FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
会社への復帰 の記事一覧
図書館リハビリ2回目しました 
2021.04.06.Tue / 11:57 
出社リハビリの次のステップ、図書館リハビリに進んだのが、約3週間前、
中々疲れが取れませんでしたが、そろそろ大丈夫そうかなと思い、昨日、2回目の図書館リハビリをしてきました。

1回目の図書館リハビリ後の一週間は、疲れに加えて、気分が沈んだりと色々な症状が出てしまい、疲れもなかなか取れず、どのタイミングで2回目を行おうかな、と思っていましたが、やろう、と思ったときが、やるときなんでしょう。
2週間前の気分の沈み込みや、やる気の無さが、嘘みたいに、頑張るぞ、という気持ちで、リハビリに臨めました。

2回目の図書館リハビリでは、前回ほどの緊張も無く、落ち着いて図書館に滞在することが出来ました。
翌日である、今日の疲れはそこそこ、明日以降の体の疲れ等々は、どうなっているでしょう。

本当に少しずつですが、リハビリが前進していることには間違いない。
焦らず、少しずつ頑張っていこうと思います。


そして、コロナ禍で実家に戻れないため、乱れた生活リズム等が元に戻らないのを改善するため、この後、転地療養で、一週間旅行に出ます。
色々調べ、湯治宿に1週間滞在する事にしました。

初めての湯治なので、どうなるのか分かりませんが、転地療養がうまく行くといいなあと思います。


応援クリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
東芝とのやり取り 帯同者がいるからって産業医の代わりになるの? 
2021.03.23.Tue / 15:52 
東芝とのやり取りメールの続きです。

会社は、建屋に入るための産業医面接強要について、もはや法的根拠を書かなくなりました。
法的根拠もないのに、産業医面接強要嫌がらせは続きます。
裁判全面敗訴を認めたくない、ただただしつこい状態になってきました。

産業医面接をしなくても、会議室での担当者の面談が出来る事については、
帯同者が常に同行していれば、私が健康上危険に陥った際に迅速に産業保健職に連絡することができる、
というのが、「帯同者が産業医面接の代わりになる事」の医学的見地だそうですが、突然倒れる病気ではないのに、無理があるのではないでしょうか。

まあしかし、新たに始まった、「図書館リハビリ」が、慣れるまで若干時間かかりそうなので、そちらに注力ですかね。
その間に、解決して、会社のリハビリ妨害や嫌がらせが無くなればよいのですが、

以下、東芝とのやり取りメールです。
---------------------
題目:帯同者が産業医面接の代わりになる医学的見地に基づく回答をお願いします。
送信日 3月22日
[RDC総]長 N 様
(写し)[研企]長 T 様
(人総)(労企)I 様

繰り返しとなりますが、業務を行っていない以上、会社が私の健康状態を把握する必要は、法律上ありません。
病気を理由に、法律上必要のない産業医面接を課し、会社建屋への入場を制限する事は、人権侵害や精神疾患者への差別、及びプライバシーの侵害、リハビリの妨害であり、裁判敗訴した腹いせの嫌がらせ行為と言って良い行為です。
また、双方が取り決めたと会社が主張する、会社が取り決めた「リハビリ出社」の内容(自席週一回1時間滞在から始まる)に沿っても、建屋に入るためには産業医面接は必要ありません。
法律上必要のない産業医面接を強要する、人権侵害や精神疾患者への差別、プライバシーの侵害、さらにリハビリへの妨害や裁判敗訴した腹いせの嫌がらせ行為は、いい加減止めて頂くようお願いします。

さらに、今私が行っている「リハビリ出社」は、会社の安全配慮義務違反により発生しており、損害を賠償する観点から、交通費の支払い、施設の利用等々、会社は協力する必要がありますので、ご協力をお願いします。


>事業場内には産業保健職が駐在しております。帯同者が常に同行していれば、貴殿が健康上危険に陥った際に迅速に産業保健職に連絡することができ、医学的見地をもとに安全確保を実施することができます。

前回のメールで伝えましたが、私の病気の症状に、「歩行中動けなくなる」はありません。これまでも、歩行中動けなくなったこともなく、他者の助けが必要になったこともありません。仮に万が一何かがあったとしても、私自ら産業保健職に連絡が出来ますので、帯同者は必要ありません。
私の症状に基づいた、帯同者が産業医面接の代わりになるという医学的見地に基づく回答をお願いします。

以上、医学的見地からのご回答よろしくお願いします。


重光由美

---------------------
From: ********.********@toshiba.co.jp
Sent: Wednesday, March 17, 2021 3:57 PM
To: ************@yahoo.co.jp
Cc: *******.********@toshiba.co.jp; ****1.*******@toshiba.co.jp
Subject: ご連絡事項

(図)重光様
重ねてのご連絡となりますが、産業医面談を受けていただいていない現状においては貴殿の健康状態を把握することができず、当社事業場構内へ入場することが貴殿の健康上適切であるかどうかが判断できません。
事業場内への入場や構内施設の利用は、労働契約に基づき就労いただくことが基本です。就労できる状態ではない方については、産業医面談によって産業医の意見に基づき健康状態を把握した上で、会社が入場や構内施設の利用を判断いたします。
貴殿とは、貴殿が就労できる状態になるまで「リハビリ出社」を取り決め、その範囲内で事業場内への入場や構内施設の利用を認めておりますが、それも貴殿の健康状態を会社が把握していることが前提であります。
貴殿の健康状態について約2年ほど確認ができていない状況であり、また一方的に独自のリハビリ出社を進められている状況で、弊社と話し合いながら計画的に進められているものではないと考えています。
また、産業医面談が厳しい場合は、貴殿の主治医へ産業医による面会等、他の手段も提案させて頂いておりますが、こちらについて貴殿から回答頂けていません。

このような状況ですので、繰り返しとなりますが、貴殿の独自の判断による事業場内への入場や構内施設利用は認めることができません。
構内施設には会議室だけでなく食堂および図書館も含まれることから、貴殿の独自の判断での食堂、図書館を含めた構内施設の利用はお控えください。
なお、主治医とは今後の進め方について相談されているとのことですので、産業医面談が厳しいのであれば、産業医から主治医へ貴殿の状況を確認させていただきたく、改めてご検討をお願いします。

本来であれば貴殿の健康状態の確認のため産業医面談を実施し、産業医意見を元に構内施設の利用を検討するべきですが、まずは担当との顔合わせをすることで、次の産業医面談に進めることができるのではと考え面会をご提案しました。
事業場内には産業保健職が駐在しております。帯同者が常に同行していれば、貴殿が健康上危険に陥った際に迅速に産業保健職に連絡することができ、医学的見地をもとに安全確保を実施することができます。
貴殿の健康状態を約2年ほど確認できていないため、貴殿の独自の判断による「一人で定期的に会議室に滞在する」行為はこのような対応ができませんので許可できません。
この点ご理解いただけないようであれば、まずは産業医面談を実施願います。

なお、以前も実名が記載されていることがございましたが、再び貴殿のブログに実名が記載されてることを確認致しました。
即時削除いただき、今後も実名が載ることの無いようご注意くださいますようお願いします。

[RDC総]N

応援クリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
会社とのやりとり 本当にしつこい産業医面接強要 
2021.03.15.Mon / 12:45 
会社とのやり取りメールです。
産業医面接強要、本当にしつこいです。

反論が出きないのか、前回書いてきた、「施設管理権」については書いてこなくなりました。
加えて、メールのやり取りではなく、直接話し合いたい、と会社は言っているので、少しずつ前進はしているのだとは思います。

会議室での担当者との面談は、産業医面接しなくても建屋に居てよいそうで、同行者がいれば産業医面接の代わりになるんだそうです、だったら産業医面接自体いらないってことになりますが、医学的に説明できるんだろうか・・・。

リハビリが進めば、産業医面接強要は一気に解決すると思います。
でもそのあと、また抵抗してくるんだろうな~
まあでも、私の転勤や配属を妨害しましたが、結局配属され、私病扱いから労災者扱いになってるし、
結局、私の主張は全て通ってるんですよね。

ブログのコメント欄も、ここ数日特にしつこく荒らされました。
名前とIDを変えて「会社の言う事を聞け、産業医面接を受けろ」コメント連投なので、誰が荒らしているのかが丸わかりです。。
何かあったのかなあ??

さて、会社とのやり取りメールです。
またも、長文になってしまいました。
---------------------
[RDC総]長 N 様
(写し)[研企]長 T 様
(人総)(労企)I 様


繰り返しになりますが、私は業務を行っておらず、会社に安全配慮義務は発生せず、私が会社事業場構内へ入場することが私の健康上適切であるかどうかを、会社が判断する必要は、法律上ありません。
私が精神疾患である事を理由に、私が構内に入る事やリハビリのための会社施設使用を制限することは、人権侵害・プライバシーの侵害、リハビリの妨害及び嫌がらせです。

>本来であれば貴殿の健康状態の確認のため産業医面談を実施し、産業医意見を元に構内施設の利用を検討するべきですが、担当の紹介、会社状況説明に関しては常時帯同者が同行することになりますので、貴殿が構内で気分がすぐれなくなり動けなくなるなどの健康上の危険を回避することや、危険に陥った際に迅速に安全確保を実施することができると考えおります。

会社は、帯同者がいれば、産業医面接の代わりになるという考えの様ですが、これはどのような医学的見地に基づきますか?
私の病気の症状に、「歩行中動けなくなる」はありません。これまでも、歩行中動けなくなったこともなく、他者の助けが必要になったこともありません。
また、帯同者は、医学的資格を持ち合わせ、万が一危険に陥った際、迅速な安全確保が出来るのでしょうか。
会社担当者が同行する事が、産業医面接の代わりになるという、医学的見地に基づいた説明をお願いします。

>今後貴殿と会社とが話し合っていく中でまずは担当と顔合わせするため、加えて会社状況をご確認いただくために面会の場を持つことができるのではないかと考え、その旨連絡させていただきました。
>その点ご了承いただけないようであれば、貴殿の希望されていたメールでのやり取りを継続することになると考えております。

私は、今後の進め方について、文書のやり取りではなく面談で確認することは構わないし、面会の場を持つこともリハビリの一つになる、と既に伝えています。
会社が提案している、会議室で(嫌がらせに感じている産業医面接強要等の)議論をするためには、まずは会議室や建屋に慣れるリハビリが必要だと、言っているのです。
そして、会議室に慣れるためには、会議室で一人で過ごすリハビリを何度か繰り返す必要があります。
食堂でのリハビリは、開始から1年かかってようやく次のステップに進む事が出来ました。
会議室での担当者との面接も、行うとリハビリになりますが、負荷が高いため、一人で定期的に会議室に滞在するリハビリは、現在のリハビリの進み具合から、必須です。
会社が会議室で面談をしたいのであれば、会議室でのリハビリにご協力いただくようお願いします。


>双方にて取り決めたリハビリ出社を早期に再開するためにも産業医面談を実施させていただきたく、もしくは産業医から主治医へ貴殿の状況を確認させていただきたくお願いします

何回も書きますが、私は同意していませんが、仮に同意したとして、「双方にて取り決めたリハビリ」は、週一回自席一時間滞在から開始し、産業医面接を行うとあり、建屋に入る時点で産業医面接は必要ありません。「双方で決めたリハビリ」を再開する時は、今、私が行っているリハビリが進み、週一回自席一時間滞在ができるようになった時で、産業医面接を受けるのはその時です。産業医から主治医へ私の状況を確認する事は、「双方が取り決めたリハビリ」にはありません。
もちろん、私は、このままリハビリが進み、週一回自席一時間滞在ができる状態になったとしても、また過去に産業医面接を受けた事があっても、業務をしない以上、産業医面接が人権侵害・プライバシーの侵害であることに変わりがありませんので、産業医面接は受けません。


今後、お知らせした通り、食堂でのリハビリの次のステップとして、図書館でのリハビリを進めますが、会議室でのリハビリが出来る様になり次第、切り替えるもしくは平行する方向で調整したいと思います。

会社の安全配慮義務違反により発生しているリハビリですので、損害を賠償する観点からも、法的にも医学的にも根拠のない理由でのリハビリ妨害や人権侵害や嫌がらせはいい加減止め、会社との会議室での話し合いに進むためにも、会議室利用のリハビリに早急に協力して頂くようお願いします。

重光由美

---------------------
From: ********.********@toshiba.co.jp
Sent: Friday, March 5, 2021 1:20 PM
To: **********@yahoo.co.jp
Cc: *******.********@toshiba.co.jp; *****1.*******@toshiba.co.jp
Subject: ご連絡事項

(図)重光様
貴殿の独自の判断で当社施設である会議室の利用を考えられていますが、産業医面談を受けていただいていない現状においては貴殿の健康状態を把握することができず、当社事業場構内へ入場することが貴殿の健康上適切であるかどうかが判断できません。事業場内への入場や構内施設の利用は産業医面談によって貴殿の健康状態を確認した上で産業医の意見に基づき判断するべきことであることから、貴殿の独自の判断による事業場内への入場や施設利用は認めることができません。ご理解ください。
本来であれば貴殿の健康状態の確認のため産業医面談を実施し、産業医意見を元に構内施設の利用を検討するべきですが、担当の紹介、会社状況説明に関しては常時帯同者が同行することになりますので、貴殿が構内で気分がすぐれなくなり動けなくなるなどの健康上の危険を回避することや、危険に陥った際に迅速に安全確保を実施することができると考えおります。今後貴殿と会社とが話し合っていく中でまずは担当と顔合わせするため、加えて会社状況をご確認いただくために面会の場を持つことができるのではないかと考え、その旨連絡させていただきました。
その点ご了承いただけないようであれば、貴殿の希望されていたメールでのやり取りを継続することになると考えております。
双方にて取り決めたリハビリ出社を早期に再開するためにも産業医面談を実施させていただきたく、もしくは産業医から主治医へ貴殿の状況を確認させていただきたくお願いします。また繰り返しになりますが、貴殿の独自の判断での事業場内への入場、構内施設の利用はお控えください。

[RDC総]N


応援クリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
リハビリは次のステップに進む事に、と会社に連絡しました。 
2021.03.09.Tue / 15:34 
会社からの産業医面接強要の嫌がらせは続いていますが、
リハビリの方は好調で、会社の食堂で食事をしてくるリハビリは、定期的に週一回一か月以上、問題なく出来、
主治医からも、「急に進んだね」とお言葉が。
そこで、リハビリは、食堂から、次のステップに進むことにしました。

会議室でのリハビリをしたかったのですが、会社が産業医面接の強要し協力を拒み続けるので、主治医と相談し図書館リハビリをする事になりました。

会社の産業医面接強要嫌がらせは、いい加減無理があるのにしつこいですが、リハビリは先に進めて良かったです。
この調子で頑張りたいです。

リハビリが先に進めて、気分がいいです、
いや、気分や体調がいいからリハビリが進んだのかな?
とにかく嬉しいです。


以下、会社に送った、「図書館リハビリ」をすることにした連絡メールです。

---------------------
2021年3月8日送信
[RDC総]長 N 様
(写し)[研企]長 T 様
(人総)(労企)I 様

3月5日付会社からのメールは受け取りましたが、
まずは、前回1月15日で報告した以降の、リハビリの進捗や主治医受診状況や今後について報告します。

1.これまでの報告
・主治医受診
2月*日、3月*2日に深谷の主治医を受診しました。

・リハビリ出社
1月**日より、年末年始休んでいたリハビリを再開させ、
1月**日2月*日2月**日2月19日2月26日、
連続して、1か月半、毎週*曜日に「食堂で食事をしてくるリハビリ出社」を行いました。

併せて、自分の席がある(図)の(人が居ない状態)事務所のドアの前まで行ってくる、を繰り返しました。

主治医と今後について話し合いましたが、
一年前から始めた「食堂に行って食事をしてくる」リハビリが、週一回定期的に、一か月以上問題なく行えるようになっているので、
次のステップに進んだ方が良い、という事になりました。

会社には、次のステップとして、「会議室を使ったリハビリ」をお願いしていますが、今のところ許可されないようなので、
主治医と相談し、下記内容の、「RDC内の図書館で過ごす」リハビリに進むことにしましたのでお知らせします。


2.今後の予定

3月のリハビリ予定
■復職リハビリ実施予定内容
・頻度 なるべく定期的に週一回行う
・内容 RDC内の食堂で食事をしたのち、RDC建屋内の「図書館」で過ごす 
・滞在時間 お昼休みに加えて図書館滞在1時間程度を予定    

3月は、この内容で、様子を見ながら、進めて行く予定です。

4月は、前半は、これまでのリハビリで乱れてしまい戻らない生活リズムを戻すため、転地療養を1週間程度行う予定で、会社でのリハビリは休む予定です。

次回主治医受診は、4月**日を予定しており、主治医受診後、今後について報告致します。

3月5日付会社からのメールへの反論は、これから書き、出来次第、送付します。

既にメールでお伝えしていますが、会社が提案している、会議室で(嫌がらせに感じている産業医面接強要等の)議論をするためには、まずは会議室や建屋に慣れるリハビリが必要です。
そして、会議室に慣れるためには、会議室で一人で過ごすリハビリを何度か繰り返す必要があります。
食堂でのリハビリは、開始から1年かかってようやく次のステップに進む事が出来ました。
会議室での担当者との面接も、行うとリハビリになりますが、負荷が高いため、一人で定期的に会議室に滞在するリハビリは、現在のリハビリの進み具合から、必須です。

会社の安全配慮義務違反により発生しているリハビリですので、損害を賠償する観点からも、法的にも医学的にも根拠のない理由でのリハビリ妨害や嫌がらせはいい加減止め、会議室での話し合いに進むためにも、会議室利用のリハビリに協力して頂くようお願いします。

重光由美


応援クリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
会社とのやりとり リハビリ妨害で進まない… 
2021.03.01.Mon / 19:04 
会社(責任者:豊原正恭副社長)とのやり取りです。

これまで、会社は、会社の構内に入るために産業医面接を課す、リハビリ妨害や嫌がらせをしてきましたが、
会社構内には入れたのでリハビリを進める事が出来ました。

しかし、食堂でのリハビリから先(会議室等)に進むのに、会社が協力してくれないと、リハビリが進みません。
東芝は、裁判敗訴の腹いせのような、嫌がらせや妨害はいい加減止めて欲しいものです。

会社に施設管理権があるから建屋に入るために産業医面接しろって、東芝社員には人権やプライバシーは無いんですかね。
そもそも、東芝の安全配慮義務違反で発生するリハビリなのに、安全配慮義務があるので構内に入るのに産業医面接の許可が必要で~と、本末転倒です。

以下、長文ですが、会社とのやり取りメールです。
---------------------
Subject リハビリ妨害は止めてください
送信日:2021/03/01 (月) 10:41

[RDC総]長 N 様
(写し)[研企]長 T 様
(人総)(労企)I 様

・会社での面談について
1月22日付会社メールで、
「今後の進め方につき文書のやり取りではなく面談にて確認したい」
と提案がありましたので、2月1日付私のメールで
「リハビリが、1月より、ようやく、『会社建屋に入り食堂で食事をするリハビリを、週一回定期的に行う』、まで進んだところです。いきなり、会議室で(嫌がらせに感じている産業医面接強要等の)議論をする事は、体調悪化やリハビリの中断という結果を招くことになり、これまでのリハビリが無駄になってしまいます。
まずは、会社に慣れるため、今のリハビリを、現状の食堂から会議室に進め、会社建屋等に色々慣れてきてから、直接会って会議室で(嫌がらせに感じている産業医面接強要等の)議論をする、という風に進めていきたいと考えています。」
と回答しました。
会社が提案している、会議室で(嫌がらせに感じている産業医面接強要等の)議論をするためは、
定期的に会議室で過ごすリハビリを最低でも一か月行い、私が会議室に滞在できるようになって以降となります。
ですので、「今後の進め方につき文書のやり取りではなく面談にて確認したい」
のであれば、定期的に会議室で過ごすリハビリを一か月は行わなくてはなりません。

会議室滞在のリハビリをさせない、という事は、会社としては、「今後の進め方につき文書のやり取りではなく面談にて確認したい」ことは止め、今後も文書でのやりとりにすることにした、という事でしょうか。

また、2月5日付会社からのメールに
「尚、リハビリ出社に関して面会での確認が難しいようであれば、担当者との顔合わせや会社の状況をご説明する場として、面会を実施することは可能」とありますが、
「RDC内会議室に滞在し、担当者と面会を実施することは可能」であるのに、なぜ、私が単独で会議室に滞在することは出来ないのでしょうか。どちらも産業医面接をする事無く会社会議室に滞在することになります。前者は産業医面接無しで会社内に滞在が出来、後者は会社滞在のためにまず、産業医面接が必要とする具体的理由を説明願います。

・会社の施設管理権について
現在、12月24日付の会社の回答文書に対する反論を書いているところですが、会社の施設管理権について簡単に書きますと、
現在行っているリハビリは、業務を行っておらず、現段階では法令上産業医面接は必要ありません。会社建屋を使ってのリハビリは、会社の安全配慮義務違反(裁判で確定)に伴い発生しており、病気の治療のために必要な行為であるため、損害を賠償する観点から、会社は建屋使用等、リハビリに協力する必要があります。
会社が、精神疾患である事を理由に、業務をしない私が建屋に入る事を許可制(産業医面接を強要)とする行為は、人権侵害や精神疾患者への差別、嫌がらせ、プライバシーの侵害であり、合理的な理由に欠けるため、私が、会社の安全配慮義務違反により発生するリハビリのために会社に立ち入ることを制限することは、施設管理権の濫用に当たります。
これ以上私のリハビリへの妨害や嫌がらせは止め、会社の安全配慮義務違反によって発生するリハビリ、具体的には次のステップである会議室を使ってのリハビリに協力するようお願いします。

・「会社訪問(リハビリ出社)の実施について(2018-11-30)」
何度も書きますが、私が会社の構内に入るためだけに、産業医面接を課す会社の行為は、『「リハビリ出社」に関する会社としての考え方について』の書面では、理由なりません。(私は同意していませんが仮に同意していたとしても)会社が決めた「会社訪問(リハビリ出社)の実施について」(2018-11-30 発状)では、会社訪問(リハビリ出社)は、「週一回自席一時間滞在から開始する」となっており、今の私は「週一回自席一時間滞在」できず「会社設定のリハビリ出社の前段階」ですので、産業医のリハビリ出社開始の判断は必要ありません。今の私に産業医面接を課すためには、最低でも、「会社訪問(リハビリ出社)の実施について(2018-11-30)」の内容を変更する必要があります。また、「提案しています産業医による主治医への状況の確認」を行うにも、やはり「会社訪問(リハビリ出社)の実施について(2018-11-30)」の内容を変更する必要があります。それさえせず、私が会社構内に入るために産業医面接を課す事は、人権侵害やプライバシーの侵害及び嫌がらせです。

これ以上、不必要な産業医面接を課す人権侵害やプライバシーの侵害、嫌がらせ、リハビリの妨害、及び施設管理権の濫用によるリハビリ妨害や嫌がらせは止めていただくようお願いします。

現在、12月24日付の会社の回答文書に対する反論を書いているところです。書き終えたら送付します。

現在、リハビリは順調で、次のステップに進むべき状態です。
お早くお返事をお願いします。

重光由美

---------------------
From: ********.********@toshiba.co.jp
Sent: Friday, February 19, 2021 2:05 PM
To: ************@yahoo.co.jp
Cc: *******.********@toshiba.co.jp; ****1.*******@toshiba.co.jp
Subject: RE: ご連絡事項

(図)重光様

・構内への入構と会議室の利用につきまして
会社には施設管理権があり、従業員に対しては業務上の必要性に基づき施設への立入りや利用を許可しているものです。貴殿については、現時点では業務が遂行できる健康状態に回復しているとは確認できておりませんので、まずは業務を遂行できる体調であることを確認するためのステップとして、会社が定める職場復帰プログラムに基づいたリハビリ出社の実施をご提案しております。また、会社がご提案しているリハビリ出社を再開するために必要であると求めている産業医面談に応じていただけておりませんので、貴殿の入構は業務上の必要性があるとは言えない状況です。従いまして、貴殿の独自の判断に基づくリハビリ出社のために会社施設の立入りや利用を許可することはできず、構内会議室の利用についても許可することができないということをご理解ください。
繰り返しになりますが、貴殿の独自の判断による会社施設の利用、入構はお控えいただくようお願いします。

・面会で調整するべき事項につきまして
会社との取り決めにて行っている「リハビリ出社」は、「会社訪問(リハビリ出社)の実施について」(2018-11-30 発状)「1.基本方針」に記載のとおり職場復帰可否の判断基準は「職場復帰プログラム」のとおりとするとしております。会社は法令等に基づき職場復帰プログラムを定めており、職場復帰プログラム及びそれにおける産業医面談の運用については、使用者の安全配慮義務の観点から不可欠です。リハビリ出社開始前に双方で取り決めた内容でのリハビリ出社が 2019 年 3 月以降実施できていないことから、会社としてはリハビリ出社再開にあたっては産業医面談を実施しリハビリ出社可能な状態まで回復しているか否かについて、会社は安全配慮義務の観点から産業医の判断を仰ぐ必要があります。
産業医面談を受けていただけておらず、また、提案しています産業医による主治医への状況の確認もお返事いただいていない現時点では、会社は貴殿からのご連絡以外に貴殿の健康状態を確認することができず、貴殿の自主的な判断に基づく活動によって当社事業場構内に入場していただくことが貴殿の健康上適切であるか判断ができません。今後リハビリ出社をどのように進めていくべきかについては、貴殿の判断だけではなく、専門家である産業医の判断を踏まえて、貴殿と会社と話し合っていくべきだと考えております。
従いまして面会では「会社訪問(リハビリ出社)の実施について」(2018-11-30 発状)の内容をもとに今後の進め方を産業医面談の実施を含め調整するものと考えており、貴殿の独自の判断による活動について調整するものではないと考えている点ご理解ください。

[RDC総]N

---------------------
From: 重光由美さん支える会
Sent: Monday, February 15, 2021 9:42 AM
To: ******** ********(N ○向□総○RDC総)
Cc: ******** *******(T ○RDC□研企) ; ******* ****(I ○人総□人企2○労企)
Subject: RE: ご連絡事項

[RDC総]長 N 様
(写し)[研企]長 T 様
(人総)(労企)I 様

繰り返しとなりますが、12月24日の回答文書では、『「リハビリ出社」に関する会社としての考え方について』に則っても、私が会社構内に入るために産業医面接は必要ないという事になります。
これ以上、不必要な産業医面接を課す人権侵害や嫌がらせ、リハビリの妨害は止めていただくようお願いします。

>また面会については、貴殿が主張されているリハビリ出社に関する内容では無く、会社が提示しておりますリハビリ出社の今後の進め方について調整させていただきたいと考えておりますので、ご理解の程、宜しくお願いします。

これは、何を言っているのか分かりません。
私が主張しているリハビリ出社に関する内容とは?
会社が提示しているリハビリ出社の進め方とは?
具体的に書いていただきたく、お願いします。


>尚、リハビリ出社に関して面会での確認が難しいようであれば、担当者との顔合わせや会社の状況をご説明する場として、面会を実施することは可能ですので、合わせてご検討いただければと思います。
日程につきましては、緊急事態宣言が延長されたこともあり、宣言終了後に改めて調整させていただきたいと思います。

担当者との顔合わせや会社の状況を説明する場として、(会議室を使ってリハビリ)面会を実施することは可能だが、緊急事態宣言後になるとの事、了解しました。

1月15日付のメールに書きましたが、
今の、食堂で食事をしてくるリハビリは慣れてきたので、それを進ませて、会議室に滞在する事で、会社建屋等に慣れるための訓練をしたいと考えており、そのため、会社には、指定した日時(週一回定期的)に、会議室を予め予約して頂く事をお願いしたいと思っているのですが、可能でしょうか?
という質問の回答がありませんが、回答よろしくお願いします。

人と接触する事なく会議室に滞在するだけですので、緊急事態宣言下でも、問題は無いと思います。
このリハビリは、病気の治療のために必要な行為であり、不要不急の外出に当たりませんし。

現在、社員食堂に週一回定期的に滞在するリハビリを続けており、一か月が経過しました。
そろそろ、次のステップとなる、会議室(週一回定期的に滞在)のリハビリに進みたいと思っていますので、お早目の回答をお願いします。

会議室で担当者の方たちと、(嫌がらせに感じている産業医面接強要等の)議論の面会をするためにも、
まずは、リハビリを現状の「定期的に社員食堂滞在」から、「定期的に会議室に滞在」と進めていき、会社建屋等に慣れるリハビリが必要ですので、ご協力お願いします。


就業規則は、12月24日の会社回答文書に書き添え差し替えて頂きたかったのですが、添付ファイルにて受け取りました。
内容の確認はこれからします。

重光由美
---------------------
From:********.********@toshiba.co.jp
Sent: Friday, February 5, 2021 3:56 PM
To: ************@yahoo.co.jp
Cc: *******.********@toshiba.co.jp; *****.********@toshiba.co.jp
Subject: ご連絡事項

(図)重光様
繰り返しのご連絡となりますが、12月24日の回答文書にて貴殿の独自の判断に基づくリハビリ出社のために会社施設の立入りや利用を許可することはできない旨回答しております。独自の判断による構内への入場はお控えいただくようお願いします。
また面会については、貴殿が主張されているリハビリ出社に関する内容では無く、会社が提示しておりますリハビリ出社の今後の進め方について調整させていただきたいと考えておりますので、ご理解の程、宜しくお願いします。
尚、リハビリ出社に関して面会での確認が難しいようであれば、担当者との顔合わせや会社の状況をご説明する場として、面会を実施することは可能ですので、合わせてご検討いただければと思います。
日程につきましては、緊急事態宣言が延長されたこともあり、宣言終了後に改めて調整させていただきたいと思います。
給与規則、赴任旅費規程、住宅費補助に関する取扱いを添付いたしますのでご確認ください。なお規則、規程、取扱い資料は社外秘となっております。

[RDC総]N

応援クリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
会社とのやり取り 東芝からの書面 しつこい産業医面接強要 
2021.02.09.Tue / 14:27 
前回の記事の続き
添付ファイルで送られてきた、12月24付会社(責任者:豊原正恭副社長)からの書面です。

産業医面接を受ける理由を屁理屈こねて書いてあり、もはや無理があるレベルです。
東芝は、こんな書面を提出して、恥ずかしくないんだろうか・・・と思ってしまいます。

安全配慮義務で産業医面接が必要で~ を繰り返すのに
「私が産業医面接を受け滞在許可が出た後、リハビリで体調が悪化しリハビリが中断した場合、会社に安全配慮義務違反があったとして、会社は損害賠償の慰謝料を支払うのですか」
と言う質問には、「仮定の質問に対してはお答えが難しい」と、言う回答でした。仮定じゃなくて、現実私は体調崩してリハビリが中断になっていますけど。本当、苦しい言い訳だなあ。


反論はこれから書きますが
長いので、反論を書くのに無駄に労力がかかるのかと思うと、げんなりします。
こんな書面を提出して嫌がらせをして、東芝の全面敗訴が覆るとでも思っているのだろうか、恥の上塗りをしているだけだと思うんですけどね。

反論を書いたら、また、ブログにアップします。

画像をクリックすると拡大します。





応援クリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
会社とのやり取り しつこい産業医面接強要 
2021.02.03.Wed / 17:07 
会社とのやり取りです。

リハビリは、今行っている、「会社の食堂で食べてくる」、に慣れてきたので先に進む事になり、会社に連絡したところ、またしても、会社施設に立ち入らないように、と書かれました。
私の主張への反論は出来ない様ですが、リハビリの妨害や嫌がらせは続くようです。本当、いい加減にしてほしいです。

以下、長いですが、会社とのやり取りメールです。
添付ファイルの、12月24付会社(責任者:豊原正恭副社長)からの書面は、次の記事でアップします。
---------------------

[RDC総]長 N 様
(写し)[研企]長 T 様
(人総)(労企)I 様

確かに、12月24日付の会社からの文書には、「貴殿の独自の判断に基づくリハビリ出社のために会社施設の立入りや利用を許可することはできない旨」書いてありますが、繰り返しになりますが、この文書は、私が12月22日付で送った内容

『私が会社の構内に入るためだけに、産業医面接を課す会社の行為は、『「リハビリ出社」に関する会社としての考え方について』の書面では、理由なりません。構内に入るために、産業医面接を課すためには、最低でも、「会社訪問(リハビリ出社)の実施について(2018-11-30)」の内容を変更する必要があります。』

の反論になっていませんので、現段階では、『「リハビリ出社」に関する会社としての考え方について』に則っても、私が会社構内に入るために産業医面接は必要ないという事になります。
これ以上、不必要な産業医面接を課す人権侵害や嫌がらせ、リハビリの妨害は止めていただくようお願いします。

今後の進め方について、文書のやり取りではなく面談で確認することは構わないのですが、
現状、リハビリが、1月より、ようやく、『会社建屋に入り食堂で食事をするリハビリを、週一回定期的に行う』、まで進んだところです。いきなり、会議室で(嫌がらせに感じている産業医面接強要等の)議論をする事は、体調悪化やリハビリの中断という結果を招くことになり、これまでのリハビリが無駄になってしまいます。
まずは、会社に慣れるため、今のリハビリを、現状の食堂から会議室に進め、会社建屋等に色々慣れてきてから、直接会って会議室で(嫌がらせに感じている産業医面接強要等の)議論をする、という風に進めていきたいと考えています。
それまでは、メールでのやりとりでお願いします。

会社が提案している、2月**日や2月**日の面談については、
担当者との顔合わせ、事務手続き、会社の現在の状況の説明、次のステップの会社会議室を使ったリハビリの日程等の打ち合わせ、
とし、議論になる事は行わない、
という内容であれば、リハビリの一つになると思いますので、面談を行う事はかまいません。
日程はどちらでも大丈夫です。

12月24日付の会社文書に対する反論は、これから書きます。
4.手当について ですが、反論を書くために必要ですので、お手数ですが、赴任手当と住宅手当についての就業規則を書き添えた文章を、差し替えて提出をお願いします。

重光由美
---------------------

From: ********.********@toshiba.co.jp
Sent: Friday, January 22, 2021 8:39 AM
To: **********@yahoo.co.jp
Cc: junichi.********@toshiba.co.jp; *****1.*******@toshiba.co.jp
Subject: RE: 報告と今後のリハビリについて

(図)重光様
構内への入場について、12月24日付の回答文書にて貴殿の独自の判断に基づくリハビリ出社のために会社施設の立入りや利用を許可することはできない旨明確に回答しております。独自の判断による構内への入場はお控えいただくようお願いします。
今後の進め方につき文書のやり取りではなく面談にて確認したく、以下日程にて面談させていただければと思いますがいかがでしょうか。面談において就業規則等説明させていただければと思います。
2月**日 15:00~15:50 もしくは 2月**日 10:00~10:50
よろしければいずれかの日程につきご連絡いただければと思います。
また、面談場所は(RDC)内の会議室を考えておりますが、不都合ございましたらおっしゃっていただければと思います。
会社からは(図)長とN、先のメールで写しを入れておりますIが出席します。

[RDC総]N

---------------------
From: 重光由美さん支える会
Sent: Friday, January 15, 2021 1:30 PM
To: ******** ********(N ○向□総○RDC総)
Cc: ******** *******(T ○RDC□研企)
Subject: 報告と今後のリハビリについて

[RDC総]N 様
(写し)[研企] T 様

12月24日付の早々の回答ありがとうございました。
その回答では、私が12月22日付で送った内容

『私が会社の構内に入るためだけに、産業医面接を課す会社の行為は、『「リハビリ出社」に関する会社としての考え方について』の書面では、理由なりません。構内に入るために、産業医面接を課すためには、最低でも、「会社訪問(リハビリ出社)の実施について(2018-11-30)」の内容を変更する必要があります。』

に対しての反論がありませんでした。つまり、現段階では、『「リハビリ出社」に関する会社としての考え方について』に則っても、私が会社構内に入るために産業医面接は必要ないという事で良いですね。
「会社の安全配慮義務違反に伴い発生する私のリハビリ出社」への会社のご協力をお願いします。

なお、12月24日付の会社の書面への反論は、これから書くところですが、12月22日付の私のメールの内容について反論があるのであれば、2度手間になりますので、12月24日付の会社の書面を訂正した書面を再度提出して頂くようお願いします。

また、4.手当について ですが、お手数ですが、赴任手当と住宅手当についての就業規則を書き添えた文章を、差し替えて提出して頂けないでしょうか。よろしくお願いします。

以下は、12月10日送信のメールで報告した以降の報告を致します。

1.これまでの報告
・主治医受診
予定通り、1月5日(火)に深谷の主治医を受診しました。

・リハビリ出社
12月16日(水)、12月23日(水)にリハビリ出社を行いました。
内容は、お知らせしている通り、食堂で食事をしてくる、でした。

会社に慣れてきているようなので、リハビリを次の段階に進めたいと思っています。


2.今後の予定
1月前半は、お休みとし、1月後半からリハビリ出社を再開させたいと思います。
再開時は下記内容を考えています。

■復職リハビリ実施予定内容
・頻度 週1回、なるべく定期的に行う
・内容 RDC内の食堂に行き、食事をして帰ってくる、から始める 
    余裕があれば、食事のあと 
「(図)の部屋の前まで行って帰ってくる」をしてみる
・滞在時間 お昼休み周辺一時間程度    


2月に入ったら、食堂に加え、会議室に滞在する事で、会社建屋等に慣れるための訓練をしたいと考えています。
そのため、会社には、指定した日時に、会議室を予め予約して頂く事をお願いしたいと思っているのですが、可能でしょうか?

次回主治医受診は、2月*日を予定しており、主治医受診後、今後について報告致します。

重光由美

---------------------
From: ********.********@toshiba.co.jp
Sent: Thursday, December 24, 2020 9:25 AM
To: **********@yahoo.co.jp
Cc: *******.********@toshiba.co.jp; ****1.*******@toshiba.co.jp
Subject: RE: 年末年始の営業日

(図)重光様
ご質問いただきました件、添付の通り回答しますのでご確認ください。
なお、復職後のグレード(資格)については、(RDC)異動前からの調整事項であるため、人事・総務部労働企画グループとの連名による回答としています。
労働企画グループの担当はI(前任のAの後任)となります。

[RDC総]N
---------------------

From: 重光由美さん支える会
Sent: Tuesday, December 22, 2020 11:46 AM
To: ******** ********(N ○向□総○RDC総)
Cc: ******** *******(T ○RDC□研企)
Subject: RE: 年末年始の営業日

[RDC総]長 N様
(写し)[研企]長 T 様

 11月30日付け、会社送付の書面に書きましたが、
『「リハビリ出社」に関する会社としての考え方について』によると、
会社制定の「会社訪問(リハビリ出社)の実施について(2018-11-30)」には、
「週1回(1回あたり1~2時間程度)から開始し」
とあり、今の私が行っている「会社の門の前まで行って帰ってくるから進めているリハビリ出社」は、会社が開始と定める「週1回1時間から開始する会社訪問(リハビリ出社)」の前段階の状態です。つまり、「会社の規定するリハビリ出社」に則っても、私が構内に入るために産業医面接を受ける必要はありません。
ですから、私が会社の構内に入るためだけに、産業医面接を課す会社の行為は、『「リハビリ出社」に関する会社としての考え方について』の書面では、理由なりません。構内に入るために、産業医面接を課すためには、最低でも、「会社訪問(リハビリ出社)の実施について(2018-11-30)」の内容を変更する必要があります。それさえせず、私が会社構内に入るために、産業医面接を課す会社の行為は,明らかな私への嫌がらせやリハビリの妨害です。
これ以上の、嫌がらせやリハビリへの妨害は止めて頂くようお願いします。

以上、『「リハビリ出社」に関する会社としての考え方について』に則っても、構内に入るための産業医面接は必要ありませんので、会社にお知らせしている内容で、リハビリ出社を進めさせてもらいます。

なお、業務をするわけではない「リハビリ出社」のための産業医面接は、社員に対する人権侵害、プライバシーの侵害、嫌がらせやリハビリ妨害の類ですので、この先リハビリが進み、週1回1~2時間程度自席に滞在できたとしても、私が産業医面接を受ける事はありません。


私は、会社構内で万が一何かが起こった時(例:工事や行事で通常よりケガをする可能性が大きくなる等)の事を考え、私が行う「リハビリ出社」の内容を会社にお知らせしています。
その内容で、会社として安全配慮上その他、気を付ける事や情報は無いか、と聞いているのです。

会社としては、産業医面接さえすれば、安全配慮上の問題は他には全くない、という事でしょうか?
また、業務をしない私が構内に入るために、産業医面接をしなかった場合、会社の安全配慮上、具体的にどのような問題が発生し、産業医面接をした場合と比べ、具体的にどう違うのかも、お知らせください。


また、11月30日付け、会社送付の書面への回答は、いつになりますか?


以上、ご回答よろしくお願いします。

重光由美
---------------------
From: ********.********@toshiba.co.jp
Sent: Thursday, December 17, 2020 5:00 PM
To: **********@yahoo.co.jp
Subject: RE: 年末年始の営業日

(図)重光様
「リハビリ出社」再開のための産業医面談の必要性については、2020年11月2日に貴殿にお送りした書面(※)に記載のとおりです。
※「リハビリ出社」に関する会社としての考え方について

従いまして、下記メールに記載がある「復職リハビリ実施予定内容」は、産業医面談が実施できていない状況では貴殿の自主的な判断に基づく活動となりますので、そのために当社事業場構内に入場することは、安全配慮の観点で会社として認めることができないことをご理解いただければと思います。

[RDC総]N
---------------------
From: 重光由美さん支える会
Sent: Wednesday, December 16, 2020 10:03 AM
To: ******** ********(N ○向□総○RDC総)
Subject: RE: 年末年始の営業日

[RDC総]長 N 様
(写し)[研企]長 T 様


営業日の連絡ありがとうございました。

このまま、会社からの回答を待っていると、ただでさえ遅れているリハビリが更に遅れるので、
これまで通り、リハビリは進めさせてもらいます。

説明不足でした。
既に書面に書きましたが、会社構内に入るために産業医面接を課すという会社の対応は、理由が不明確であり、
社員に対する人権侵害、プライバシーの侵害、嫌がらせやリハビリ妨害の類ですので、そのために私が産業医面接を受ける事はありません。
産業医面接以外で、安全配慮上、その他、注意する点や知っておいた方がいい情報がありましたら、随時お知らせください。

リハビリ内容は、前回のメールでお知らせしていますが、再度書きますと、下記となります。

■復職リハビリ実施予定内容
・頻度 当面は週1回程度、不定期(体調に合わせる)
・内容 再開なので、RDC内の食堂に行き、食事をして帰ってくる、から始める 
    余裕が出てきたら、食事のあと 
「(図)の部屋の前まで行って帰ってくる」をしてみる
・滞在時間 お昼休み周辺一時間程度    


なお ただでさえ進まないリハビリが遅れる原因になりますので、回答は早めにいただけると助かります。

判決で確定した、会社の安全配慮義務違反に伴う損害賠償の観点からも、リハビリ出社へのご協力よろしくお願いします。
人権侵害の産業医面接をしつこく課す、リハビリ妨害や嫌がらせはいい加減、止めていただきたいです。

重光由美


---------------------
From: ********.********@toshiba.co.jp [mailto:yasuyuki.nakamori@toshiba.co.jp]
Sent: Tuesday, December 15, 2020 4:45 PM
To: **********@yahoo.co.jp
Cc: *******.********@toshiba.co.jp
Subject: RE: 年末年始の営業日

(図)重光様
年末年始の休業日は12月29日(火)より1月4日(月)までとなりますが、
安全配慮の観点から産業医面談前の構内への入場はご遠慮願います。
なおいただいたご質問に関しては別途回答します。

[RDC総]N
---------------------
From: 重光由美さん支える会
Sent: Monday, December 14, 2020 8:19 PM
To: ******** ********(N ○向□総○RDC総)
Cc: ******** *******(T ○RDC□研企)
Subject: 年末年始の営業日

[RDC総] N 様
(写し)[研企] T 様


聞き忘れていましたが、年末年始の東芝研究開発センターの営業状況をお知らせください。

リハビリで、食堂を利用するので、食堂の営業日時が知りたいのですが。

また、安全配慮上、その他、注意する点や知っておいた方がいい情報がありましたら、随時お知らせください。

スムーズな復職のための、リハビリ出社へのご協力を、よろしくお願いします。


重光由美

応援クリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
リハビリ出社を再開させています。コロナ鬱からの回復 
2021.01.17.Sun / 21:46 
コロナ禍で、体調悪化により、なかなか進まない状態だったリハビリ出社ですが、
昨年12月に、再開させています。

なかなか、リハビリをする気になれず、大丈夫かな?と思っていたのですが、
コロナ鬱が回復してきたようで、色々できるようになりました。

12月のピアノ発表会では、久しぶりに人に会ってのイベントでしたが、人と触れ合ったのは、本当に久しぶりで楽しく、
そういう気分転換も、コロナ鬱回復になったようです。
うつ状態は、回復に時間がかかるけど、焦らずじっとしていればいつか良くなるんだなあ、と回復してくると毎度思います。
同時期になった五十肩は、日常生活を送る上では問題ないレベルに改善しています。


さて、再開させたリハビリ出社は、これまでほど、疲れませんでした。
会社の建物自体に慣れてきたような感じがします。
調子良さそうだったので、2週続けて、会社にリハビリに行ってみましたが、問題ありませんでした。

これなら、リハビリを次の段階に進められそうです。
といっても、今のリハビリは、会社の食堂で食事をしてくる、なので、まだ、初期段階ですけどねー。

どうなるかわかりませんが、少しずつ、リハビリ出社を進めていきたいと思います。

あとは、会社のリハビリ妨害と嫌がらせが無くなれば・・・、


応援クリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
東芝から回答 人権侵害の産業医面接強要さすがにしつこすぎる 
2020.12.29.Tue / 12:45 
東芝(責任者:豊原正恭副社長)から回答が届きました。
こちらの記事にアップした私の質問への回答です。
http://shigemitsu.blog40.fc2.com/blog-entry-1234.html

今回は研究開発センター(RDC)総務と、本社の人事・総務部労働企画グループ(担当Iさん(女性))との連名になっています。

全部で4ぺージと長いのですが
産業医面接強要を長々とて屁理屈をこねて書いてあります。
もう、さすがに無理がありすぎる・・・

例えば、会社は「労働者」は「賃金を支払われるものをいう」から、
産業衛生法の対象となる、産業医面接を、と主張してるのですが
だーかーらー、今賃金もらってないんですけど。産業衛生法の対象外でしょ
東芝の人事・総務って大丈夫ですか?と心配するレベルです。

これ、連名になってるけど、書いた人、一人じゃないかなあ

・「会社訪問(リハビリ出社)の実施について(2018-11-30)」に取り決めたとおりに
・会社構内に入るためには産業医面接

この2点にやたらにこだわって、延々その繰り返しが書かれてるのですが、
この2点にこだわらないと、なにか大きな不都合があるのかなあ??
(どうせ、前任者の人事トップが決めた事なので自分がそれを覆すわけにはいかないとか、そういうくだらない理由なんでしょうけど。東芝裁判全面敗訴なんだから既に大敗してるのに、産業医面接受けさせて、それで勝ったとすること自体がみじめだと思わないんだろうか)

返答を書くのもめんどくさい位、同じことの繰り返し、
この長い文章に、回答するために時間を囚われ、リハビリ出社がまた中断するのかなあと思うと、本当にげんなりする。

もう、産業医面接強要の嫌がらせ、いい加減にしてほしい

ただ、前回の書面は、反論を書かなければという思いに駆られ、他の事が手につかない状態で必死に反論を書きましたが、
今回の会社の書面の内容は、屁理屈コネ過ぎさすがに無理がありすぎるので、それほど心乱れず、ゆっくり反論を書いていきたいと思います。

会社の回答やそれに対する私の反論は、後日アップします。

もうすぐお正月、
今年はコロナ禍で帰省せず、大田区で一人で過ごす、初めてのお正月になります。
年末年始は会社の事を全て忘れ、のんびりしたいと思います。
(大掃除しないと~)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
会社とのやり取り 人権侵害の産業医面接強要しつこい 
2020.12.22.Tue / 11:54 
会社とのやり取りの続きです。

産業医面接強要の嫌がらせ、本当にしつこいです。
構内に入るだけなのに、安全配慮のため産業医面接が必要とか、精神疾患者への差別や人権侵害も甚だしいし、無理がありすぎます。

---------------------
(12月22日送信)
[RDC総]長 N様
(写し)[研企]長 T 様


 11月30日付け、会社送付の書面に書きましたが、
『「リハビリ出社」に関する会社としての考え方について』によると、
会社制定の「会社訪問(リハビリ出社)の実施について(2018-11-30)」には、
「週1回(1回あたり1~2時間程度)から開始し」
とあり、今の私が行っている「会社の門の前まで行って帰ってくるから進めているリハビリ出社」は、会社が開始と定める「週1回1時間から開始する会社訪問(リハビリ出社)」の前段階の状態です。つまり、「会社の規定するリハビリ出社」に則っても、私が構内に入るために産業医面接を受ける必要はありません。
ですから、私が会社の構内に入るためだけに、産業医面接を課す会社の行為は、『「リハビリ出社」に関する会社としての考え方について』の書面では、理由なりません。構内に入るために、産業医面接を課すためには、最低でも、「会社訪問(リハビリ出社)の実施について(2018-11-30)」の内容を変更する必要があります。それさえせず、私が会社構内に入るために、産業医面接を課す会社の行為は,明らかな私への嫌がらせやリハビリの妨害です。
これ以上の、嫌がらせやリハビリへの妨害は止めて頂くようお願いします。

以上、『「リハビリ出社」に関する会社としての考え方について』に則っても、構内に入るための産業医面接は必要ありませんので、会社にお知らせしている内容で、リハビリ出社を進めさせてもらいます。

なお、業務をするわけではない「リハビリ出社」のための産業医面接は、社員に対する人権侵害、プライバシーの侵害、嫌がらせやリハビリ妨害の類ですので、この先リハビリが進み、週1回1~2時間程度自席に滞在できたとしても、私が産業医面接を受ける事はありません。


私は、会社構内で万が一何かが起こった時(例:工事や行事で通常よりケガをする可能性が大きくなる等)の事を考え、私が行う「リハビリ出社」の内容を会社にお知らせしています。
その内容で、会社として安全配慮上その他、気を付ける事や情報は無いか、と聞いているのです。

会社としては、産業医面接さえすれば、安全配慮上の問題は他には全くない、という事でしょうか?
また、業務をしない私が構内に入るために、産業医面接をしなかった場合、会社の安全配慮上、具体的にどのような問題が発生し、産業医面接をした場合と比べ、具体的にどう違うのかも、お知らせください。


また、11月30日付け、会社送付の書面への回答は、いつになりますか?


以上、ご回答よろしくお願いします。

重光由美
---------------------
From: ********.********@toshiba.co.jp
Sent: Thursday, December 17, 2020 5:00 PM
To: **********@yahoo.co.jp
Subject: RE: 年末年始の営業日

(図)重光様
「リハビリ出社」再開のための産業医面談の必要性については、2020年11月2日に貴殿にお送りした書面(※)に記載のとおりです。
※「リハビリ出社」に関する会社としての考え方について

従いまして、下記メールに記載がある「復職リハビリ実施予定内容」は、産業医面談が実施できていない状況では貴殿の自主的な判断に基づく活動となりますので、そのために当社事業場構内に入場することは、安全配慮の観点で会社として認めることができないことをご理解いただければと思います。

[RDC総]N
---------------------
From: 重光由美さん支える会
Sent: Wednesday, December 16, 2020 10:03 AM
To: ******** ********(N ○向□総○RDC総)
Subject: RE: 年末年始の営業日

[RDC総]長 N 様
(写し)[研企]長 T 様


営業日の連絡ありがとうございました。

このまま、会社からの回答を待っていると、ただでさえ遅れているリハビリが更に遅れるので、
これまで通り、リハビリは進めさせてもらいます。

説明不足でした。
既に書面に書きましたが、会社構内に入るために産業医面接を課すという会社の対応は、理由が不明確であり、
社員に対する人権侵害、プライバシーの侵害、嫌がらせやリハビリ妨害の類ですので、そのために私が産業医面接を受ける事はありません。
産業医面接以外で、安全配慮上、その他、注意する点や知っておいた方がいい情報がありましたら、随時お知らせください。

リハビリ内容は、前回のメールでお知らせしていますが、再度書きますと、下記となります。

■復職リハビリ実施予定内容
・頻度 当面は週1回程度、不定期(体調に合わせる)
・内容 再開なので、RDC内の食堂に行き、食事をして帰ってくる、から始める 
    余裕が出てきたら、食事のあと 
「(図)の部屋の前まで行って帰ってくる」をしてみる
・滞在時間 お昼休み周辺一時間程度    


なお ただでさえ進まないリハビリが遅れる原因になりますので、回答は早めにいただけると助かります。

判決で確定した、会社の安全配慮義務違反に伴う損害賠償の観点からも、リハビリ出社へのご協力よろしくお願いします。
人権侵害の産業医面接をしつこく課す、リハビリ妨害や嫌がらせはいい加減、止めていただきたいです。

重光由美


---------------------
From: ********.********@toshiba.co.jp [mailto:yasuyuki.nakamori@toshiba.co.jp]
Sent: Tuesday, December 15, 2020 4:45 PM
To: **********@yahoo.co.jp
Cc: *******.********@toshiba.co.jp
Subject: RE: 年末年始の営業日

(図)重光様
年末年始の休業日は12月29日(火)より1月4日(月)までとなりますが、
安全配慮の観点から産業医面談前の構内への入場はご遠慮願います。
なおいただいたご質問に関しては別途回答します。

[RDC総]N
---------------------
From: 重光由美さん支える会
Sent: Monday, December 14, 2020 8:19 PM
To: ******** ********(N ○向□総○RDC総)
Cc: ******** *******(T ○RDC□研企)
Subject: 年末年始の営業日

[RDC総] N 様
(写し)[研企] T 様


聞き忘れていましたが、年末年始の東芝研究開発センターの営業状況をお知らせください。

リハビリで、食堂を利用するので、食堂の営業日時が知りたいのですが。

また、安全配慮上、その他、注意する点や知っておいた方がいい情報がありましたら、随時お知らせください。

スムーズな復職のための、リハビリ出社へのご協力を、よろしくお願いします。


重光由美

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング

プロフィール

yumi

Author:yumi
女性技術者。重光由美。うつ病を患って休職中に解雇されたため解雇撤回の裁判を(株)東芝相手に提訴しています。のんびりと療養していたのが一転、症状はジェットコースター。裁判はうつ病にとっても悪い…それでもうつ病との闘いは続くのであった。




応援コメントありがとうございます。体調の悪化等により、コメントの返信できずにスミマセン。


注意
いわれのない誹謗中傷コメントには相応の対応をさせて頂きますのでご注意ください。

裁判サイト

裁判の詳細はこちらを
是非見てくださいね

●東芝うつ病解雇裁判
●重光由美さん支える会

クリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ブログランキング

↑メンタルへルスブログランキングにリンクしています。励みになりますので一日一回クリックお願いします。


カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

twitter


おすすめ商品

ヨガで心と体を癒しましょう

労災申請を考えてる人に

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QRコード

広告

CopyRight 2006 うつ病患者の裁判しながら日記 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /