / 14:55 
金曜日(12月22日)、弁護士から電話があり、残念ながら、
労災申請審査請求棄却決定(不支給)が出たと連絡がありました。

水曜日に弁護士と電話で話をし、参与会が終了してすでに2ヶ月近くになるのに、審査請求の決定が出ないのは遅すぎる、再審査請求、行政裁判を行えばどうか、という話をしました。

翌日木曜日に、弁護士が、埼玉労働局・厚生労働省に電話をして、
「審査請求の決定が遅すぎる、労災の決定に時間がこれだけ掛かるのは、病人に対する人権問題ではないか、裁判も考えている」、といった内容のことをいろいろ強く言ったところ、やっと、

結論として「労災不支給です」「翌日、不支給決定の書類を送付します」

とその日に回答がありました。

労災不支給になり、審査請求で逆転認定される例はほとんど無いそうですが、
厚生労働省預かりになり、なかなか決定が出なかったので、認定される可能性があるかなと、少しは期待していたのですが・・・

残念です。
当日はさすがに朝まで眠れませんでした。

「不支給決定の書類」は20ページ位のボリュームがあるそうです。
それが弁護士が決定が遅いと電話をした翌日発送できるということは

すでに「不支給」と決まっていたのに埼玉労働局・厚生労働省は発表を引き伸ばしにしていたということでしょうか・・・

まだ、「不支給決定書類」が手元に届いてないのですが、いったいどういう内容が書いてあるのでしょう、早く見たいものです。

不支給は、ある程度覚悟していたので仕方がありません。
先に進むしかありません・・・

今日はクリスマスです、とりあえずはメリークリスマス

コメント・クリックありがとうございますm(__)m
ブログランキング ←応援クリックお願いします
どうなってる審査請求 
2006.12.03.Sun / 12:13 
木曜日に弁護士さんと電話で打ち合わせをしました。

熊谷労働基準監督署で労災不支給決定後、埼玉労働局に審査請求(再調査)している労災申請ですが、
弁護士が電話で担当官に確認したところ

私の労災の審査請求については、
予定通り埼玉労働局で10月27日の参与会(労使両方からなる会)にはかけられたが
その後、
厚生労働省がチェックをしていて、それに時間がかかっており、厚生労働省からいつ結果が返ってくるかか分からない状態なので、いつ審査請求の結果がだせるかわからない。12月8日には、いつまでに結果が出せるかの返答ができるようにします、との事でした。

厚生労働省???

当初、埼玉労働局の審査官の話では、審査請求で調書の作成や意見書の提出が行われた後、参与会にかけられ、その結果をふまえて約一週間で査官が審査請求の判定をだす、と言われたのですが。

なぜ厚生労働省がチェックするのでしょうか???
他の事案でも、厚生労働省は審査請求事案をチェックしているのでしょうか?

考えられる事としては、私の労災については、これまでもマスコミ報道でされており、審査請求で労災認定してもしなくても、徹底的に裁判され、マスコミ報道される可能性が高い事案であるため、それで厚生労働省から待ったが入っているのではないでしょうか。

労災不支給の理由も、「精神部会の意見書」を見る限り、私が提出した当時の業務資料を一切無視し、会社側の「たいした業務をしていない」という証言のみを採用するという、明らかにお役所と大企業東芝との癒着が原因としか思えない理由での不支給決定でした。

本来なら、マスコミ報道だのそういうことに関係なく、公平に労災認定行政が行われるべきなのに、本当に残念な事に、実際は公平に行われていないようです。

それにしても労災認定にかかる時間は本当に長い
労災申請が2004年9月8日、
労災不支給が2005年1月23日で
即日審査請求(労災の再調査)
労災申請から労災不支給まで約1年5ヶ月、
審査請求も請求してからすでに10ヶ月経過
つまり、労災申請から審査請求まで、すでに2年3か月かかっています。

厚生労働省では、労災申請は6ヶ月、審査請求は3か月を目処に結果を出すよう労働局に指導しているのだとか。

いったいどうしてこんなに時間がかかるんでしょう。
裁判では、東芝は5年前の就業規則を4ヶ月かけて提出するという引き伸ばし工作をしてきました。
この労災の審査の長さには、会社の引き伸ばし工作と同じようなものを感じます。
民間企業の通常業務では考えられない長さです。

その間、申請中のうつ病人は無収入で、先行きの生活の不安にさらされる事になります。

いずれにしても早く結果が出て欲しいものです。

コメント・クリックありがとうございますm(__)m
ブログランキング ←応援クリックお願いします
埼玉労働局聴書作成2回目 
2006.07.26.Wed / 15:14 
7月19日に、埼玉労働局で、労災申請の審査請求で聴書の作成が行われました。

4月28日の調書作成に続き、2回目で、これで聴書作成終了しました。

新たに、東芝のホームページに掲載されていた資料:当時の業務「M2ライン立ち上げプロジェクトの新規性の資料」等を提出して、
当時の業務の大変さを説明し、労災不支給の理由の基となった「精神部会の意見書」への反論をしてきました。

担当審査官の反応は良好でした。

この様子だと、審査請求で労災が認められるに違いない!と、思ってしまいましたが、
熊谷労働基準監督署の労災不支給決定が、明らかに不当で、大企業東芝とお役所との癒着では?と思わせる内容だったので、今のところは楽観はしていません。

後は、同行した弁護士が意見書を作成して労働局に提出して、審査請求は終わり。
やるだけのことはやったので、後は結果待ちです。

埼玉労働局訪問から1週間たち、疲れてぐったりだった体調もだいぶ楽になってきました。
今は、一連の出来事の中で、ひとつやり終え、少し楽になったという感じがしています。

大きな期待はしていませんが、それなりに期待しつつ結果を待とうと思います。


人気blogランキングへ←応援クリックありがとうございます
精神部会の意見書到着 
2006.07.23.Sun / 15:05 
5月17日の裁判で熊谷労働基準所から提出された労災調査資料中、提出されなかった
「精神部会の意見書」ですが、弁護士がわざわざ「送付嘱託」で労基署に提出を求め、6月9日に手元に届きました。

「精神部会の意見書が提出されないということは、故意に提出されなかったとしか思えないくらいのことだ」と弁護士が言っていましたが、読んでなるほど…

会社側の証言のみを一方的に採用して「精神的負荷は強ではなかった」と結論付け、私の証言は全く採用せず、
さらには、「会社は資料を隠すから確保したほうがいい」とアドバイスされて、私が確保し提出した「当時の業務資料」と明らかに矛盾する内容でした。

圧力かけて同僚に嘘をつかせたとしか思えない同僚の供述書、
そのような行為をした会社も会社ですが、
その会社側の証言のみを採用して「精神部会の意見書」を作成し、不支給にした労働基準監督署の調査もまったく一方的で不当、
提出した「当時の業務資料」(頻繁に行われたトラブル対策会議や書かされた対策スケジュール等)はどう説明するのか?
もう、怒りを通り越してあきれてしまいました。

これでいいのか労災行政!会社側の証言のみを採用して不支給決定

この結果を受け、7月19日に埼玉労働局に審査請求で聴書の作成に行ってきました。反論はしてきたのですが、どうなるでしょう。

労災不支給以降、会社の偽装書類や精神部会の意見書など、こういうおかしな書類を多数見たためか、どうにも疲れがひどくて、このところは一日中ぐったりと寝ています。
ホームページのアップなどもいろいろ滞ってしまっております
あまり暑くならないので助かっています。ひたすら寝て体力回復せねば

人気blogランキングへ←応援クリックお願いします
* テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体 *
通院日 
2006.05.28.Sun / 19:29 
金曜日、2週間に一回の通院日でした。
前回「頭痛と肩こりがひどくて不眠状態だ」と言ったら
医者からセルシンを処方されました。
体の緊張をほぐす作用があるそうです。

効いたのかどうなのか、解らないうちに裁判突入
で、労基署から提出された
会社が労基署に提出した書類をみて
ウソだらけ、偽物だらけ
なので、見ただけで疲れて、ぐったりしております。

しかし・・東芝はこれだけの資料を新たに作ったり、証言で口裏合わせたりするのに、大変な労力使ったのではないのか?裁判でかかる費用も大きいのではないか?私の労災を認定したとして、なにがそんなに会社に損なんだろう。
確かに労災保険金が少し上がるけど、それよりはるかにお金かかっているような。
ブランドイメージがちょっと傷つくかもしれないけど、そこは今後誠意ある対応をしますとアピールしてブランドイメージを上げ、逆にメンタルヘルスを向上させれば私のような働けなくなる社員が減って、会社にとっては良い事だと思うのだけど。

私に嫌がらせして、自らブランドイメージを傷つけるほどの事なのかな?

私は働く目処が立ってないから、労災認定されないと非常に困るから必死になってしまうけど。
まあ、考えてもしかたない。
とにかくどどどっと疲れています。体中疲労感でいっぱいです。
医者にはとにかく休むこと、と言われました。
前回処方されたセルシンは今回は処方しないことになりました。
だるくてとにかくねむいから、不眠気味だったのは解消されました、って、良い事なのだろうか・・・・
ひたすらお休みします。

本家裁判ホームページの更新、滞りがちです。
やっぱりブログは楽でいいですね。

人気blogランキングへ←応援クリックお願いします
埼玉労働局2 
2006.05.03.Wed / 15:04 
4月28日埼玉労働局での審査請求
担当審査官と直接面接
約1時間30分、聴書の作成が行われました。

審査請求の趣旨、審査請求の理由は、提出された書類のとおりでいいですか、といった事務的な質問の後、事案の具体的内容について聞かれました。

質問内容が、なぜか労働時間に関することのみだったため、

「残業時間については、労災と認められるだけの長時間残業をしていると労働基準監督署は認めています。精神的負荷が強くなかったからという理由で労災不支給になったので、精神的負荷についての質問をしてもらいたいのですが

と言うと、資料を見た担当官

「確かに、そのとおりですね。残業時間は十分たくさんしてますね。量は十分で、質の問題ですね。
申し訳ないですが、まだ、労基署の書類にあまり目を通していないのです。」

と言う事で、担当官が、私の事案の労基署資料に目を通し、理解をした後再度面接を行い、調書を作成する事になりました。

労働時間ばかりの質問だったのは、そもそも、過労での労災事案が、残業時間(80H~100H以上)が足切りになって、精神的負荷を評価されないまま労災不支給となる事案が多く、審査請求では、いかに残業時間を証明するかという場になっていることの表れなのでしょうか。

審査請求は、労基署の資料をもとに、労基署の労災不支給を決定した人とは全く関係の無い人によって行われ、しかも今日面接した審査官が最終決定を行うそうです。
審査請求で労災認定される事案は非常に少ないそうですが、
もしかしたら、審査請求で労災認定されるかも、と思ってしまう私でした

審査請求で労災認定されると、会社との裁判も有利になるし、労災年金もらえるのですごく助かるんですが
公平な判定をしてくれるようお願いします

人気blogランキングへ←クリックしてくれるとうれしいです
* テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体 *
埼玉労働局 
2006.04.29.Sat / 19:31 
4月28日審査請求のため、埼玉労働局に行って担当審査官に会ってきました。

さいたま新都心まで電車で約50分、電車に乗って遠くまで外出するの久しぶりだったので、やっぱり外出したくないな~、という気分と少しだけ電車酔いしたような感じとで、行きの乗車時間が長く感じました。

埼玉労働局の入っているビルは、さいたま新都心駅前のガラス張りのすごくきれいなビルの中にありました。

担当審査官と会って、聴書の作成等で約1時間30分
担当官は穏やかな物腰でしたが、私は、なにがなんでも労災認定をという思いで精神状態ちょっとテンパッテたかもしれません。

帰りはそのテンパッタ精神状態のままだったので、あっという間に家に着きました。

そのまま朝まで眠れず食べれず
早朝になってお腹がすいてきたので、冷凍食品を食べたら眠くなり、昼まで寝てました。

起きたら、疲労で体がぐったり。
疲れました・・・

審査官とのやり取りはまたアップします

人気blogランキングへ←クリックしてくれるとうれしいです
* テーマ:今日の出来事 - ジャンル:心と身体 *
明日は労働局(審査請求) 
2006.04.27.Thu / 13:06 
明日、労災の審査請求で埼玉労働局に行きます。
が・・・裁判所に2月20日に提出した「熊谷労働基準監督署が労災不支給と決定した書類」、未だに届いていません!!
通常1か月もあれば提出される、そうなのですが、あれから2ヶ月以上経ってるのに

遅いぞ~熊谷労働基準監督署

労災申請から不支給決定までもすごーく時間がかかったのに、不支給書類の提出も遅いとは・・・
何をやってるんだよ~
労災不支給の決定理由を見てから審査請求に望もうと思っていたのに

労災申請のときからの冷たい対応、労働局は、弱い労働者のために会社を取り締まるためにあるのではなく、役人が天下るため、大企業のためにあるのでは、と思う今日この頃

ところでこのところの体調
労災不支給による精神状態悪化はやっと落ち着いたようです。この1週間不安定になることも落ち込む事もほとんどありませんでした。
医者にも「だいぶ落ち着いてきたね、デパス(安定剤)必要無いかな?」と言われました。今デパスは毎日は飲んでませんが、それでも手放せません

変わりに、とにかくだるくて眠い、上半身のコリがすごい。午前中は相変わらず寝ています。
日によって頭痛がひどかったり、寝つきが悪かったりです。

労働局訪問、疲れるのかな~、
本当はもうしばらく外出しないで家で寝ていたいんですけど、先に進まないといけないから、行ってきます
労災不支給について 
2006.04.25.Tue / 15:27 
裁判ホームページ労災不支給のページを更新しました。
4月15日に裁判HPに更新したのですが、遅くなりましたがブログにも載せておきます。やはり、労災不支給納得できないです

長いですが、以下ホームページより転載(既に読んでる人、重なってすみません)

これでいいのか労災行政!長時間労働で発症する労働者を見殺し
弱い立場の病人にいやがらせをする大企業が勝つのはやはりおかしいです
▽続きを読む

プロフィール

yumi

Author:yumi
女性技術者。重光由美。うつ病を患って休職中に解雇されたため解雇撤回の裁判を(株)東芝相手に提訴しています。のんびりと療養していたのが一転、症状はジェットコースター。裁判はうつ病にとっても悪い…それでもうつ病との闘いは続くのであった。




応援コメントありがとうございます。体調の悪化等により、コメントの返信できずにスミマセン。


注意
いわれのない誹謗中傷コメントには相応の対応をさせて頂きますのでご注意ください。

裁判サイト

裁判の詳細はこちらを
是非見てくださいね

●東芝うつ病解雇裁判
●重光由美さん支える会

クリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ブログランキング

↑メンタルへルスブログランキングにリンクしています。励みになりますので一日一回クリックお願いします。


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

twitter


おすすめ商品

ヨガで心と体を癒しましょう

労災申請を考えてる人に

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QRコード

広告

CopyRight 2006 うつ病患者の裁判しながら日記 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /