FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
会社の門の中に入りました 
2019.11.15.Fri / 09:42 
復職へ向けて、リハビリをしているところです。

今年9月より、会社(東芝研究開発センター)の門まで行って帰ってくる、を繰り返していましたが、
慣れてきたので、先週、会社(東芝研究開発センター)の門をくぐり、
会社の中に入ってみました。

会社の敷地の滞在時間は、10分程度。

会社の門の中に入ることに抵抗はなく、10分程度滞在し、会社の門の外に出て終わり、
あっさりと終ったと思ったのですが、
翌日以降の疲れが大きいです・・・

寝込む、と言うほどではありませんが、
一週間たった今も、疲労感があり午前中は起き上がるのがおっくう、夜は寝付けない、生活が続いています。

会社の門に入る、だけの行為が、こんなに疲れるとは・・・

トラウマが大きい会社への復職は、大変なんだなあ、という事を実感・・・

今後は、体調や生活リズムを整えながら、再度、会社の門の中に入る事を続けていくことになりますが、
自分の席に座れる日は、いつになるやら・・・
未解決の、復職時の待遇の話し合い等も、いつになるのやら・・・

それでも、進んでいるのだから、気長に少しずつ、会社に慣らしていく、事を続けていくしかありません。


これだけのトラウマを発生させた上司や会社に対しては、
否を認めさせ、パワハラ体質を改善させていきたいと思う今日この頃・・・
早く復職を終わらせ、会社との交渉に進みたいのだけど、考えても仕方ないので、ゆっくりやっていきたいと思います。

少しずつ前進している今日この頃・・・

応援クリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング

頭皮に湿疹が 
2019.10.22.Tue / 17:54 
復職へ向けて、リハビリをしているところです。

8月に実家に戻り体調がずいぶん回復したので、
9月に東京に戻ってから、復職の第一歩として、
会社の門まで行って帰ってくる、という事を始めています。

少し前に、頭皮に湿疹の様なブツブツが出来たので、皮膚科で見てもらっいました。
原因は不明の様ですが、アレルギーの薬などを処方されました。

んー、これは、会社に復帰する作業をしていることから来るストレスが原因かなあと思います。

これまでも、裁判の期日や、会社に行った翌日に
長期で風邪をひいたり、胃炎になったり、口角炎になったりと、
様々な症状が出ました。
その時は、会社側の嫌がらせの様な対応に、毎回相当な不快感を感じたので、
様々な症状が出たのは理解できるのですが、
今回、不快感は感じないのに、湿疹ができるとか・・・

トラウマの強い会社に戻るのは、相当なストレスなんだなあと、改めて思います。。。

しかしまあ、主治医はそういう人の対応に慣れているというか、受診すると毎回的確なアドバイスをくれます。
会社にトラウマがあり、復帰することが困難になっている休職者が多いんだなあ、と感じます。
そう思うと、復帰している人もいるという事だから
私も行ってくるから始めて、地道に復職していこうと思います・・・・・・

湿疹はまだ治りませんが、こちらも気長に病院に通い、治すしかないですね~
そういや、胃炎や風邪も長引いたな。。。
それでも病気自体は、裁判勝訴を勝ち取りながら、良くなっているのだから、
少しずつ、前進していくのみです。

応援クリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
会社の門の前まで行って帰ってくる 
2019.10.14.Mon / 16:35 
超大型台風19号直撃、私は多摩川のすぐ近くに住んでいるので、
避難勧告が出ました。こんなに差し迫った災害を経験したのは初めて、
幸い、私の住んでいるところは、多摩川の氾濫もなく、無事でしたが、
防災グッズの用意もしていなかったので、遅ればせながら、用意しようと思います。。。
被災された皆さんが早く元の生活に戻れますよう祈っています。

さて本題。
会社への復職を果たし、その燃え尽き鬱からか体調を崩してから半年以上が経過、
体調がずいぶんと回復してきたので、復職に向けてリハビリをしているところです。

今月に入り、会社の門まで行って帰ってくるを何度か試してみました。
そのことを主治医に告げたところ
10月中は、会社関係者に会わないまま
会社の門まで行って帰ってくる
門の中に入って、更衣室まで行ってみる
食堂で食事をしてみる

等を行い。段階的に会社に慣らして行き
良さそうならば、11月に、総務担当者等に会う、という事にすればいいのではないか、

という事になりました。

以前は会社の中に入っていたのに、期間が空くと、会社に戻ることが難しくなっている、
強いトラウマのある会社に戻る、と言うのは、本当に大変なんだなあ、と改めて思います。

復帰する場所として、研究所はどうなんだ?とも改めて思います。
(復帰場所に研究所を指定したのは、東芝の嫌がらせでしたが・・・)
が、既に、研究開発センターのすぐ近くに引っ越ししてしまったので、
今は、ここから研究開発センターに復帰するのが通勤時間等を考えると最善なんですよね。

幸い、直接に接する社員の方の対応は良いです。
(解雇無効を勝ち取った社員に、嫌がらせする大企業が非常識すぎるのであって、
直接接する社員の方の対応が良いのは、当然なのですが)

まあ、あせらず、少しずつ、進んで行こうと思います。
会社の門の前まで行って帰ってくる、をもうしばらく繰り返して、会社に慣れたと思います。

応援クリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
少しずつ少しずつ 
2019.10.01.Tue / 21:52 
実家からこちらに戻って一か月、
体調がずいぶん回復してきています。

こちらに戻った直後こそ、生活が乱れたものの、
生活も規則正しくなり、睡眠も規則正しくなりました。

溜まったまま放置してあった書類の片付けにも手を付けました。
書類が中々片付かない、と思っていたのに、
片づけ始めたら、割とすぐに片付きました。
いままで片づけられなかったのは何なんだろう、と思いますが、
体調がずいぶんと良くなったんだろうなあと思います。

次は、引っ越し以来放置してあり、まだ段ボールもある荷物たち。
これの整理整頓にようやく入れそうです。。。

会社にも、門の前まで行ってくる、まではしてみました。

色々と進んでいます。

近く、主治医を訪れるので、今後のことを相談したいと思います。

ゆっくりあせらず進んで行こうと思います。。。

(東芝の嫌がらせ対応に負けないようにしっかり体調を戻さなくては)


応援クリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
東京にもどり、復職に向けて 
2019.09.17.Tue / 08:38 
一時猛暑が戻ってきましたが、ようやく涼しくなってきて過ごしやすくなってきました。

さて、実家の山口県から、東京に戻ってきました。

実家では、何をするでもなく、ボーと過ごしていましたが、
それが良いでしょうが、毎度体調が良くなります。
裁判が終わってからは、実家に戻って劇的に良くなる、という事はないのですが、
東京に戻り、乱れていた睡眠が、随分と規則正しくなっていました。

いよいよ、リハビリ復職再開かな、と思い、
主治医を訪れ、今後の会社への復職について相談したところ
「まずは、実家で過ごしたように、こちらでも規則正しい生活が送れるようにし、
復職については、少しずつ、会社の門の前まで行って帰ってくる、という事から始めましょう。」
と言われました。

確かに、職場である、東芝研究開発センター図書館に、何度も行っていたのに
今、復職する事を考えると、緊張をします。

一定期間が開くと、トラウマ復活というかなんというか、
トラウマがある会社への復職と言うのは難しいんだなあと、改めて思います。
引っ越しで体調も崩し、未だにこの地には慣れませんし。
会社の嫌がらせ勤務地なのでね・・・

早く先に進みたいという思いがあり、
つい、復職を焦ってしまいますが、主治医の言う通り、ゆっくりのんびりなのでしょう。

体調が悪化して以降、放置気味の部屋の片付けなども、しなくては・・・

という事で、東京に戻って、のんびり、復職に進みたいと思います。


応援クリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
実家でのんびり続く 
2019.09.03.Tue / 15:12 
涼しくなってきてすごし易くなって来ました。
実家でひたすらのんびり過ごしています。

裁判中のように、環境が変わって劇的に体調が良くなる、ということはありませんが
睡眠の症状などが、ずいぶんと改善され、規則正しい生活が送れています。
少しずつ少しずつ体調は良くなっています。
なんとなくどんよりした気分だったのも、改善しています。

今年の2月に、復職を果たしたことに対し燃え尽き鬱のような状態になってすでに6ヶ月、
当時は、気分が沈む、疲れやすい等々の症状がありましたが、
だいぶ回復はしてたんだなあと思います。

ただ、全面勝訴で裁判終了した後は、気分が晴れ晴れしていたのですが、
一年前に勤務地近くに引越しをしてから、どうも気分がマイナスです。

勤務地j自体が、研究所を指定と、嫌がらせだったりということもあるだろうし、
トラウマの大きい会社に復職すること自体、色々大変だったりするからなあ、とも思います。。。。

色々考えても仕方がないですね。
先に進まないと・・・

体調が随分回復してきて、良かった。

実家に長居したので、
そろそろ、東京に戻ります。


応援クリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
平成30年度「精神疾患の労災補償状況」 
2019.08.27.Tue / 16:35 
6月に、2018年度の精神疾患の労災認定状況が発表されました。
遅くなりましたが、その報告です。

以下、マスコミ報道(日経新聞)より
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46779510Q9A630C1CR8000/
心の病で労災申請、18年度最多更新 厚労省発表

社会2019/6/30 14:46

厚生労働省は30日までに、仕事が原因でうつ病などの精神疾患にかかり、2018年度に労災申請したのは1820件だったと発表した。

1983年度の統計開始以降最多で、6年連続の増加。精神疾患の労災認定は465件だった。うち自殺(未遂含む)が76件あり、いずれも前年度より減少。過重労働が原因の脳・心臓疾患による労災認定は238件で、15件減少した。うち、死亡(過労死)は82人だった。

全体の申請数は前年度から計125件増加。特に精神疾患で女性からの申請が99件増えた。4月に罰則付きの時間外労働(残業)の上限規制を含む働き方改革関連法が施行され、5月にはパワハラ防止を企業に義務付ける女性活躍・ハラスメント規制法が成立。担当者は「法律の動きに合わせ、精神疾患も労災だという認識が高まり、申請増加につながったのではないか」と話した。

精神疾患の労災認定原因をみると、「嫌がらせ、いじめ、暴行を受けた」と「仕事内容や量に大きな変化があった」がいずれも69件で最多。「セクハラを受けた」は33件で、全て女性からの訴えだった。

脳・心臓疾患の職種別認定件数では、トラックやタクシーの運転手など「自動車運転従事者」が最多の85件で、約35%を占めた。運転業務は、残業の上限規制の適用を5年間猶予されているが、過酷な労働環境に置かれていることが改めて浮かび上がった。

一定時間をあらかじめ働いたとみなす「裁量労働制」の適用者で労災認定されたのは6人。うち過労死・過労自殺者が4人いた。いずれもシステムエンジニアや弁護士など「専門業務型」で、企画や調査を担う「企画業務型」の過労死・過労自殺者はいなかった。〔共同〕

記事ここまで------------

厚生労働省ホームページより
平成30年度「過労死等の労災補償状況」が公表されています
https://www.mhlw.go.jp/content/11402000/000521999.pdf


労災申請数は、毎年増え続け、止まることを知りません。
自殺者数が減少していることを考えると、労災申請数だけが増加するのは異様ですが、
記事にもありますが
「精神疾患も労災だという認識が高まり、申請増加につながったのではないか」ということなのでしょうか。

残念ながら、労災人定数は、昨年より減りました。

出来事別では「上司とのトラブルがあった」が最も多く、請求件数255なのですが、認定数は30と非常に低いです。
上司からのパワハラで精神疾患を患い、労災申請する人が、増加しているが、パワハラでの労災認定はされにくい、ということですよね。

パワハラは負荷の定量化が難しいですし、証拠の有無も関係して、認定が難しいのでしょうか。

しかし、労災認定を困難にしたとしても、精神を病んで働けない人が増えることは、社会にとってマイナスでしかありません。
厚生労働省も、パワハラ対策のサイトを作っており、対策に乗り出して入るようですが、
https://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/

より一層の、社会のメンタルヘルス、そしてパワハラ対策が進むことを望みたいと思います。


応援クリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング
実家でのんびりと 
2019.08.22.Thu / 14:09 
山口家の実家に戻って、一週間以上が経過しました。

猛暑でこちらも暑いのですが、東京よりは涼しい気がします。

実家でのんびりしているうちに、
生活がずいぶんと規則正しくなり、
寝付けなかったり、夜中に何度も目が覚めていたのが、改善してきました。
疲労感も取れているような・・・

もうしばらく実家にいるので、さらに体調が改善することを期待しつつ、
のんびりしたいと思います。

まあしかし、体調は悪化しているとはいえ、
裁判中と比べれば、比較にならないくらい良いのは確かですね
朝から動けるし。
裁判が終わるほんの数年前まで、ほぼ寝込んでいた状態なのが信じられない・・・
裁判勝訴してこんなに体調が良くなるとはね。

トラウマの強い会社への復職、復帰時の待遇等まだ完全解決していない事もあり、
ストレスはあって当然、
会社が絡むと、体調も崩し易いなんだろうなあ。

ということで、まだしばし実家でのんびりして、体調を整えたいと思います


応援クリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング

* テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体 *
不調続くので 
2019.07.29.Mon / 17:38 
6月26日(水)の東芝株主総会出席から1か月以上が経過しました。
株主総会後、悪化した体調が、なかなか元に戻りません。

随分と規則正しくなっていた生活がまた乱れたまま、なかなか元に戻りません。
夜寝付けない生活が続いています。
相当久しぶりに、便秘にもなってしまいました。

1か月以上体調不調が戻らないのは、なんなんでしょうね・・・

株主総会自体は、会社の対応が良く、これは今後会社との交渉が進みそうだ、と思わせる内容だったのですが・・・

まあ、判決で勝訴したり、会社に復帰が出来たと実感できたりする過程で、体調が一時的に悪化した後に、病気自体が良くなるという事を繰り返して、私の病気は随分と良くなっているので、
今回も、会社の株主総会での対応が、明らかに良くなった、これは進む、と感じた事で、一時的に不調に陥っているのかもしれません・・・

(今までの株主総会での対応が、大企業として大人げなさすぎる、セコ過ぎる、とも言えますが)

実際に会社と交渉して、会社がどういう対応に出るのか、早く知りたいところなんですけどね~

体調早く戻ってほしいところです・・・

さて、毎年恒例、お盆の帰省で、実家に戻ります。
毎回実家に戻ると、生活が規則正しくなり、体調も必ず良くなるので、今回もそれに期待して、少し長めにいようと思います。

早く体調良くなり、会社に戻ってリハビリを進め、
そして、会社との交渉に進みたいのですが、

焦らず、実家に戻って体調を整えたいと思います。


応援クリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング


* テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体 *
2019東芝株主総会報告 
2019.07.28.Sun / 09:32 
6月26日に、東芝株主総会に出席してきました。
遅くなりましたが、その報告です。

2013年から出席している、東芝株主総会ですが、去年は引っ越しがあったり体調を崩したり等で出席が出来なかったので、2年ぶりの出席です。

会場が、これまでの、国技館、幕張メッセから
「ベルサール高田馬場」に変更になりました。

初めての場所なので、駅からたどり着くのに時間がかかるのでは、と思っていたら、
駅からあちこちに東芝株主総会の案内人が立っていました。


国技館、幕張メッセとも有名な建物なので、案内人いなくても良い状態でしたが、
今回の案内人は助かりました。
大企業だと案内人がいるのが普通なのでしょうが
「さすが大企業東芝、案内人いて親切だな~」
と思いつつ
「こうやって表向きは良い企業面してるけど内情はドロドロ
見えないところで裁判や復職で社員に嫌がらせしまくり~」
などと思っているうちに、会場の「ベルサール高田馬場」
につきました。

会場の「ベルサール高田馬場」です。


会場前で。
知り合いの方達が、宣伝行動をしており、その方に頼んで、写真を撮ってもらいました。


ちなみに、毎年株主の反応が良い株主総会の宣伝行動ですが、今は完全な争議状態ではないので、今年も宣伝行動は行いませんでした。

参加株主は、752名だったそうです。私が初参加した2013年の株主総会の参加株主が5,740名なので、激減・・・
お土産を廃止したから?倒産危機で株を手放した人が多い?

さて、受付を済ませ、真ん中当たりのやや後方あたりに着席。

受付でもらった紙袋の中身
いつもと同じ、
左から、お茶、議事進行等がかかれた紙、質問する時に使ううちわ
今年は紙袋にうちわが入っていました。うちわが入ってない紙袋を渡すとか、セコーい対応は今回は止めたみたいです。


午前10時に役員が入場し、株主総会開始。
議事進行は、社外から就任した、車谷暢昭会長が行いました。

そして、株主からの質問の時間
まずは、「事前の質問」への回答
今年東芝に送った事前の質問書はこちら
http://shigemitsu.blog40.fc2.com/blog-entry-1162.html
毎年、無視されるので、今回は、もし当てられたら、これを読もう、と思い質問時間の2分程度に文章をまとめました。

綱川智社長より、「事前の質問への回答」が読み上げられました。
いつものように、無視される、と思っていたら、

「裁判で敗訴した会社は誠意ある対応をするべきではないか、上司に物が言えない社風は改善されていないのではないか、というご質問です」

これ、私の質問だ!
今回も無視されると思っていたので驚きました

「当社の従業員である株主様と当社の間で行われた裁判で株主様の主張が認められ・・・・
現在は、復職されました株主様につきまして産業医等による体調確認を行いながら、職場復帰に向けた、出社訓練等の対応を進めているところでごさいます・・・・」

無視されると思っていたのに、質問が取り上げらたことにまず驚き、
回答内容も、かつての、私を一方的にクレーマー扱いした回答に比べれば、
きちんとした回答であり、
「裁判で敗訴した会社」と自ら言ったり、
私のことを「株主様」と「様付け」で呼んだりとか、
これまでと随分と対応が違うことに、とにかく驚きました。

「これって、東芝は、敗訴を認めているわけで、今後は私に誠意ある対応をするって意思の表れの回答なのかな」
と、思える状態でした。

事前の質問への回答の後、株主が手を挙げて質問をする時間になり、

どうしよう、と思いつつ
「事前の質問への回答につき、職場復帰に向けた、出社訓練等の対応を進めているところ
と回答がありましたが、
実際は、会社からは、産業医の働けるという許可が無いと配属しない、席にも着かせない等々言われましたが、
私が、それは嫌がらせだ、とブログに書いて、ようやく配属され、リハビリ出社に漕ぎ着けたという経緯があり、
すんなり復職が出来ているわけではありません。
今後の対応をきちんとしていただきたい」
と言う話をしようかと思い、途中から手を上げ始めましたが、
当てられずに終わりました。
手を挙げるのが遅かったので、故意に当てなかった、という事には該当しませんが、
せっかくの発言の機会だったので、早くから手を挙げればよかった、とちょっと後悔。

まあでも、事前の質問を取り上げてもらって、回答もそれなりだったし、
これまでと比べて対応が格段に良くなっていることは確か、
今後の会社との交渉も期待できそうだなあ、
と、満足して帰途に就いたのでした。

翌日、東芝株主総会に出席していた、元東芝社員の知り合いの方から、
東芝株主総会の「株主からの質問」の部分の議事録がメールで送られてきました。

私の質問の会社からの回答を、冷静に読んでみると、
特に反省している、とか、誠意をもって対応する、という様な事は言っておらず、
一般的な、判決後のマスコミへのコメントのような回答でした。

差し戻し審判決では東芝は、「判決内容を重く受け止め、対応したい」
とコメントして、私の復職妨害をしていますからね・・・
和解協議での東芝の不誠実対応を盛り込んだ、東芝完全敗訴の判決内容を、どう、重く受け止めたんだか・・・

まあ、でも、私の事前の質問を取り上げて、普通に回答しただけでも、
今までとは違う対応です。
トップが社外の人に変わったことで、
会社の、上に逆らったものには徹底抗戦、の対応も変わったのかな、
そうだったら良いことですが、今後はどうなるのでしょうね。

まずは、体調を整え、止まっているリハビリ出社を再開させて、
先に進みたいです。
焦りは禁物ですけどね・・・



応援クリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング

プロフィール

yumi

Author:yumi
女性技術者。重光由美。うつ病を患って休職中に解雇されたため解雇撤回の裁判を(株)東芝相手に提訴しています。のんびりと療養していたのが一転、症状はジェットコースター。裁判はうつ病にとっても悪い…それでもうつ病との闘いは続くのであった。




応援コメントありがとうございます。体調の悪化等により、コメントの返信できずにスミマセン。


注意
いわれのない誹謗中傷コメントには相応の対応をさせて頂きますのでご注意ください。

裁判サイト

裁判の詳細はこちらを
是非見てくださいね

●東芝うつ病解雇裁判
●重光由美さん支える会

クリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ブログランキング

↑メンタルへルスブログランキングにリンクしています。励みになりますので一日一回クリックお願いします。


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

twitter


おすすめ商品

ヨガで心と体を癒しましょう

労災申請を考えてる人に

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QRコード

広告

CopyRight 2006 うつ病患者の裁判しながら日記 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /